スリランカのエリア一覧 | スリランカ観光情報サイト Spice Up(スパイスアップ)
Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

スリランカのエリア一覧

インドの南に位置する常夏の島「スリランカ」 。

豊かな自然や歴史的な世界遺産、アーユルヴェーダや紅茶など、今注目を浴びているリゾート地です。

こちらではメジャーなエリアをご紹介いたします。

スリランカの中心・都市部

コロンボ

空港から近く、スリランカに来た際に立ち寄る方も多いでしょう。

ショッピングやグルメにもってこいの大都市。

おすすめのグルメやホテルをチェックは必須!

 

世界遺産の多くある文化三角地帯

シーギリヤ

スリランカに来たなら絶対に訪れたい世界遺産「シーギリヤ・ロック」。

シーギリヤロックへのアクセス、世界遺産のシーギリヤロック周辺では象が道路を歩くアクティビティは要チェックです。

ダンブッラ

黄金の世界遺産、ダンブッラの石窟寺院があるのは、シーギリヤロックやキャンディへの中継地点となっているダンブッラ。

石窟寺院は、紀元前から残る寺院でこれほど保存状態は世界中を見ても類がないと言われており、目を見張るほどの美しい仏像と絵画が見られます。

聖地キャンディとその周辺

キャンディ

スリランカ仏教の聖地・シンハラ人の最後の王朝であることから、仏歯寺と王宮建築物が世界文化遺産に登録されています。

またスリランカ第二の都市ということもあり、観光客の訪れる定番スポットの1つ。

年に一度のペラヘラ祭りでは特に多くの観光客が訪れます。

ピンナワラ

コロンボ-キャンディ間の場所にあるピンナワラでは、実際に多くの象を見れる「象の孤児院」があります。

象を間近で見れる場所は日本にはなく、迫力満点。

キャンディ観光に行く際にぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

西欧のおしゃれな街並みとビーチがある南西海岸

ゴール

商人たちの貿易地として栄えた、スリランカ南部の港町、ゴール。

街全体が世界遺産として登録されており、コロニアルな雰囲気と美しい海を目当てに、年々人気を増しています。

今でも旧市街地の建物の1/3を外国人(デザイナー、写真家など)が所有していると言われ、街中にはおしゃれな雑貨店やレストランがたくさん。

ヒッカドゥワ

最大都市コロンボから海沿いを走る電車に揺られ、南へ約3時間。

スリランカで一番人気のリゾート地「ヒッカドゥワ」のビーチは多くの欧米人観光客で賑わっています。

列車を降りて少し歩くとすぐに、砂浜からでも魚が泳いでいるのが見えるくらい青く透き通るビーチがあります。

 

ウナワトゥナ

スリランカ旅行者の多くが行く、スリランカ南部に位置する世界遺産都市ゴール。

しかし、ゴールからすぐ近くの場所にウナワトゥナという、世界有数のビーチがあることをご存知の方は少ないのではないでしょうか。

ウナワトゥナは、かつて世界で美しいビーチ10選に選ばれたこともあるほどの美しさを誇るビーチです。

ウェリガマ

スリランカは波の高いインド洋に囲まれた島国であるため、多くのサーフスポットがあります。

その中でも、スリランカ南部に位置する世界遺産都市ゴールから1時間ほどの場所にあるウェリガマは、初心者サーファーにおすすめのスポットとされています。

古都と緑の街並みに癒される高原地帯

ヌワラエリヤ

ヌワラエリヤはスリランカ高原地帯の街で、涼しい気候を活かした紅茶栽培で有名です。

広大な紅茶畑に囲まれたヌワラエリヤの街はとても美しく、他と比べてゆっくりとした時間が流れているように感じられます。

また、避暑地として、スリランカ人もおすすめの観光スポットとなっています。

フォトジェニックな山間の街:エッラ

スリランカの画像を検索したことがある方は、茶畑の中を走る列車を一度は見たことがありますよね。

コロンボから270km離れた南部の高地の峠にあるのが植民地時代からスリランカの人々によって避暑地として愛されてきたエッラです。