Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

シンハラ語6-1 日本語「する」と同じように使うカラナワー

2022年3月18日

本記事から動詞を学ぶ単元6に入りました。

最初に学ぶ動詞は「カラナワー(する)」です。

名詞+カラナワー(する)

日本語でも、「名詞+する」で動詞になりますよね。

仕事+する=仕事する
計算+する=計算する
話+する=話す
考え+する=考える
使用+する=使用する

これと同じようにシンハラ語でも名詞に”する”を意味する「カラナワー」をつけて、動詞にすることができます。

名詞そのまま+カラナワー系

ワェダ(仕事)+カラナワー(する)=ワァダカラナワー(仕事する)
ガナン(計算)+カラナワー(する)=ガナンカラナワー(計算する、数える)

名詞の最後のワを省く系

カターワ(話)+カラナワー(する)=カターカラナワー(話す)
カルパナーワ(考え)+カラナワー(する)=カルパナーカラナワー(考える)

名詞の最後のヤを省く系

パーウィッチヤ(使用)+カラナワー(する)=パーウィッチカラナワー(使用する、使う)

形容詞+カラナワー(する)

日本語でも「綺麗にする」などの、「形容詞+する」の動詞がありますよね。

シンハラ語でも「形容詞+カラナワー」で動詞にすることができます。

ラッサナ(綺麗)+カラナワー(する)=ラッサナカラナワー(綺麗にする、飾る)
コタ(短い)+カラナワー(する)=コタカラナワー(短くする、縮める)
サァラ(辛い・厳しい)+カラナワー(する)=サァラカラナワー(叱る)
ワァディ(多い)+カラナワー(する)=ワァディカラナワー(増やす)
アドゥ(少ない)+カラナワー(する)=アドゥカラナワー(減らす)
イワラ(終わりに)+カラナワー(する)=イワラカラナワー(終わらせる)
ニシェーダ(否定的な)+カラナワー(する)=ニシェーダカラナワー(否定する)

外国語+カラナワー(する)

日本語では、「英語+する」で動詞になります。

drive+する=ドライブする
check+する=チェックする
start+する=スタートする
stop+する=ストップする
copy+する=コピーする
download+する=ダウンロードする
install+する=インストールする
upgrade+する=アップグレードする

同じように、シンハラ語でも、「英語+カラナワー」で動詞になります。

drive+カラナワー=ドライブカラナワー(ドライブする)
check+する=チェックカラナワー(チェックする)
start+する=スタートカラナワー(スタートする)
stop+する=ストップカラナワー(ストップする)
copy+する=コピーカラナワー(コピーする)
download+する=ダウンロードカラナワー(ダウンロードする)
install+する=インストールカラナワー(インストールする)
upgrade+する=アップグレードカラナワー(アップグレードする)

ちなみに、日本語では「外国語+する」を短縮した、「外国語+る」も動詞になっていますが、それらの言葉もカラナワーで置き換えが可能なものはありそうです。

sabotage+る=サボる
memo+る=メモる
miss+る=ミスる
harmony+る=ハモる
double+る=ダブる
trouble+る=トラブる
appeal+る=アピる
gas+る=ガスる
stand by+る=スタンバる
disrespect+る=ディスる
chicken+る=チキる
taxi+る=タクる
Google+る=ググる
battle+る=バトる

日本語は「する」をつける場合、「る」をつける場合、どっちでもいい場合、とパターンがいくつかありますが、シンハラ語は「カラナワー」をつける、で統一されているので、この点は日本語よりもシンプルで覚えやすいですね!

# 関連キーワード