Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

4月の観光客数は3月の4割減

2022年5月30日

2022年4月のスリランカへの観光客数は、2022年3月に比べて約40.8%減少の62,980人に留まりました。

スリランカの観光におけるピークシーズンは3月まではありますが、経済危機に伴い3月31日にデモが発生し、政治情勢が安定していないことによる影響と考えられます。

落ち込みが大きいのは、インドからの渡航者で、3月に比べて約62.6%も減少しています。

2022年4月のスリランカへの渡航上位5カ国は以下のとおりです。

1位:イギリス 11,539人
2位:インド 8,678人
3位:ドイツ 6,088人
4位:フランス 4,035人
5位:ロシア 3,874人
6位:オーストラリア 3,508人
7位:カナダ 2,083人
8位:アメリカ 1,872人
9位:スイス 1,647人
10位:オランダ 1,575人

日本はトッププライオリティーマーケッツ20カ国に入っていますが249人でした。

トップポテンシャルマーケッツに入っている以下の国々の方が多くなっています。
ポーランド 1,391人
イスラエル 1,228人
チェコ686人
ポルトガル295人
シンポガール289人
南アフリカ257人

トップポテンシャルマーケッツに入っているマレーシアは244人と日本とほぼ同数でした。

2022年4月のスリランカへの渡航目的は、以下の通りです。

観光・休暇:66.0%
友人・親戚の訪問:22.0%
ビジネス:2.5%
健康・アーユルヴェーダ:1.0%

参考)
SLTD:Monthly Tourist Arrivals Report:April 2022

>関連記事

スリランカへの観光客数がコロナ前の3-4割程度に回復

# 関連キーワード