スリランカのコロンボでおすすめ観光地10選!カテゴリー別でご紹介 | スリランカ観光情報サイト Spice Up(スパイスアップ)
Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

スリランカのコロンボでおすすめ観光地10選!カテゴリー別でご紹介

2019年10月13日

スリランカには、世界遺産のゴールやキャンディ、シーギリヤなどの観光地がたくさんありますが、スリランカの最大都市であるコロンボにも是非お勧めしたい観光スポットが多くあります。
とはいえ、限られた旅行日数で効率的に観光したいもの。
そこで今回は、コロンボにあるおすすめの観光地をカテゴリー別にご紹介します。

スリランカの歴史を感じるコロンボのおすすめ観光地

コロンボには、スリランカの文化、宗教などの歴史が感じられる観光地があります。

ガンガラーマ寺院

ガンガラーマ寺院は、コロンボで最大規模の仏教寺院で連日多くの観光客と現地参拝客で賑わっています。
2月には、ペラヘラという音楽隊や象の行進などで賑わう祭りやウェサック祭りが開催される由緒あるお寺。

中には、大きな仏像や彫刻がたくさん並べられています。
クラシックカーや骨董品なども展示されており、ちょっとした博物館のようになっています。
コロンボで数ある観光地の中でも必見の場所と言えるでしょう。

【名前】ガンガラーマ寺院(Gangarama Temple)
【住所】61 Sri Jinarathana Rodd, Colombo 02
【営業時間】6:00~22:00
【入場料】Rs.300でシーママラカヤ寺院との共通券

 

シーママラカヤ寺院

シーママラカヤ寺院は、スリランカを代表する建築家、ジェフリーバワが設計した寺院です。
ガンガラーマ寺院との距離も近く、徒歩圏内にあります。
また、ガンガラーマ寺院のチケットがシーママラカヤ寺院でも併用可能ですので、ガンガラーマ寺院でチケットを購入している場合は新たにチケットを購入する必要はありません。

シーママラカヤ寺院は、ガンガラーマ寺院と比べて小さめですが、寺院はベイラ湖に面しており、美しい情景を臨めます。
近くには、コロンボシティセンターというモールがありますので、そこでお土産を購入したりゆっくり休むのも良いでしょう。

【名前】シーママラカヤ寺院(Seema Malakaya Temple)
【住所】Sir James Pieris Mawatha, Colombo 02
【入場料】Rs.300でガンガラーマ寺院と併用可能

 

スリランカ国立博物館

スリランカの歴史や文化などを知るなら博物館。
スリランカ国立博物館は、ガンガラーマ寺院やシーママラカヤ寺院の近くにあります。

博物館の敷地はかなり広く、大きなヨーロピアンな白い建物が目印。
スリランカの歴史を伝える絵画や骨董品などが大量に展示されています。

【名前】スリランカ国立博物館(National Museum)
【住所】Sir Marcus Fernando Mawatha, Colombo 07
【営業時間】9:00~17:00
【入場料】大人Rs1000、子供Rs500

 

J.R.ジャヤワルダナセンター

ジャヤワルダナセンターは、1952年のサンフランシスコ講和条約で日本への賠償請求権の破棄を宣言したスリランカのジャヤワルダナ元大統領の業績を紹介しています。
太平洋戦争中、日本はスリランカにも空襲を行っていました。

ジャヤワルダナ氏は、日本への賠償請求する権利放棄すると演説したことで知られています。
博物館にはジャヤワルダナ氏と日本との絆をまとめた日本館が本館の裏にあり、日本人なら知っておきたい日本とスリランカの関係を学ぶために最適な場所です。

【名前】J.R Jayewardene Centre
【住所】191 Srimath Anagarika Dharmapala Mawatha, Colombo 00700
【営業時間】8:30~16:00(平日のみ)
【入場料】無料

 

スリランカの生活を感じるコロンボのおすすめ観光地

ここでは、コロンボ市民が集まる、日本にはない雰囲気や人々の様子が感じられる観光地をご紹介します。

ペター市場

ペター市場は、コロンボの北側、ペター地区にある大規模な市場です。
ここは、小さな商店がたくさん林立しており、連日かなりの人々で賑わっていますが、賑わいを見せるのみは平日で土日は店も閉まっているところがあるので、注意しましょう。
アジアの雑多な街の様子が感じられるスポットです。

ペターでは各ストリートごとには電化製品、サリー、生活用品、食料、宝石など決まった業態のお店が集まっています。
古くから、アラブ商人の貿易拠点として栄えたペターには、彼らの宗教であるイスラム教のモスク、ジミ・ウル・アルファー・モスク(通称レッドモスク)もあります。
ペターの雑多な街中で一際大きい建物で、赤と白のコントラストが印象的なモスクです。
観光客は中に入れませんが、外から中を覗く程度であれば可能です。

〇ペター市場
【名前】ペター市場
【住所】Olcott Mawatha, Colombo

〇レッドモスク
【名前】ジャミ・ウル・アルファー・モスク(Red Masjid)
【住所】228 2nd Cross Street, Colombo 11

 

