世界遺産シーギリヤロックへの行き方!コロンボからのバス移動を写真で徹底解説 | スリランカ観光情報サイト Spice Up(スパイスアップ)
Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

世界遺産シーギリヤロックへの行き方!コロンボからのバス移動を写真で徹底解説

2019年3月10日

スリランカ観光なら外せない!世界遺産シーギリヤロック

スリランカには6つの文化遺産と2つの自然遺産、あわせて8つの世界遺産が登録されています。

なかでも有名なのが「シーギリヤ・ロック」!!

一面に広がる森林の中にそびえ立つ、大地に生み出された壮大な岩山。

標高370メートルもの岩山の上に、建造された王宮跡であるという文化的特異さも、世界中から数多くの観光客が訪れる世界遺産たる所以です。

シーギリヤロックに登るの際の詳しい情報は≪こちらの記事≫を参考に!

スリランカのバスの乗り方

ローカルバスはスリランカ旅行に来たなら、ぜひ挑戦してほしい乗り物です。

そこで実際にシーギリヤを訪れた当サイトのライターが、コロンボからシーギリヤ・ロックへの行き方を写真付きで解説します。

※記事内の情報・円換算のレートは2019年8月28日現在のものです。

まず、スリランカのバスと日本のバスのシステムは異なります。

整理券、料金が映る電光掲示板も無ければ支払いを済ませる機械もありません。

かわりにバスに乗っている乗務員のお兄さんがお金を回収しに来てくれるのです。

バスの乗り方については≪こちらの記事≫をご覧ください。

コロンボ→シーギリヤの行き方(バス)

スリランカの最大都市、コロンボ。

スリランカ観光のはじめにコロンボを訪れる人々も多いですよね。

コロンボからシーギリヤへ向かう場合「コロンボ」→「ダンブッラ」→「シーギリヤ」という流れになります。

コロンボフォート→ダンブッラの行き方

まずはコロンボの中心地である「コロンボ・フォート」へ。

コロンボ最大の鉄道の駅「コロンボ・フォート駅」から東へ7分ほど歩くと、「Bastian Mawatha Bus Station」というバスターミナルがあります。

Bastian Mawatha Bus Station

こんな風にバスが並んでいます。

ここで「Dambulla ダンブッラ」を通るバスを探します。

バスの横には乗務員が立っているので、「ダンブッラ?」と聞くと、行くか行かないか答えてくれます。

↑ 今回ライターが乗ったバスはこちら。
エアコンの付いてないノーマルバスです。

↑こちらはエアコン付きのバスです。

値段はノーマルバスの2倍ですが、長時間の移動がつらいという方は、こちらの方が快適です。

今回は、こちらのバスの出発時間が2時間後だったので、ノーマルバスを利用しました。

休日になると、バスの本数が減るので時間の余裕をもってバスターミナルに向かってください。

バスに乗り込み、出発してからしばらくすると、バスの添乗員さんが来て行き先を聞かれます。

「ダンブッラ!」と答えるとレシートを渡されるので、そちらに書かれている金額を渡します。

お値段はRs.215 / 約113円。

所要時間は交通状況によりますが、4時間ほどです。

この移動時間でこのお値段は破格ですよね。

車内で流れる謎のシンハラミュージックと共にバスに揺られ4時間ほど経つと、ダンブッラに着きます。

ダンブッラに着くと添乗員さんが、「ダンブッラ!ダンブッラ!」と叫びます。

車内は込み合っていることが多く、場合によっては出口にたどり着くのに苦労します。

事前に地図で居場所を確認し、出口付近に立っておくと確実に降りられるので安心です。

ダンブッラ→シーギリヤの行き方(バス)

