データで徹底解説!スリランカの民族・宗教構成とその分布

スリランカは多民族、多宗教国家である。

各町には仏教寺院、ヒンドゥー寺院、モスク、教会がそれぞれ見られる。

国全体としては民族としてはシンハラ人、宗教では仏教徒が多数派であるが、

町によってはタミル人が多いところ、ムスリムやクリスチャンが多いところなど、

それぞれ違った町並みや行き交う人々の様子が見られるのもスリランカの魅力の一つ。

本記事は2012年にスリランカで行われた国勢調査のデータを参考にまとめている。

スリランカ国全体の民族・宗教分布

スリランカの国全体としては仏教徒が多いシンハラ人が多数派。

ついでヒンドゥー教徒が多いタミル人、

イスラム教徒のムスリム(民族分類上はスリランカ・ムーアという)、

キリスト教徒は改宗したシンハラ人、タミル人、ヨーロッパ人との混血であるバーガー人

などで構成されている。

民族の詳細については後ほど詳述する。

民族・宗教分布が拮抗している最大都市「コロンボ」

スリランカ最大都市のコロンボは民族・宗教ともに圧倒的多数派存在せず、

それぞれが一定の割合存在している。

わずかにだが、宗教の最大多数派はイスラム教徒となっている。

民族分類では仏教徒の多いシンハラ人が最大多数派であり、

ほぼ同数と見ても良いと思われる。

コロンボは1から15に区分けされるが、

ムスリムが多いのはコロンボの北東部の10〜15と南部の6の海側。

2019年のスリランカ連続爆破テロで被害を受けたセイント・アンソニー教会がある

コロンボ13(Kotahena)は教会やヒンドゥー寺院が多く集まっているエリア。

攻撃を受けた3つのホテルがあるのはそれぞれ

ザ・キングスバリーがコロンボ1(フォート)

シャングリラ・コロンボがコロンボ2(スレイブ・アイランド)

シナモン・グランドがコロンボ3(コッルピティヤ)

とそれぞれがコロンボの中心地である。

キリスト教徒が多数派の町「ニゴンボ」

スリランカの玄関口「バンダラナイケ国際空港」

から最も近い主要都市ニゴンボの多数派はキリスト教徒。

町には多くの教会があり、道を歩けばキリスト像やマリア像をよく見かける。

大航海時代のポルトガル・スペインは各地でカトリックの布教に熱心に行ったが、

16世紀にシナモン貿易のためにニゴンボを占領したポルトガルも同様であった。

2019年のスリランカ連続爆破テロの被害を受けたセント・セバスチャン教会がある。

ヒンドゥー教徒が多数派の町「バッティカロア」

ヒンドゥー教徒が多いタミル人はスリランカの北部(最大都市はジャフナ)と

東部(第二の都市トリンコマリー、第三の都市がバッティカロア)に多い。

2019年のスリランカ連続爆破テロの被害を受けたザイオン教会がある。

イスラム教徒が多数派の町「アンパーラ」

2018年のモスク襲撃事件が起きた町である。

以下の分布図でムスリの割合が最も高い地域がアンパーラ県である。

2019年の連続爆破テロを起こしたイスラム過激派の

NTJ(National Thowheeth Jama’ath)が発生した地域とも言われており、

2019年4月26日に銃撃戦が起こり、爆弾やISの制服などが見つかったカルムナイがあるのもアンパーラ県である。

この地域にムスリムが多いのはポルトガルやLTTE(タミル・イーラム解放のトラ)

によって迫害を逃れた結果だとされている。

大航海時代の始まる前、8〜15世紀にアラブ系商人が

スリランカを含むインド洋の貿易を掌握していた。

その中からスリランカに定住する人が増え始め、

最初に定住したのがスリランカ南西部の町「ベルワラ」と言われており、

その他、コロンボ、ニゴンボ、カルタラ、プッタラム、マンナール、ジャフナなど

西海岸や北部にムスリム人口を定住。

16世紀にポルトガルの占領が始まると、ムスリムの迫害が起こり、

キャンディ王国の王がムスリムを中央高地や東部に避難させたため、

現在も中央高地や東部にはムスリムが多い。

特にカルムナイは王の農場であったため、多くのムスリムが移住し、

現在では東海岸最大の人口を誇る町となっている。

スリランカ内戦でLTTEは北部からムスリムを追放している。

スリランカにおけるムスリムの分布はWikipediaのIslam in Sri Lankaに掲載されている以下の図が参考になる。

シンハラ人とは?

