【現地から詳細解説】ホテルと教会が狙われたスリランカ連続爆発テロまとめ | スリランカ観光情報サイト Spice Up(スパイスアップ)
Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

【現地から詳細解説】ホテルと教会が狙われたスリランカ連続爆発テロまとめ

2019年4月21日

スリランカのホテル・教会で連続爆破テロ

4月21日午前9時頃、スリランカの中心都市コロンボの3つの5つ星ホテル、コロンボ市内の教会、国際空港に近いニゴンボにある教会、東海岸第二の都市バッティカロアにある教会でほぼ同時に爆発が発生。

午後にはコロンボ郊外でも同様の爆破が2カ所起こり、22日には爆発の起こったコロンボの教会近くで爆発があり、合計9カ所で爆発が発生しました。
事件が起こった4月21日は、キリスト教徒にとって重要な日であるイースター。
最初の爆発が発生した時刻の教会には、多くの人が祈りを捧げに訪れていました。

現時点では、合わせて253人以上の死者と500人以上の負傷者が出ています。
この爆発はISによるテロであると判明しました。
今回は、内戦から平和を長く享受してきたスリランカで何が起こったのか、現地から詳細にお伝えします。

21日朝に爆発が起こった場所6ヶ所

まず、4月21日の朝に爆発が起こった6カ所をご紹介します。

教会

今回、被害が大きかったのが教会での被害であり、最初に爆発があったのも教会でした。

セイントアンソニーズ教会(St. Anthony’s Shrine / Colombo 13)

聖パドヴァのアントニオを祀るカトリック教会。
教会やヒンドゥー寺院が多いコロンボ13(Kotahena コタヘナ)に位置し、地元のカトリック教徒が多く集まる教会です。
英国の旅行ガイドブック「ロンリープラネット」などにも紹介されており、博物館も併設された観光客も訪れる場所。
アルジャジーラによれば、8:45の礼拝の時間に爆発があったといいます。

シオン教会(Zion Church / Batticaloa)

東海岸第二の都市バッティカロアのラグーン内に浮かぶ島に建つ福音派の教会(1974年に建立)。
今回の事件では、現在28名の死者、51名の負傷者が出ているとスリランカのニュースサイトNews 1stに記載されています。

セイントセバスチャンズ教会

(St. Sebastian’s Church – Katuwapitiya /Negombo)

スリランカの玄関口「バンダラナイケ国際空港」から程近いビーチリゾート地であるニゴンボにある教会。
St. Sebastian’s Churchという名前の教会はニゴンボ内に2つあります。
1つはビーチ側にありますが、今回爆発があったのは空港に近い内陸側のKatuwapitiyaにあるSt. Sebastian’s Church。

ホテル

教会に続き、爆発があったのがコロンボの中心地にある3つの5つ星ホテルです。
3つとも朝食のビュッフェでにぎわう時間帯に、レストランが爆破されました。

シャングリラ・コロンボ(Shangri-la Colombo)

香港に本拠地を置くケリー・グループが経営するホテルチェーン「シャングリラ」の101番目のホテルとして、2017年11月に開業したコロンボで最も新しい5つ星ホテル。
コロンボの中心地に位置し、観光客や出張者、在住者も利用するホテルです。

シナモングランドホテル(Cinnamon Grand Hotel)

スリランカのコングロマリット、「John Keells Holdings PLC」傘下のCinnamon Hotels & Resortsが経営する5つ星ホテル。
元はインド系のOberoiホテルで、こちらもコロンボの中心地に位置し、観光客や出張者、在住者も利用するホテルです。

ザ・キングスバリー・コロンボ(The Kingsbury Colombo)

スリランカのコングロマリット「Hayleys」傘下の5つ星ホテル。
当初はセイロン・インターコンチネンタル・ホテルとして開業しましたが、2013年に現在の名前でリニューアルオープンしています。
21日の事件以来休業していましたが、爆発があったレストラン以外は24日から再開しました。

21日午後に郊外で爆発が起こった場所2カ所

では、21日午後にコロンボ郊外で爆発があった場所をご紹介します。

7番目の爆発:コロンボ郊外デヒワラ(Dehiwala)

7番目の爆発は、コロンボの南隣りの町デヒワラにある、デヒワラ動物園近くのホテル「The Tropical Inn Hotel」で発生しました。

8番目の爆発:デマタゴダの住宅街(Dematagoda、housing complex)

Dematagoda(コロンボ9)のMahavila Udyana Roadにある住宅団地で発生しました。
ロシアの英語メディアRT(ロシア・トゥデイ)によると、この8回目の爆発は犯人のアジトとみられる建物への突入時に発生したもの。
その爆発によって、警官3人が亡くなったと報道されています。

22日に教会近くで行われた爆弾処理について

AFP=時事によると、セイント・アンソニーズ教会(St. Anthony’s Shrine)から約50メートル離れた場所で発生しました。
警察が路上に駐車してあった車から発見された新しい爆弾を処理していた最中でした。
警察が人を避難させていたため、怪我人はいませんでした。