ダンブッラに着いたら、降車した場所から「シーギリヤ行き」バスが停車するバス停へと向かいます。

降車場所からバス停までは、図のように北へ歩いてすぐに着きます。

こちらの写真はバス停の様子です。

人が多くバスが停まっているのですぐにわかります。

ここで待っていると、トゥクトゥクドライバーが近づいてくることも。

「バスは行ってしまってもう来ない!」と言ってトゥクトゥクに乗せようとしてきますが、これは嘘で、バスは30分~1時間ごとに出ています。

バスが来たら添乗員に「シーギリヤ?」と聞きましょう。

そうだと言われたら乗り込みます。

シーギリヤ行きのバスは、なぜかシンハラ音楽もかかっていないし、運転スピードもかなりゆっくりです。

40分もするとシーギリヤ・ロックに到着です

〇 コロンボ→ダンブッラ

【値段】Rs.215 / 約113円
【所要時間】交通状況によるが4時間ほど

〇 ダンブッラ→シーギリヤ

【値段】Rs.40 / 約24円
【所要時間】約40分

シーギリヤからダンブッラに戻るバスは、乗りたい人がいればすぐに止まれるようにシーギリヤの街をでるまで大通りをゆ〜っくりと走っていきます。

ですので、特にバス停というものはなく、大通りで待っていればどこからでも乗車することができます。

待っているとトゥクトゥクの運転手たちが「バスは来ない」と声をかけてきますが、これは嘘です。

バスがやってきたら、手を振って、乗りたいアピールをすると止まってくれます。

また、シーギリヤが始発のため、バスに座れる可能性は高いです。

注意したいのは、ダンブッラからコロンボ行きのバスあるいはキャンディ行きのバスに乗るときです

ダンブッラは始発ではなく、遠く離れた他の町を出発し、お客さんを乗せたバスに乗り込むことになります。

コロンボまで4時間座れない!なんてこともあります。

コロンボからダンブッラに、あるいはキャンディからダンブッラに向かう場合は始発のため、座れますので安心してください。

キャンディ→シーギリヤへの行き方

世界遺産キャンディを訪れた後に、シーギリヤに行きたい方も多いのではないでしょうか。

キャンディからシーギリヤに行くには、コロンボと同じくダンブッラで乗り換えをします。

ですので、ここではキャンディからダンブッラへの行き方を紹介します。

ちなみにシーギリヤへの直通バスは1日に1本、朝7:30にあります(825番乗り場)。

キャンディの観光情報は≪こちらの記事≫から。

キャンディのバスターミナル

キャンディのバスターミナルはこちら、星マークの「Goods Shed Bus Stand」というところになります。

ご覧の通り、キャンディ鉄道駅のすぐ近くです。

広範囲の地図で見るとこんな感じです。

町の中心地より南西側です。

バスターミナルはこんな感じ。

ターミナル外にもバスがぎゅうぎゅうに停車されています。

ここのターミナルには人がたくさんいるので、「ダンブッラ?」と聞くとダンブッラ行きのバスを教えてくれます。

また、カウンターのような場所もあって、そこにいる人に聞けばどこへ行けばいいか教えてもらえます。

キャンディーからダンブッラまでの料金は、ノーマルバスで100ルピー/55円ほど。

エアコン付きのACバスだと400ルピー/230円ほどです。

乗車時間は約2時間になります。

ダンブッラに到着してからは、前述した「ダンブッラ→シーギリヤ」への行き方と同じになりますので、そちらをご覧ください。

〇 キャンディ→ダンブッラ

【値段】Rs.100 / 約64円   ACバスだとRs.410 / 約260円
【所要時間】交通状況によるが2時間ほど

カーチャーター(車の手配)を利用する

本記事で紹介しているように、シーギリヤへは列車が直通バスはごくわずか。

コロンボからの所要時間は約5時間もかかります。

自力で行く方には少し難易度が高めです。

渋滞する時間では、滞在先からコロンボのバスターミナルに辿り着くのに30分〜1時間ほどかかることもあります。

バスはある程度、席が埋まらないと発車しないため、そこでさらに1時間ほど待たされることがあります。

つまり、シーギリヤに向けて出発する前に1〜2時間ほどかかってしまうこともあるわけです。

コロンボから発車するバスは始発のため座れますが、帰りのバスはターミナルのない、小さなバス停であるダンブッラから乗る必要があります。

ダンブッラ発のコロンボ行き・キャンディ行きのバスはなく、他の町から乗客を乗せてきたバスに乗り込む必要があり、座れないことも多くあります。

荷物を抱えてバスで立ちながら、立ちっぱなしで、コロンボに帰るのはかなりハードです

また、世界遺産のシーギリヤロック、ピドゥランガラロック、世界遺産のダンブッラの石窟寺院、ジェフリーバワの傑作ホテルのヘリタンス・カンダラマ、ローズクオーツマウンテンなどの見所はそれぞれ離れていて、現地で交通手段を確保する必要があります。

そのうえ、観光地ではトゥクトゥクの台数が少なく、外国人料金で移動の度に料金がかさむこともしばしば。

車をチャーターすれば、滞在先からまっすぐシーギリヤに向かえて、現地での観光地を好きなタイミングで移動できます。

車に置いておけるので荷物の心配もする必要ありません!

時間や体力を節約したいという方にはお気軽にSpice upにお問い合わせください。

スリランカ旅行の手配、相談をする

まとめ

バスの旅は長時間移動になりますが、バスの中でものを売る人や、パフォーマンスをする人がいて、なかなか面白いですよ。

スリランカのローカルな雰囲気を味わえる良い機会にもなります。

スリランカのバスは複雑ですが、バスを利用した行き方を知っておけば何も問題はありません。

しっかり予習して、世界遺産シーギリヤを思いっきり楽しんでください。