【カルナカララ】安心の日本人受入体制とベテランドクターによる診断が揃うアーユルヴェーダリゾート

 

アーユルヴェーダとはインド、スリランカ、ネパールなどインド亜大陸に根付く伝統医療。

中国医学、ユナニ医学と共に世界三大伝統医学とされ、相互に影響し合って発展してきたという。

スリランカはインドにハーブを輸出するほどに自然が豊かな国。

アーユルヴェーダは紀元前3世紀頃に仏教とともにインドに伝来し、

古来からある固有の伝統医療「デーシャチキッサ」と混ざり合い発展。

医学書をまとめたとされる古代スリランカを統治したラーヴァナ王、

医学に明るく各地に治療院を建てた4世紀のブッダダーサ王と、

スリランカのアーユルヴェーダは代々アーユルヴェーダを行う家や寺院などで脈々と伝承されている。

今回は空港近くのニゴンボ郊外にある日本人にオススメのアーユルヴェーダリゾート

カルナカララ(Karunakarala Ayurveda Spa & Resort)を紹介する。

経験豊富なドクターによる診断

アーユルヴェーダを特徴づけるのはドクターによる診断だ。

チーフドクターのマニカ先生は、

母方は有名なフィジシャンの家系、

父方はヒーラーの家系とともに

アーユルヴェーダのバックグラウンドを持つ。

名門のコロンボ大学とアーユルヴェーダで有名なインドのケララで学び、

政府とリゾートで合わせて20年間以上のキャリアを持つ。

アーユルヴェーダにおけるフードサイエンスにも詳しい。

地元で自身のクリニックを持っており、

高齢者や貧しい人たちへの診断を行なっている。

もう一人のドクター、ガヤニ先生も15年間という長いキャリアを持ち、同じく地元で自身のクリニックを運営している。滞在中の日々の診断をしてくれるのはガヤニ先生だ。

診断をサポートする常駐日本人マネージャー

経験豊富なドクターの診断を受けても、気になるのは言葉の壁。

カルナカララでは常駐の日本人マネージャーが日々のドクターとの診断に同席。

気になることがあれば、日本人マネージャーが先生に話し、

具体的なアドバイスや治療方針について確認することもできる。

日本人に多い体調不良がないかも確認してくれる。

あまりに日常化してしまった慢性化した体調不良のことは本人も忘れてしまいがち。

日本人女性で一番多い悩みが「首や肩、体のこり、痛み」、

2番目に多いのが睡眠障害だという。

※写真は肩こりに効くというアーユルヴェーダオイルを使った湿布。

また偏頭痛や眼精疲労を持っている人も多いという。

日本人男性では皮膚の荒れや鼻炎の症状を持っている人が多いという。

アーユルヴェーダではオイルを肌に染み込ませていくため、

肌疾患がある人はオイルが合わないと肌荒れしてしまうこともあるため、

その確認もしてくれる。

日本人マネージャーは常駐しているので、

トリートメントはもちろん、

ステイ中の悩み、希望など診断以外の細かなことにも対応してくれる頼もしい存在だ。

あなた独自のドーシャのバランスを知る

アーユルヴェーダでは、ヴァータ、ピッタ、カパという

3つのドーシャのバランスが個人の健康に影響していると考える。

各自生まれ持った最適なバランスがあるとされる。

日々の食事や生活習慣はこのドーシャのバランスに影響を与える。

日本では特定の食材の健康ブームが定期的に起きるが、

それが本来の自分に合っているのか、

現在の自分の健康状態に必要なのかは分からない。

カルナカララでは診断を元に、どの食材を控えめにし、

どの食材を積極的に取った方がいいかを丁寧に説明してくれる。

また、それらをまとめた書類が渡されるので、

日本に帰ってからの食生活にも活かすことができる。

色んなドーシャのバランスを持った人、

悩みや症状を持った人を見てきた日本人マネージャーからのアドバイスが参考になる。

自然豊かな環境で受けるトリートメント

カルナカララはゆったりと流れるマハオヤ川沿いにあり、自然豊かな環境だ。

2019年5月に川沿いに新しいトリートメントルームが開設された。

 

毎日三食一人ひとりに合わせたアーユルヴェーダ料理

ドクターのアドバイスに基づき、毎食一人ひとりに準備されたメニューが提供される。

敷地内で取れる新鮮な野菜をベースにした食事だ。

スリランカの料理なので見た目には違いが分からないこともあるが、

レストランには日本語ができるスリランカ人スタッフがいるので聞いてみてもらいたい。

医療であるアーユルヴェーダの施設というと、

厳しいイメージを持つかもしれないが、

仮に同伴者がアーユルヴェーダを受けない場合は、

同伴者はスリランカ料理から洋食まで好きな料理を注文が可能だ。

豊かな自然に囲まれたプライベートコテージ

カルナカララは大きな川沿いの緑溢れる敷地内に独立したコテージが17棟建っている。

壁にはアーユルヴェーダの治療でも使われ、虫除けの効果もあるニームの木が使われている。

トレイは日本製のウォシュレットなので安心できる。

綺麗に整えられた敷地内では孔雀やウサギの姿が見られ、穏やかな気分になれる。

リバーサイドヨガ

川沿いの立地を活かしたヨガを毎朝実施。

朝の風と鳥たちのさえずりが心地良い。

夕方にはヨガと瞑想のクラスが毎日行われている。

それぞれ無料なので、アーユルヴェーダのトリートメントと合わせて参加してもらいたい。

アーユルヴェーダ料理の教室

スリランカの伝統的な薪を使ったキッチンを使って習うアーユルヴェーダ料理教室も人気だ。

ダールカレー、カレーリーフのペースト、クラッカンロティなどを作る。

また、ハーバルボールなどアーユルヴェーダのトリートメントで使うものを一緒に作るワークショップも好評だ。

観光やショッピング

ビーチリゾートのニゴンボからすぐの立地のため、

トリートメントの間に気軽に観光やショッピングが可能。

レセプション、ドライバーともに日本語が話せるスタッフがいるため、安心して外出ができる。

期間限定の特別割引

直接ご予約いただいた2019年7月31日までの滞在で

3泊以上宿泊のお客様には20%オフでアーユルヴェーダパッケージをご提供。

※アーユルヴェーダパッケージの詳細

空港送迎、毎日三食のアーユルヴェーダ料理、ハーバルドリンク、朝と夕方のヨガレッスン、毎日のドクター診察、毎日3時間のトリートメント、シティーツアー、ボートライド、クッキングクラス、アーユルヴェーダグッツのお土産

詳しくは下記までお問い合わせください。

Karunakarala Ayurveda Spa & Resort Hotel

Centra Paradise Park, Jesu Nasarenu Mawatha,Thoppu Thota, Waikkal, Sri Lanka

Tel: +94-31-227-2750/+94-31-227-2755

Hotline: +94-77-948-8746

Email: sales@karunakarala.com

Website:http://www.karunakarala.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です