24日映画館近くで不審なバイクを制御爆破

24日の朝、コロンボ6・ウェッラワッタの映画館「Savoy 3D Cinema」で、一晩中停車されていた不審なバイクの制御爆破が警察により行われました。

バイクの座席の中に爆発物があることが疑われて、座席を開けるため爆破されました。
実際に爆発物が入っていたのか詳細は不明です。

26日に東部州で起こった銃撃戦

26日夜、東部州のKalmunai、Sainthamaruthエリアで爆発と銃撃戦が発生し、3人の女性と6人の子供を含む15人が死亡したと報道されています。
この事件は、警察がテロ事件容疑者の隠れ家に突入した際発生したもの。

警察が突入を試みた際に3人の男が家の中で自爆したとみられ、家から発砲があり銃撃戦も発生しました。
この爆発と銃撃戦で死亡・けがをした人のなかには、テロ事件の容疑者や実行犯の妻や子供、親戚が含まれていたとのこと。
警察官には死亡者はいませんでした。

Samanthuraiで行われた捜査では、ゼリグナイトというニトログリセリンが含まれる爆発物150本以上、IS(イスラム国)の制服、爆発の致死率と威力を高めるために使用される鉄球も見つかっています。

事件が起こったSainthamaruthは、爆発テロが起こったシオン教会のある東海岸第二の都市Batticaloaの南に位置しています。

(スリランカの新聞社Daily Mirror、カタールのテレビ局Aljazeera より)

【地図】テロ発生場所の位置関係

スリランカ現地のグーグルマップでは、下の写真のように爆発が起こった場所にマークが表示されていました。

 

日本人も含めた被害状況

死者数は253名にのぼり、負傷者は500名以上と報道されています。
爆破の被害にあった5つ星ホテルは外国人観光客もよく利用するホテルであり、外国人の死者も報告されています。

22日のNHKの報道によると、政府関係者が在住者の日本人1名がシャングリラホテルでの爆発により亡くなられたことを確認しました。

また、河野外相のTwitterによると日本人の負傷者は4名確認されているとのことです。
23日のイギリス新聞社DailyMirrorの報道では、38名の外国人が亡くなったとされています。

爆弾の発見について

AFP=時事によると、コロンボの民営バスターミナルである「Bastian Mawatha」で22日、87個の爆弾が見つかりました。
87個のうち、12個は地面に散乱し、75個は付近のごみ廃棄場で発見されました。

なぜ爆発?犯行グループの目的

そもそもなぜ犯行グループは大規模な爆発テロを起こしたのでしょうか。
犯行グループは、ISの影響を受けているイスラム系グループと言われています。

23日のスリランカ英語新聞Daily Mirrorの報道によると、最初の尋問からスリランカでの爆破テロは、先月15日に起こったニュージーランドのモスク(イスラム礼拝所)での銃乱射事件に対する報復だったことが判明。
この事件では、2ヶ所のモスクで銃乱射が発生し、50人が死亡しました。

犯人逮捕について

インドのテレビ局News18によると、21日に容疑者13人(イスラム教徒)が拘束されています。
また、共同通信によると、22日に新たに11人が拘束され、合計24人が拘束されたことになります。

24日には60人の容疑者が逮捕されたことをロイター通信が報道しました。
28日現在では80人近くのの容疑者が逮捕されているとのこと。

多くのメディアで、この事件に関与している可能性が高いとされているのが、NTJというスリランカ国内のイスラム教組織。
仏像の破壊活動を行うなどの過激派組織と言われています。

インド当局はテロ発生以前からその危険性をスリランカ政府に警告していました。
スリランカ警察は過激派NTJがスリランカ国内での自爆攻撃を計画しているとの報告を受け、10日前に警察幹部に警戒を促していました。
しかし、テロを防ぐ対策は十分に整えられていなかったということになります。

IS・イスラム国の関与

23日、この事件に関してイスラム国が犯行声明を発表。
「一昨日スリランカで有志連合国の国民とキリスト教徒を標的とした攻撃を実行したのはイスラム国戦闘員たちである」
これでイスラム国のスリランカ爆発テロへの関与の可能性は、濃厚となりました。

爆発は自爆テロ

アメリカ合衆国の大手通信社AP通信の報道によると、スリランカ政府の法医学分析官が、連続爆破テロのうち7件は自爆テロだったと証言しているとのこと。

インドのNDTVによると、シナモングランドホテルで自爆した犯人は、朝食のビュッフェの列に並び、自分の番が来て皿を取ったのちに、背中の爆弾で自爆したとのこと。

夜間外出禁止令及び非常事態宣言

テロ後、スリランカ全土に夜間外出禁止令が出されており、21日から22日にかけての18:00ー6:00は外出禁止。
22日から23日にかけての20:00〜4:00は外出禁止。
28日も22:00~4:00の外出禁止が続きました。

スリランカの英語新聞社Daily Mirrorによると、5月5日まではすべての大学、学校が休校。また、23日は国を挙げて追悼を行う日としてNational day of mourningと指定されました。

最後に

今回は、4月21日から断続的に発生したテロについて詳しくご説明しました。
内戦の終戦から10年をむかえ、平和を享受したスリランカで、このようなテロが起きることは悲惨な出来事です。
現在、スリランカは静穏を取り戻していますが、この痛ましいテロで亡くなった人々を忘れてはいけません。
これからも変わらず、Spice Upはスリランカの魅力を発信するメディアとして、スリランカと日本の皆様に貢献してまいります。

スリランカ爆発テロ、現在の状況は?治安や注意点まとめ

 

# 関連キーワード