ゴール・フェイス・グリーン

ゴール・フェイス・グリーンは、インド洋を望む広いオープンスペース。
夕方や週末には多くの人々で賑わい、海沿いの道には多くの露店が並んでいます。

コロンボは西側が海になっているため、夕方に臨む夕日は格別です。
親子がたこ揚げを楽しむ様子も見られます。
18時にはゴールフェイスにある国旗が下ろされる儀式が毎日兵隊によって行われているので、時間が合えば見学すると良いでしょう。

また、ゴールフェイスの南側には、5つ星ホテルで歴史あるゴールフェイスホテルがあります。
ここには、昭和天皇、チェ・ゲバラ、ニクソン、ガガーリン、ネルーなど世界の名だたる著名人が泊まっています。ホテル内には彼らを紹介するミュージアムもあります。

〇ゴール・フェイス・グリーン
【名前】ゴール・フェイス・グリーン(Galle Face Green)
【住所】56 Colombo – Galle Main Road, Colombo 03

〇ゴール・フェイス・ホテル
【名前】ゴール・フェイス・ホテル(Galle Face Hotel)
【住所】2, Galle Road, Colombo 03
【ホームページ】https://gallefacehotel.com/ja/

 

スリランカのアートを感じるコロンボのおすすめ観光地

実は、コロンボには、おしゃれなカフェやショップがたくさんあります。
スリランカを代表する建築家、ジェフリーバワに関係するスポットを巡るのも人気です。

ダッチ・ホスピタル

フォート内にあるオランダ時代の病院を改装したショッピングスポットです。
スリランカの人気高級カニレストラン、ミニストリーオブクラブやアーユルヴェーダ製品を取りそろえるスパセイロンなど、おしゃれなレストランやカフェ、お土産店があります。

ダッチホスピタルのあるエリアは、ヨーロピアンな雰囲気が流れ、スリランカの一般的な雰囲気とはまた違った雰囲気が感じられます。
周囲にはバーがたくさんあり、特に金曜日の夜には多くの人々でにぎわい、お祭り騒ぎになります。
夜にはライブ演奏が行われ、昼間とは違った雰囲気を感じられるでしょう。

【名前】ダッチホスピタル(Dutch Hospital)
【住所】Hospital Street, Colombo 01
【営業時間】各店舗による

 

ギャラリーカフェ

コルピティヤ地区のコロンボ3区には、ジェフリーバワの旧オフィスを改装してつくられたギャラリーとカフェがあります。
ギャラリーカフェは、バワ建築を見るために多くの観光客が訪れ、日本人にも人気の定番スポットです。

併設されたショップでお土産を購入するのも良いでしょう。
カフェは、アーティスティックで落ち着いた雰囲気が流れています。
バワの建築を一目見たいという方には外せないスポットです。

【名前】ギャラリーカフェ(Paradise Road The Gallery Cafe)
【住所】2 Alfred House Road, Colombo 03
【営業時間】10:00~0:00
【ホームページ】http://www.paradiseroad.lk/gallery_cafe/

 

ナンバー11

ギャラリーカフェの徒歩圏内には、ナンバー11というバワの旧宅があります。
見学には予約が必要で、1日3回(10時、14時、15時半)45分程度のガイド付のツアーに参加することができます。

こちらもバワファンにとっては、外せないスポットでしょう。
ギャラリーカフェと合わせて訪れたいスポットです。

【名前】ナンバー11(Number 11)
【住所】No.11, 33rd Lane, Bagatelle Road, Colombo 03
【ホームページ】https://geoffreybawa.com/
【入場料】Rs1000(見学する場合、ホームページにて事前予約が必要)

 

ベアフット

バワが設計したホテルでも採用されたファブリックアーティストのバーバラ・サンソーニの製品を販売するショップ。
ダッチホスピタル、ゴール・フォートにもお店がありますが、ゴールロード沿いの本店には、ギャラリーやカフェも併設されています。
ギャラリーカフェからも徒歩圏内です。

店内は、ファブリック製品を主に、かわいい雑貨やおしゃれな小物などお土産に最適なアイテムがたくさんあります。
店内は縦に長く、奥にギャラリーやおしゃれな開放的なカフェがあります。
観光の際に、カフェやギャラリーで休んだり、お土産を見てみるのも良いでしょう。

【名前】ベアフット(Barefoot)
【住所】704 Galle Road, Colombo 03
【ホームページ】https://www.barefootceylon.com/
【営業時間】10:00~19:00

 

最後に

今回はコロンボにあるおすすめ観光地をカテゴリー別にご紹介しました。
スリランカ観光というと、世界遺産のあるキャンディやゴール、シーギリヤなどに目がいきがちですが、コロンボだけでも、観光しておきたいスポットはたくさんあります。
全て観光するのは難しいという場合は、カテゴリー別にまわったり、絶対に行きたいという場所をピックアップして、立地を考えて効率的に観光すると良いでしょう。

スリランカ旅行中に知りたいコロンボのwifiカフェ8選【電源情報も!】

 

# 関連キーワード