スリランカの基本情報 | スリランカ観光情報サイト Spice Up(スパイスアップ)
Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

スリランカの基本情報

国名

スリランカ民主社会主義共和国

首都

スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ

スリとは、「聖なる、光輝く」という意、ジャヤワルダナは、首都を1983年にコロンボから現在の首都に遷都した第二代大統領の名、プラは「街」、コッテがもともとの街の名前。

歴史

紀元前5世紀に、現在のシンハラ人の祖と言われるヴィジャヤ王子がインドから上陸し、アヌラーダプラにシンハラ王朝をつくったのが国のはじまりで、紀元前3世紀には仏教が伝来します。

紀元前2世紀以降になると、南インドからタミル人が到来し、以来シンハラ王朝とタミル王朝は衝突を繰り返します。

11世紀には、南インドのチョーラ朝が侵攻し、シンハラ王朝は王都をポロンナルワへ遷都。
その後、シンハラ王朝はチョーラ朝を撃退しますが、以来タミル王朝との衝突で王都は変遷します。

16世紀にはポルトガルがスリランカを植民地化、17世紀にはオランダ、19世紀には全島がイギリスの統治下におかれます。
1948年にはイギリスからの独立を果たしますが、1983年にシンハラ人とタミル人の間で内戦が勃発、26年の内戦状態を経て2009年に終戦しました。

終戦後は、治安が安定し、急速な経済成長を享受していますが、2019年4月21日には、イスラム過激派による同時多発テロが発生しています。

国民

人口

2167万人(2018年 世界第58位)

言語

公用語として、シンハラ語とタミル語。
2語をつなぐ言語として英語が連結語として指定されています。

民族

シンハラ人が74.9%、タミル人が15.4%、スリランカ・ムーア人が9.2%、その他マレー人、バーガー人、ヴェッダ人

宗教

仏教(70.1%)、ヒンドゥー教(12.6%)イスラム教(9.7%)、キリスト教(7.6%)

地理

面積は、65610㎢で、これは北海道の約0.8倍の大きさです。
南アジアに分類され、インド亜大陸から、インド洋のポーク海峡を隔てて位置する島国です。
時差は、日本から3時間半遅れとなっています。

気候

気候は、基本的に熱帯性で海岸部では、年平均28℃前後。
ただし、高地で紅茶の生産地として有名なヌワラエリヤは気候が異なり、年平均22℃前後。

気候は、特にモンスーンの影響が強く、赤道付近から吹きつける南西モンスーンと、ユーラシア大陸側から吹き付ける北東モンスーンによって、雨季と乾季に分かれます。
そのため、国全体としては、南西部が降水量の多いウェットゾーン、北部から南東部は7割を占めるドライゾーンに分かれます。

観光

スリランカは、美しいビーチや、シーギリロックをはじめとする世界遺産など、観光資源が豊富で、数多くの観光客を世界中からひきつけています。

これまでは、地理的な要因から欧米人観光客のリゾート地でした。
しかし、近年は伝統医療アーユルヴェーダや美しいビーチ、数多くの世界遺産があるため、日本からの観光客数も増加傾向にあります。

電圧

230~240Vで、コンセントはBF、B3 、Bの3つのタイプが混在しています。

チップ

スリランカでは、基本的にチップの習慣があります。
レストランでは、サービス料として会計の際に含まれていることが多いですが、サービスが良かった時などはチップを渡すと喜ばれます。

ビザ

2019年8月現在、2020年1月末まで観光ビザの申請が必要ですが、観光ビザの費用は免除となっています。
観光ビザの申請は、現地空港かウェブサイトにて可能です。

ビジネスビザについては、これまで同様、申請も費用もかかります。

治安

2009年の内戦終結後、スリランカの治安は良く、多くの観光客が訪れていました。
しかし、2019年4月21日に発生した同時多発テロの影響で観光客数は激減。
スリランカ経済に少なからぬ影響を与えています。

テロから数ヶ月が経ち、観光客数は戻りつつあります。
しかし、今もなお、ショッピングや高級ホテル、空港の敷地の入口前ではセキュリティーチェックがされるようになり、警備体制が強化されています。
治安はテロ前の状況に戻っています。

経済

スリランカ経済は内戦後、持続的に成長しています。

通貨

スリランカルピー:LKRまたはRsと表記されます。
(2019年8月28日現在のレートは、1LKR=¥0.58)

紙幣は20ルピー、50ルピー、100ルピー、500ルピー、1000ルピーの5種類。
硬貨は1ルピー、2ルピー、5ルピー、10ルピーの4種類。

主要産業

農業(紅茶、ゴム、ココナッツ、コメなど)、繊維業

名目GDP

882億米ドル(2018年)

貿易額

輸出増額:119億米ドル(2018年)
輸入総額:225億米ドル(2018年)

主要貿易品目

輸出:工業製品(繊維・衣類製品等)77.0%,農業製品22.6%,鉱物0.3%
輸入:中間財(燃料・繊維関連等)50.9%,資本財26.8%,消費財(食料品等)22.3%

政治

体制

共和制。
議会は一院制で定数225議席。

政党は知識人や上流階級の支持を受ける統一国民党(UNP)と、労働者階級の支持を受けるスリランカ自由党(SLFP)の二大政党が中心。
タミル人によるタミル国民連合などの少数政党も存在します。

元首

マイトリーパーラ・シリセーナ大統領(2019年8月現在)