スリランカの言語は?英語通じるの?観光に役立つ言葉と留学情報も!

海外に行くときに気になるのはコミュニケーションの問題ですよね。

日本から約6500キロメートル離れているスリランカでは英語は通じるの?

訛りが強くて聞き取れないんじゃないの?不安に思われる方はたくさんいると思います。

今日はスリランカの公用語や話されている言語について、観光で来られる方とスリランカへ留学を考えている方に向けて解説します。

観光地の英語は?

英語圏から遠く離れた南の島で英語は通じるのか?

結論から言うと、イギリスの植民地だったスリランカは主要都市や観光地であればほぼ英語は通じます!

検証も交えて説明します。

スリランカの公用語と英語

スリランカの公用語はシンハラ語とタミル語の二つです。

主にシンハラ語は南部、タミル語は北部で話されることが多い傾向があり、この二つの言語の連結語として英語が使われています。

基本的に都市部や観光地ではどちらかの言語+英語を話す人が大半です。

スリランカ人はテレビも映画も字幕のない英語のものを見ますし、新聞も英語です。

手続きなどに使われる公文書も基本的に英語で発行されるため、外国人ビジネスマンにもとてもやさしい国となっています。

私は100人インタビューで高校生ぐらいのスリランカ人にも突撃インタビューをしましたが、みんな流暢な英語で答えてくれました。

スリランカで英語が伝わらないのは?

英語を喋れる人が多いスリランカですが、時には英語が伝わらないときもあります。

警備員さん、掃除のおばちゃん、トゥクトゥクドライバーは英語が話せない人がいます。

straight, right, leftぐらいは通じますので、トゥクトゥクで困ることはありませんが、

より便利なのは配車アプリ。UberPickMeで車種が大きくなるほど英語が話せるドライバーの割合が高くなります。

また車種でもPickMeよりもUberの方が英語力が高いドライバーが多いです。

Uberはコロンボ周辺のみしか使えませんので、地方に行った時はPickMeが便利です。

コロンボや観光地ではお店の人や町の人も英語はほぼ通じますが、観光地化されていない地方の町や村では英語が通じない人が増えます。大きな都市でも観光客がまだ少ない北部のジャフナでは英語を話す人を見つけるのに苦労しました。

 

日本語とシンハラ語は文法・発音が似ている。

日本に住んだ経験がある人も一定数いて、日本語を話せるスリランカ人もいます。

日本語とシンハラ語は文法と発音が似ており、お互い学びやすい言語だと言われています。

英語が苦手な人でスリランカ好きな人は、シンハラ語を勉強してコミュニケーションしている人もいます。

 

スリランカ語学留学

観光におけるスリランカの英語事情について見てきました。

続いては観光だけでなく長期滞在して勉強もしたい!という方に向けてスリランカの留学について説明します。

スリランカ留学のメリット

  1. 費用が安い
    スリランカの物価は日本の3分の1ほど。驚くほどの低価格で英語レッスンが受けられます。
  2. 治安が良い
    同じく、英語話者が多いフィリピンと比較すると犯罪認知件数は〔スリランカ約3万6千件〕〔フィリピン約52万件〕(どちらも外務省海外安全ホームページによる)と少ないことがわかります。
    またスリランカ人は温和な人が多く、つたない英語であっても一生懸命聞いてくれる人が多いです。
  3. 日本人が少ない
    スリランカに在住している日本人はたったの約800人。また、英語留学で来ている人、インターンをしている人などは東南アジア諸国に比べると圧倒的に少ないです。

やっぱり気になる訛り

スリランカ人の英語は日本の学校で学ぶアメリカ英語ではなくイギリス英語です。訛りとしては発音はインド英語に近いと言えますが、そこまで強いものではありません。

参考までに、私は高校生の時にカナダの現地校に2年間通い英語を取得したためアメリカ英語に近い英語を話しますが、私の発音でも問題なく理解してもらえるためスリランカ人とのコミュニケーションに困ったことはあまりありません。

日本人の場合、完璧な発音、完璧な文法を気にするあまり英語がうまく出てこないケースがよくあります。スリランカは英語は第二言語のため、英語が不慣れな人にも寛容です。英語をまず使ってみる、英語で会話を始めてみるという英語学習のファーストステップを踏む場所としては最適な国の一つです。

スリランカの語学学校一覧

①British Council

世界100以上の国と地域で英語教育と国際文化交流を行っているイギリスの国際交流機関です。

施設もきれいで充実しています。

【価格】(English for Adultsコース) 約2か月 Rs. 36,000~

【ホームページ】https://www.britishcouncil.lk

②Regent Language School

16種類の言語がレベル別に学べる語学学校。

校長先生は日本語が堪能で日本人の講師もいます。

【ホームページ】http://www.regent.edu.lk

③SVS School For English

イギリス人経営の語学学校。

教師はイギリス人でボランティアとして働いているため、低価格の授業を提供している。

【ホームページ】http://www.svsenglish.org

【価格】100時間 Rs.10,000~

④ICBT CAMPUS

スリランカ最大の学生数を誇るカレッジにある語学学習プログラム。

社会人向けの英語学習クラスを受講することもできます。

【ホームページ】https://www.icbt.lk

⑤Colombo Language School

コロンボの語学学校で、スピーキングとリスニングにフォーカスした授業が特徴です。

海外出身の講師も、スリランカ出身の講師も授業中はEnglish Onlyで話します。

【ホームページ】http://colombolanguageschool.com/

【価格】Full Time General English(220時間) Rs.45000~

⑥Spice Up Language School(スパイスアップ・ランゲージスクール)

コロンボにある個人経営のマンツーマン英語レッスンスクール。

観光や自分の予定に合わせてレッスンスケジュールをカスタマイズ可能です。

講師は日本人の英語指導の経験が豊富なで、日本人がついつい間違えてしまう英語をわかりやすく教えてくれます。

スパイスアップランゲージスクールについて詳しく知りたい方はこちら

まとめ

スリランカは中心地・観光地であれば英語が話せる人が大半であるため、基本的に旅行へ行く分には困ることはないと考えてよいでしょう。

英語の通じないトゥクトゥクドライバーであってもマップを見せればわかってくれる人が大半なのでさほど神経質に考えることもないと言えます。

また、留学を考えている人にとっても英語が話せる人が多い環境は魅力的ですよね。

日本語を話せる人も実は多い親日国・スリランカでの生活を楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です