紅茶のお供に!甘い伝統的スリランカスイーツとおすすめの店を紹介 | スリランカ観光情報サイト Spice Up(スパイスアップ)
Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

紅茶のお供に!甘い伝統的スリランカスイーツとおすすめの店を紹介

2020年3月10日

スリランカには、辛いカレーだけでなく多くの甘いスイーツがあります。今回は、スリランカの紅茶を飲みながら優雅なひと時を過ごせるスイーツとそれらが食べられるお店を紹介したいと思います。

スリランカの伝統的スイーツ

ワタラッパン(Watalappan)

ココナッツの蜜を卵で溶き型に入れ、蒸したプリンのようなデザートです。ほんのり卵の風味とココナッツの蜜の甘さがマッチしておいしいです。さらに上に乗っているカシューナッツが味を引き立たせます。

 

キトゥル(kitul)

キトゥルとは、キトゥルヤシという木からとれる甘い蜜のことです。カードという水牛のヨーグルトにキトゥルをかけてよく食べることが多いです。カードは、日本のヨーグルトよりも濃厚でなめらか、そして酸味があるのが特徴です。そこで甘いキトゥルをかけて食べることでまろやかになり絶妙なおいしさになります。

 

コキス(Kokis)

米粉とココナッツミルク、スパイスを混ぜて油で揚げたデザートです。とてもサクサクしていて甘さは控えめです。お祝いのお菓子の一種とされています。

 

ビスケットプッディング(Biscut Pudding)

ミルクで浸したマリービスケットとチョコレートプリンを交互に入れ層にしたデザートです。ビスケットはしっとりしていて、チョコレートプリンとよく合います。甘いデザートなので疲れがたまっている人や自分へのご褒美におすすめの1品です。

 

トフィー(Toffee)

粉ミルクに砂糖をたっぷりとスパイス、カシューナッツなどを加えて煮詰めたキャンディです。大きめにカットしてケーキのように食べたり、キャラメルくらいの大きさにカットしてキャンディのように食べることができます。サクサクしていて、ほんのりスパイスの風味がするのがトフィーの特徴です。キャラメルサイズのトフィーは、袋にたくさん入って売っているのでお土産にも最適です。

ジャレビ(Jalebi)

小麦粉の生地をプレッツェルまたは円型に揚げ、砂糖シロップに浸したものです。味は、甘じょっぱいく日本でいうかりんとうに近いです。ジュレビは、揚げたても冷やしてもおいしくいただけます。揚げたてだと外はカリカリ、中はふわふわで、冷やすとしっとりしてて揚げたてとは違った味わいを楽しめます。

おすすめのお店を紹介

Upali’s by Nawaloka

Upali’s は、カレーやコットゥなど本格的スリランカ料理が低価格で食べれるお店です。料理だけでなくスリランカデザートも味わえます。こちらのワタラッパンは1つ335ルピーで食べることができます。卵の風味がしっかりと残り黒糖の甘さと絶妙にマッチしているので是非食後のデザートに食べてみてはいかがでしょうか。

Ceylon Kitul Institute (Pvt) Ltd

こちらの店は、コロンボから少し離れていますが本格的なキトゥルを味わえます。カードにキトゥルがかかったものが1つ80ルピーです。値段が手ごろにもかかわらず、陶器に入った本格的なカードを食べることができます。
こちらのお店はバンダラナイケ国際空港にも店舗を構えています。

SENSALL

SENSALLは、安いベーカリーで有名なお店です。こちらのコキスは1つ30ルピーで買うことができます。さらにアイスコーヒーは120ルピーで飲むことができ、そのほかの飲み物も安いです。店内は広いのでゆっくり一休みするのにとっておきのお店です。

The Cake Factory

こちらのお店ではカップケーキやチョコレートケーキなど様々なケーキを食べることができます。ビスケットプッディングは、冷蔵庫でしっかり冷えていてとてもおいしいです。価格は、1つ350ルピーです。店内は、狭いですがお花の装飾がおしゃれで写真を撮りたくなること間違いなしです。

ISSO

シーフード料理を主に提供しているお店ですが、こちらのお店では、トフィーとアイスクリームがデザートメニューとしてあります。トフィーは、1つ190ルピーで食べることができます。ここのトフィーは、大きめにカットしてあり食べ応えがあります。壁には、エビや魚の絵が描かれていて海をイメージしたおしゃれな店内ですので、是非足を運んでみてください。

Hela Bojun Hala Battaramulla

Hela Bojun Hala は、2015年に農業省がキャンディーの Gannoruwa で開始した人気の屋台市場です。ここを始めた目的は、大衆の間で地元の農産物を促進しながら、有害物質を含まない食品を生産し、農業における女性の経済的幸福を求めることでした。こちらは、政府によって管理されていて伝統的スリランカ料理を安価で食べることができます。ここでは、キリバスやワディーなどの軽食やジャレビ、ムングカワム、ラワリヤといったスイーツを味わうことができます。価格は20ルピーほどでとても安いです。是非スリランカの伝統的料理を味わってみたい人は行ってみてはいかがでしょうか。

 

関連記事はこちら>>>

コロンボのおしゃれ紅茶カフェ【5選】