アパレル工場でクラスター発生、ガンパハ県の18の警察管区に外出禁止令が発令 | スリランカ観光情報サイト Spice Up(スパイスアップ)
Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

アパレル工場でクラスター発生、ガンパハ県の18の警察管区に外出禁止令が発令

2020年10月09日

10月4日(日)、アパレル大手「ブランディックス(Brandix)」のミヌワンゴダにある工場で感染者が確認され、72時間で1,000名を超える感染に拡大しています。

10月9日12:29のDaily Mirrorのニュースでは、空港に隣接したカトゥナーヤケにあるアパレル企業「Next Manufacturing(ネクストマニファクチャリング)」の従業員の感染が確認されたと報じています。

クルネーガラやジャフナに休暇帰省中の工場労働者からも感染が確認されていると報道されています。

感染源はまだ特定されていません。

外出禁止令

現在、ガンパハ県の18の警察管区に外出禁止令が発令されています。

Gampaha, Ganemulla, Kirindiwala, Dompe, Malwathuhiripitiya, Meerigama, Nittambuwa, Pugoda, Veyangoda, Minuwangoda, Weeragula, Weliweriya, Pallewela, Yakkala, Ja-Ela, Kandahana, Divulapitiya, Seeduwa

長距離バス・電車は外出禁止区域内の通行は可能ですが、停車・乗下車は不可となっています。

営業規制

保健省は全国の学校閉鎖の決定と、国内すべての公開集会の禁止(パーティー、会議、セミナー、講演会、コンサート、デモ、集会など)を発表。

① 営業禁止
教育機関(保育園・学校・高等教育機関など)、屋内外のパーティーやイベント、公開集会、映画館、劇場、パブ、バー、カジノ、ナイトクラブ、スパなど。

② 50%の店員により営業
公共交通機関、タクシー、経済機関、冠婚葬祭、スポーツジム、ホテル、酒屋など。

③ 75%の店員により営業
スーパー、ショッピングモール、金融機関、オープンマーケット、各種店舗など。

④ 通常営業
サービスデリバリー、農業機関、露天商、ガソリンスタンド、建設現場、医療保健サービス、テイクアウトとデリバリーのレストランなど。

過去最大のクラスター

Roar Mediaは今回のクラスターがスリランカでは7つ目だと記事を公開しています。

1回目:3月にイタリア人旅行者から感染が広がった「イタリア・クラスター」
2回目:4月にJa-ElaのSuduwellaで発生した「Sudewellaクラスター」
3回目:同4月のコロンボ12にあるBandaranayake Mawathaで発生した「Bandaranayake Mawathaクラスター」
4回目:同4月にSudewellaクラスターから海軍に広まった「海軍クラスター」
5回目:帰国者による「帰国者クラスター」
6回目:ポロンナルワのKandakaduドラックリハビリセンターでの「Kandakaduクラスター」
7回目:今回の「Minuwangodaクラスター」

これまでは海軍クラスターの950人が最大でしたが、今回のMinuwangodaクラスターはそれをすでに上回っています。

参照)

シバタランカ・木田泰光のスリランカ経済ニュース「2020年10月8日」
AFP「縫製工場で1000人超集団感染、8月まで米国向けマスク製造 スリランカ」
JETRO「新たな市中感染判明で一部地域に外出禁止令」
Daily Mirror「Employee at another factory tests positive for COVID-19」
Roar Media「New #COVID19 Cluster In Sri Lanka: Lockdown Fears On The Rise」
EPIDEMIOLOGY UNIT Ministry of Health「Corona Virus 2020」

 

 

 

 

 

# 関連キーワード