スリランカで多数派であるシンハラ人は

ミャンマー、タイ、カンボジア、ラオスに多い

上座部仏教(テーラワーダ仏教、南伝仏教、小乗仏教)を信仰している人が多い。

キリスト教を信仰している人も一定数存在する。

言語はシンハラ語を話す。

シンハはサンスクリット語でライオンを意味し、

タイのシンハービール、シンガポールと同じ語源である。

スリランカの建国神話では、北インドから渡ってきた初代王ウィジャヤは

ライオンと人間の間に生まれた両親を持つとされている。

内陸部に住むウダラタ(高地)シンハラと

パハタラタ(低地)シンハラに分かれており、

言語、習慣、慣習法に違いがあるという。

シンハラ人の分布及び各民族の分布はWikipediaのSinhalese Peopleの以下の図が参考になる。

主要な仏教の3つの分類と分布を表した図。(Wikipediaの上座部仏教を参照)

日本、韓国、中国、ベトナムは大乗仏教。

タミル人とは?

インドに約7,000万人、スリランカに約310万人、

マレーシアに約180万人、シンガポールに約19万人

が住んでいる民族グループ。

宗教はヒンドゥー教が多く、言語はタミル語を使う。

タミル語はインド、スリランカ、シンガポールで公用語の一つとして認められている。

スリランカではタミル人は大きく2つに分けられる。

紀元前にインドから渡ってきた「スリランカ・タミル」と、

イギリス統治時代にプランテーションの労働者として

インドから連れてこられた「インド・タミル」。

スリランカの国勢調査ではポルトガル統治時代にタミルナードゥ州

の海岸地域から連れてこられた「Bharatha」、

同じくポルトガル統治時代に南インドで貿易や商業に従事していて

連れてこられた「Sri Lankan Chetties」を別に分類している。

スリランカ内戦はタミル人過激派・テロ組織「タミル・イーラム解放のトラ」と

スリランカ政府との間で行った戦争である。

以下はWikipediaのTamilsのページに掲載されている

南インドのチョーラ王朝の影響範囲の図。

タミル語話者がいる地域と重なっているので参考になる。

スリランカにおけるムスリム

スリランカにおけるムスリムは以下の3つに分かれる。

スリランカ・ムーア:8〜15世紀に渡ってきたアラブ系商人

マレー人:オランド統治時代にジャワ島から、イギリス統治時代にマレーシアから連れてこられた傭兵

インド系ムスリム:19〜20世紀にインドから渡ってきた人々

最も多いのがスリランカ・ムーアである。

インドネシア、マレーシア、モルディブ、東アフリカに多い

スンナ派のシャーフィイー学派に属する人が多いとされている。

WikipediaのIslamのページに掲載されいている図です。

バーガー人とは?

植民地時代にヨーロッパからやってきた男性とスリランカ人女性との混血の子孫。

旧宗主国であったオランダ系、ポルトガル系、イギリス系が多いが

他のヨーロッパの血をひくものもいると言われている。

ヴェッダ人とは?

スリランカの先住民族とされる狩猟採集民。

シンハラ人との同化が進み、現在はごくわずかな人しか残っていないという。

キャンディから東72kmにあるマヒヤンガナに小さな集落がある。

スリランカの聖山であり世界遺産にも登録されている

「スリー・パーダ(アダムス・ピーク」の頂上には足跡(パーダ)があるとされており、

イスラム教徒はそれをアダムの足跡、

キリスト教徒は聖トマスの足跡、

仏教徒はブッタの足跡、

ヒンドゥー教徒はシヴァ神の足跡

であると信じているとされるが、麓の町で宝石で有名な「ラトゥナプラ」には

ヴェッダ人の山の神「サマン」を祀る祠があり、

元々はヴェッダ人の山岳信仰の対象であったと考えられている。

まとめ

スリランカには多民族、多宗教が共存している。

その一つの象徴が各民族・各宗教の人たちが聖山として崇める

世界遺産「スリー・パーダー」ではないかと思う。

各民族・各宗教が平和に共存共栄することを願う。

2 件のコメント

  • 神谷さん 記事よい参考になりますね。僭越ながら一点「スリランカで多数派であるシンハラ人はタイ、ミャンマー、カンボジアなどと同じ上座仏教徒である」は「••••シンハラ民族の多くはタイ、•••と同じ上座部仏教徒である」とするのがよいと思いました。シンハラ民族にはクリスチャンの方も相当数いますもんもんね!またタミル人、シンハラ人というのかな?タミル民族、シンハラ民族を私は使っています。皆さんスリランカ人です。

    • 田村さん、ご指摘ありがとうございます。
      上座部仏教の記述を修正し、シンハラのクリスチャンについて追記いたしました。

      「人」「民族」の記述の仕方については、
      ネット上、書籍ではシンハラ人、タミル人の記述が多く見られます。
      日本でも関西人、大阪人と言いますし、
      「人」でも「民族」でも使い方は良さそうに思っていますが、
      同じスリランカ人というのは確かなご指摘です。
      マレーシアに行くと、「1 Malaysia」のロゴを見かけますが、
      あれはいいな〜と思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です