コロンボおすすめアフタヌーンティー4選!紅茶大国スリランカで優雅な午後を

紅茶大国のスリランカでアフタヌーンティーを

スリランカは世界有数の紅茶生産国。

「セイロンティー」って聞いたことはありませんか?

セイロンはスリランカの旧称で、

セイロンティーはスリランカで生産される紅茶全般のこと。

スリランカではそのセイロンティーを栽培している生産地が多くあります。

ウバ、ヌワラ・エリヤ、ディンブラ、キャンディ、ルフナといった産地が有名です。

そして、その場所によって紅茶の味や特長が異なります。

せっかく紅茶大国スリランカに来たのなら、紅茶を味わってみたいですよね。

アフタヌーンティー/ハイティーなら、

紅茶と軽食、お菓子までおしゃれに楽しむことができます。

今回は、スリランカの最大都市コロンボで味わうことができる

おすすめのアフタヌーンティー3選をご紹介!

(記事内の情報・円換算のレートは2019年4月16日時点のものです。)

アフタヌーンティーとハイティーの違いって?

アフタヌーンティーはイギリス発祥の喫茶習慣。

2、3段のティースタンドにスコーンなどのお菓子や軽食が提供され、

午後3時頃からいただきます。

このような形式のお茶はハイティーと呼ばれることもあります。

ハイティーはアフタヌーンティーより遅い時間に行われるお茶会で、

労働階級の人々や農民の習慣でした。

ディナーに近い時間であったため軽食だけでなく、

肉や魚などのメインディッシュも並んでいたといいます。

現在ではハイティーと呼ばれていても

アフタヌーンティーの形式に乗っ取ったものが多いようです。

コロンボのおすすめアフタヌーンティー/ハイティー3選

スリランカの中心地・コロンボには

アフタヌーンティー/ハイティーを楽しめる場所がたくさん。

旅の休憩がてら、優雅な午後を過ごしてみるのはいかかでしょうか?

