スリランカ爆発テロ、現在の状況は?治安や注意点まとめ | スリランカ観光情報サイト Spice Up(スパイスアップ)
Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

スリランカ爆発テロ、現在の状況は?治安や注意点まとめ

2019年4月24日

2019年4月21日、キリスト教の祝日・イースターの日にスリランカで同時爆発テロが発生しました。
21日の午前には3つの教会と五つ星ホテルで爆発、午後にはコロンボ郊外2カ所で爆発。
22日には爆発のあった教会の近くでまた爆発、空港に通じる道や中心地のバスターミナルで何十個もの爆弾が発見されました。
死者は現在253人、けが人は500人以上にのぼっています。
今回は現地に在住している方や、スリランカへの旅行を計画されている方の参考にしていただけるよう、スリランカ・コロンボの現在の状況と注意すべきことをお伝えします。

事件発生時の街の状況

爆発のあったシナモングランドホテルから3キロ圏内にオフィスを構える弊社ですが、爆発が起こった21日は、周囲は静まり返っていました。

いつもは車のクラクションやエンジン音でにぎやかな街ですが、その日の事件発生後は、道路を走る車は少なく道はガラガラ。
人もほとんど歩いておらず、夕方になるとお店もほとんどが閉まっていました。

また、21日から22日にかけての18:00ー6:00、22日から23日にかけての20:00ー4:00は外出禁止。
23日0時には非常事態宣言が出されています。

事件発生からの2日間、21日と22日は、現地のスリランカ人もかなり不安そうな様子で、街はいつもと違う雰囲気に包まれていました。
しかし、地方では外出禁止令の時間でも、通常通り車や人が行き来していたところもあったようです。

スリランカ、現在の街の状況

通常と比べると少ないが車が走るゴールロード

事件発生から2日後の23日から、道路には車やバスが走り、スーツを着た人々が街を歩き、コロンボは日常をとり戻す流れを見せました。
ただし、街では武装をした警察官が見回りをしています。

交通機関について

バスも鉄道も既に通常通り運行しています。
また、UberやPick Meも利用できます。

お店について

お店の開店状況

お店は既に、ほぼ全ての店でオープンしています。
ただし、入り口で荷物などのセキュリティチェックが行われています。

現在の治安状態、注意すべきことは

では、現在スリランカに行くにあたっての治安状態、注意点についてご説明します。

テロ第2発の警告

23日、インドの新聞社Hindustan Timesは、インドの治安当局が同じ犯行グループによる更なるテロ攻撃をスリランカに警告したと報道しました。
今回のテロを実行したとされる、スリランカ国内の過激派イスラム教組織NTJのうち、別のチームが更なる攻撃を行う可能性があるとのこと。

今回の爆発テロもインド当局が事前にその危険性をスリランカ政府に警告していました。スリランカ警察は、過激派NTJがスリランカ国内での自爆攻撃を計画しているとの報告を受け、事件発生10日前に警察幹部に警戒を促していました。

FBIなどが捜査を開始

24日のAP通信の報道によると、スリランカ現地でFBIが爆発テロの捜査に協力をして進めているとアメリカ大使館が発表。
その他の国からも捜査協力がされているといいます。

人が集まるところには行かない

街はほぼ通常どおりになったとはいえ、未だに爆弾が発見されたりもしています。
街に出るときは注意が必要です。
人が集まる場所はテロの標的になりやすいです。

「教会・モスク等宗教関係施設,ホテル,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等,観光地周辺の道路,スポーツの競技場,コンサートや記念日・祝祭日等のイベント,公共交通機関,観光施設,レストラン,ショッピングモール,スーパーマーケット,ナイトクラブ,映画館等。」

これらは外務省が喚起している注意が必要な場所になります。

なお、車やバイクを長時間停車する際は,フロントガラスから視認できるところに連絡先(携帯電話番号等)を明示してください。
これは警察が不審車両を見つけた際の対応のためです。

外務省のたびレジ・オンライン在留届に登録する

「たびレジ」とは、外務省からの最新の安全情報を日本語で受信できる海外安全情報無料サービスです。
登録することで緊急時の連絡、安否確認、支援などを受けられます。

滞在期間が3ヶ月未満の場合は「たびレジ」3ヶ月以上の場合は「オンライン在留届」に登録してください。

外務省からの安全情報では、毎日出される外出禁止令の時間や事件情報をお知らせしてくれます。
そういった情報をいち早く正確に知り自分の身を守るため、必ず「たびレジ」か「オンライン在留届」に登録しておくようにしましょう。

たびレジ・オンライン在留届の登録はコチラから

外出時にはパスポートを持ち歩く

コロンボ市内外では現在も捜査が行われており、警備も強化され厳戒態勢となっております。
外出する際には必ずパスポートなどの身分証明書を持ち歩くようにしましょう。

まとめ

今回は、事件発生からコロンボの状況をまとめました。
スリランカは治安が良く、日本人でも不安なく過ごせる国だった分、今回のテロは多くの人にとって想定外であり、かなりショックが大きかったように思います。
今回のテロで在住者・観光客の方々に大きな不安が広がっていると思います。

現在、スリランカは静穏を取り戻し、観光客も徐々に戻りつつあります。
観光する際は、十分に注意した上で楽しみましょう。

【スリランカ連続爆発テロについて詳しくはコチラ】

【現地から詳細解説】ホテルと教会が狙われたスリランカ連続爆発テロまとめ

スリランカ連続爆破テロ追悼イベント「Evening of Rememb…

 

 

 

 

# 関連キーワード