【スリランカ旅行の服装】気候と注意点を理解して快適に観光しよう | スリランカ観光情報サイト Spice Up(スパイスアップ)
Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

【スリランカ旅行の服装】気候と注意点を理解して快適に観光しよう

2018年9月11日

スリランカにはどんな服装で行く?

常夏の島スリランカ 。

豊かな自然や歴史的な建造物、アーユルヴェーダや紅茶など。

今、注目を浴びているリゾート地です。

しかし、いざ行くとなると、どんな服装で行こうか難しいもの。

日本と同じ島国といえど、スリランカには気候やマナーの違いが多数あります。

そこで、スリランカでの服装を理解し最適な時間を過ごせるよう、気候と注意点をお伝えします。

スリランカに行く際、参考にしてみてください。

【スリランカの気候】地域ごとにみる季節は?

スリランカの気候は南・西部と、北・東部の2つに分かれます。

平均気温はどちらも約30度。

しかし、乾季と雨季の時期や温度差に違いがあります。

【南・西部の気候】コロンボ、キャンディなど

スリランカで1番の大都会コロンボや、古都キャンディが含まれる南・西部。

雨季は4〜6月と10〜11月、乾季は12〜3月とされています。

時期を問わず楽しめますが、ベストシーズンは気温も比較的低い、12〜2月と言えるでしょう。

5月と10月は1日に何度か強いスコールが降るので、雨対策は必須です。

雨季にも、スリランカの日差しにも使える晴雨兼用の傘が一つあると便利です!

また、南部に位置するセイロンティーの有名産地ヌワラ・エリヤは、年間通じて春のような気候。

最高約20度、最低約12度と過ごしやすい気候のため、避暑地としても人気です。

ヌワラエリヤ近くの避暑地、紅茶の生産地としても有名なエッラについてもまとめていますので、参考にしていただければと思います

≪エッラの記事はこちらから≫

【北・東部の気候】アルガム・ベイ、ジャフナなど

サーフスポットとしてスリランカで最も注目を集めるアルガム・ベイや、タミル人が多く住むジャフナなどが含まれる北・東部。

雨季が10〜3月、乾季が5〜9月とされています。

南・西部よりも比較的乾燥しており、全体的に雨が少ないのが特徴。

平均気温は30度前後で常夏。

しかし気温差が激しいため、羽織物を持って行くと良いでしょう。

最適な服装と注意点を知ろう

気候を知って、どんな服装が良いか想像できたでしょうか?

スリランカでの服装は、気温で考えるとTシャツと短パンでOK。

しかし、観光する場所や環境によっては、長袖長ズボンも必要となる場合があります。

ここでは、スリランカならではの、服装の注意点をご紹介します。

【注意点①】神聖な場所での露出は厳禁

スリランカ人の約7割が仏教徒。

スリランカに行くと、熱心な仏教徒を見かけるでしょう。

仏教寺院などの神聖な場所での露出は厳禁。

ノースリーブやショートパンツなどの服装は避けましょう。

そのような服装で行くと入場の際に止められ、場合によってはスカーフや長袖などの購入を求められることもあります。

スリランカに来た記念にスカーフを買うのも良いですが、カーディガンを1つ用意するのが無難でしょう。

また、寺院では靴を脱ぐところがほとんど。

地面は日差しで熱くなっているので、靴下の着用をおすすめします。

【注意点②】蚊除け対策を忘れずに

スリランカは蚊が多いです。

また、屋外で食事をしたり、窓のないトゥクトゥクでの移動も多いため、蚊除け対策は必須。

虫よけスプレーを日本から持ってきたり、なるべく肌を隠すような服装をするのが賢明でしょう。

蚊に刺された人の中には、旅行中の疲れも相まってデング熱になってしまう人も。

蚊除け対策に加え、よく寝てよく食べ健康な状態でいることで、デング熱の発症は防げます。旅行中とはいえ無理はしすぎず、しっかり体を休めましょう。

【注意点③】ホステルに泊まるなら長袖も必須

たくさんの欧米人が訪れる国、スリランカ

欧米人は非常に強くエアコンを効かせます。

設定温度を20度以下にして寝ることも。

ホステルやゲストハウスの相部屋に泊まるなら、長袖や長ズボンの服装も用意すると良いでしょう。

ホステルにタオルがあるかの確認もしておきましょう。

ホステルはタオルを用意していないところが多いので、フェイスタオルをいくつか持っていくと便利です。

コロンボのホテルや安く泊まれるホステルについては、以下の記事でまとめています。

≪コロンボの高級ホテルの記事はこちら≫
≪コロンボの高級老舗ホテルの記事はこちら≫

【注意点④】少しフォーマルな服装も用意

発展途上国スリランカとはいえ、高級ホテルやレストランに行くとドレスコードがあります。

Tシャツ短パンだけの服装で行くと場違いになってしまうので、少しフォーマルな服装も用意すると良いでしょう。

また、スリランカでは服装によって身分を見分ける人もいます。

ビジネス目的で訪れる際は、スーツを1着持って行くと上手くいくかもしれません。

【注意点⑤】靴は数種類あると便利

自然遺産やビーチ、アーユルヴェーダ、多国籍料理など、多様な観光資源があるスリランカ 。

その場所に合わせて靴を用意すると便利です

特に自然遺産を訪れる際には歩きやすい靴がマスト。

砂で汚れることが予想されるため、汚くなってもスニーカーなどがおすすめです。

しかし、基本それ以外は使いなれたサンダルで大丈夫です。

ホテルの部屋内やビーチで使う用に、ビーチサンダルも便利だと思います!

服装を理解してよりよい旅を

今回は、スリランカでの服装についてご紹介しました。

スリランカならではの注意点を知らないと後から苦労してしまいます。

異国の地がゆえに、Tシャツ短パンのみで渡航なんてことがないように。

しっかりと準備をして、スリランカ観光をお楽しみください。

また、以下の記事ではスリランカでの持ち物リストをまとめています。

旅行前にぜひご覧ください。

【2019年版】見落としがち!なスリランカ旅行持ち物リスト

 

# 関連キーワード