「Galle Face Hotel」

ゴールフェイスホテルはコロンボを代表するコロニアル建築の五つ星ホテル。

こちらでは海が見えるダイニング「The Verandah」で

アフターヌーンティーを楽しむことができます。

海風が心地よく涼しいこちらのダイニング。

とてもリラックスして午後の時間を過ごせます。

海が見えるダイニング「The Verandah」

お食事はプレートが3段に重ねられたティースタンドで提供されます。

3段目はサンドイッチなどの軽食、

2段目はスコーンとジャム・バター、

1段目はケーキやクッキーなどのスイーツ。

全てゴールフェイスホテルで手作りされたものです。

3段目の軽食にはスリランカスタイルのお茶請けも

こちらのアフタヌーンティーは

もともとの英国スタイルとスリランカテイストが

組み合わされています。

ケーキやスコーン、サンドイッチなどは

アフタヌーンティーの定番メニューですが

ペッパーやチリを使用したカリーパフ、フィッシュカツレットは

スリランカでお茶請けとして食べられているもの。

英国のアフタヌーンティースタイルを味わいつつ

スリランカのローカルテイストも楽しむことができるのです。

ゴールフェイスホテルについては

こちらの記事でも紹介しています。

スリランカ老舗ホテル4選!歴史感じるコロニアルホテルをご紹介

【名前】Galle Face Hotel

【場所】ダイニング「The Verandah」

【住所】2 Galle Road, Colombo 3 Sri Lanka

【時間】16:00 ~ 18:00

【値段】Rs.1864 / 約1174円

【ウェブサイト】

https://gallefacehotel.com/en/

「Shangri-La Hotel Colombo」

シャングリ・ラ ホテル コロンボは、2017年11月にオープンした

新しい五つ星シティーホテル。

ホテルロビーからすぐ近くの「Sapphyr Lounge」で

アフタヌーンティーを楽しめます。

ここでは3種類のアフターヌーンティーがあり、

昔ながらのヨーロピアンスタイルの「Classic Western」

定番のスタイル「High Tea」

スリランカのローカルな味わい「Sri Lankan」

のなかから選ぶことが出来ます。

ここでのドレスコードはスマートカジュアル。

結婚式などのフォーマルと普段着などのカジュアルの中間位の服装です。

デニムやサンダル、生足は避けて

ワンピースやきれいめなパンツスタイル、ジャケットで行くのが良いでしょう。

【名前】Shangri-la Hotel

【場所】Sapphyr Lounge

【住所】1 Galle Face, Colombo 2

【時間】15:00 ~ 17:00

【値段】Rs.3150 / 約1984円

【ウェブサイト】

http://www.shangri-la.com/jp/colombo/shangrila/

「Taj Samudra」

タージサムドラはコロンボのゴールフェイスにある五つ星シティーホテル。

こちらのホテルは食事がおいしいことで有名で、

インド料理、日本料理といった各国の料理からカフェまで揃っています。

そんなタージサムドラでいただけるアフタヌーンティー、

値段が約980円とかなりリーズナブル。

また、イングリッシュスタイルとスリランカ&インドスタイルの

2つのタイプのプレートからお好きなほうを選ぶことができます。

プレートの内容はアラカルトメニューから選んで

自分の好きなものをセレクトすることも可能。

2人分の注文の場合、

プレートに載せられる品目は22種類でバラエティー豊か。

【名前】Taj Samudra

【場所】The Lattice

【住所】

No.25, Galle Face Centre Rd, Colombo

【時間】3:00pm ~ 6:00pm

【値段】Rs.1553 / 約978円

【ウェブサイト】

http://www.taj-samudra-colombo-colombo-sri-lanka.es.ww.lk/index.html

「Mount Lavinia Hotel」

マウントラビ二アはコロンボの隣町かつ最寄りのビーチで、

コロンボフォートからは海沿いを走る列車とゴールロードが繋いでいます。

マウントラビニアの列車駅のすぐ隣にあるのがマウントラビニアホテル。

こちらは210年以上の歴史を持つ格式あるホテル。

レストラン「Governor’s Restaurant Colombo」では

マウントラビ二アビーチを見渡せるテラスでハイティーをいただけます。

こちらのハイティーは英国コロニアルスタイル。

1段目はミニオペラケーキやエクレア、ムース、レモンタルトといったスイーツ。

2段目はチーズ、サーモン、チキンが具に使用されている

サンドウィッチやキッシュ、エビフライ。

3段目はホームメイドのイチゴジャムとバタークリームが添えられた

サクサクめのスコーンです。

ハイティーというだけあって量は結構ボリューミー。

とてもお腹いっぱいになります。

昼食は少なめにするか、食べておかない方がいいかも!

ここのハイティーの魅力はなんといってもロケーション。

涼しい海風を感じながら軽食を楽しんだ後は、

海に沈む夕陽を眺めながらリラックス。

格式あるコロニアルホテルで悠々と午後を過ごすなんて

なんとも贅沢な時間です。

値段はサービス料・税込みで1人1800ルピーとリーズナブル。

手軽に贅沢を味わえるのが嬉しいです。

マウントラビにアホテルについてはコチラの記事で詳しく紹介しています。

スリランカ老舗ホテル4選!歴史感じるコロニアルホテルをご紹介

【名前】Mount Lavinia Hotel

【場所】レストラン「Governor’s Restaurant Colombo」

【住所】No 100, Hotel Road, Mount Lavinia, Sri Lanka.

【時間】15:00 ~ 18:00

【値段】Rs.1800/約1152円

【ウェブサイト】

https://www.mountlaviniahotel.com/

まとめ

紅茶大国スリランカでいただくアフタヌーンティー/ハイティーは、

本格的でバラエティーに富んでいます。

お値段も、日本や他国よりもかなりリーズナブル。

高級ホテルでいただく場合でも、

そこまで敷居が高くないことも魅力的。

優雅な雰囲気の中、長旅の疲れを癒すために。

豪華でおしゃれな午後を、

スリランカのアフタヌーンティーで味わってみませんか。

スリランカで紅茶を楽しむならここ!おすすめのカフェとお土産特集

スリランカの中心地・コロンボのおすすめブティックホテル8選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です