【外出禁止令】クルネーガラ県の6つの町に発出。SNS規制がさらに強化。 | スリランカ観光情報サイト Spice Up(スパイスアップ)
Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

【外出禁止令】クルネーガラ県の6つの町に発出。SNS規制がさらに強化。

2019年5月13日

クルネーガラ県の6つの町に外出禁止令が発出

スリランカ現地時間、5月13日(月)午後3:55頃、クルネーガラ県(Kurunegala)の以下の6つの町に対して外出禁止令が出されました。

クリヤピティヤ(Kuliyapitiya)
ヘッティポラ(Hettipola)
ビンギリヤ(Bingiriya)
ドゥンマラスリヤ(Dummalasuriya)
ラスナヤカプラ(Rasnayakapura)
コベイガネ(Kobeigane)

期限は翌日の5月14日(火)朝4時までとされましたが、本日18時頃に上記6つの町を含む、クルネーガラ県が属する北西部州全域に対して外出禁止令が発出されました。

参照:【外出禁止令】北西部州全域に発出!

SNS接続の規制が強化

5月13日(月)朝からSNSへの接続が制限されています。
スリランカ連続爆破事件後、これまでSNSへの接続制限は2回行われていますが、これまではVPNを使えば、SNSでの投稿、メッセージの送信はできました。

しかし、今回はVPNを使っても投稿、メッセージの送信ができなくなっています。
ただし、LINEとツイッターは通常通り使えます。

【更新】5月13日(月)夜になり、VPNでフェイスブックやインスタグラムに接続できるようになりました。
その代わり、ツイッターもVPNへの接続が必要になりました。

# 関連キーワード