*/ ?>
Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

スリランカで撮影された映画『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』

2021年5月04日

ゴールフェイスホテルのミュージアムには、著名人の宿泊者としてスティーブン・スピルバーグ、ハリソン・フォードの写真が展示されています。

また、ホテル内のバー「トラベラーズバー」では、インディアナ・ジョーンズのカクテルがあります。

これは、インディ・ジョーンズの2作目『魔宮の伝説』がスリランカで撮影され、実際に二人がゴールフェイスホテルに泊まったからのようです。

映画の設定では舞台はインドになっていますが、偏見のある差別的内容であるとインド政府が撮影を拒否したため、撮影地はスリランカ(ハンターナ、ピンナワラ、ビクトリアダム)で行われました。

そのため、村人役はシンハラ語を話し、ハリソン・フォードも食事を出された時に「ストゥーティ」「ボホーマ・ストゥーティ」と言っています。

本記事では、インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説について紹介します。

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説とは?

1884年に公開されたインディ・ジョーンズの2作目。

アカデミー賞で、視覚効果賞を受賞し、
トロッコのシーンが、ディズニーのアトラクションになっています。

主演女優のケイト・キャプショーと、監督のスティーブン・スピルバーグはこの映画がきっかけで結婚したそうです。

映画の舞台は、上海で始まり、ヒマラヤに墜落した後、川でインドの村に辿り着き、マハーラージャの宮殿に向かう内容になっています。

ターバンを巻いている人々が出てきますので、パンジャーブやシムラーあたりの設定なのでしょう。

マハーラージャの名前もザリム・シンとシク教徒を思われる名前です。

パンジャーブは、ペルシャ語でパンジュ(5つの)アーブ(水)を語源として、インダス川、ジェルム川、シェナブ川、サトレジ川、ラーヴィー川の5つの川に由来します。
川で到着していますので、パンジャーブ州の村なのかもしれません。

あるいはヒマラヤに近いシムラーは、1865年にイギリス領インド帝国の夏の首都として定められた町です。

シムラーの由来は、カーリー神の化身の一つであるシヤーマーラー・デーヴィーとされています。
映画ではカーリー神に生贄を捧げる宗教集団が出てきますので、シムラーの村という設定かもしれません。

ゲテモノ尽くしの宮廷料理

マハーラージャの宮殿で歓迎の食事会のシーンがありますが、次々とゲテモノ料理が出てきて、ヒロインのウィリーが絶叫を繰り返します。

邪教教団の異常さを表現するなりいいとして、インドのマハーラージャの宮殿での食事をそのように描写していますので、インド政府が撮影を拒否したのも当然と思えます。

強盗殺人の秘密結社タギー

かつてインドにあったとされる強盗殺人の秘密結社タギー。

旅人を捉えてヒンドゥー教の戦いの女神カーリーへの生贄として殺人をし、金品を奪っていたと言われています。

イギリスがインドに権益を広げていた1839年、イギリスでタギーを扱った小説『タギーの告白(Confessions of a Thug)』がベストセラーになっています。

1840年には、ベーラムというタギーの男が931人の殺害に関与したとして処罰されています。

1853年に、イギリスの軍人ウィリアム・ヘンリー・スリーマンがタギーを討伐したとされています。

そのタギーが復活して、宮殿を本拠地にしているというのが本作の設定です。

村からシヴァ神の象徴であるリンガに似たサンカラストーンが奪われ、子どもたちが連れ去られたと村人から話を聞きます。

ハンターナの茶園

雪山に墜落して、川で発見された後に、案内されたMayapore村は、キャンディの南にあるハンターナの茶園で撮影されたそうです。

周囲に山と茶の木が見えます。

子供たちとサンカラストーンを村に持ち帰るエンディングでは、女性が茶畑で茶摘みをしているシーンが映ります。

シンハラ語の会話

村に到着して、バナナの葉っぱによそわれた食事を手で食べるシーンがあります。

この時、インディ・ジョーンズは食事をもらった際に「ストゥーティ」といい、
デリーまでガイドを用意してくれることに「ボホーマ・ストゥーティ」と言っています。

また、村人からサンカラストーンが奪われた時の話を聞いて、ウィリーに訳して伝えていますが、この時も村人がシンハラ語で話しています。

ピンナワラ象の孤児院

インディ・ジョーンズたちが村から宮殿に向かうシーンで、ピンナワラ象の孤児院が出てきます。

ビクトリアダム

ロープ橋のシーンは、キャンディ郊外のビクトリアダムで撮影されたものだそうです。

スリランカ側の責任者チャンドラン・ルトナム

この作品のスリランカ側の責任者は、映画『The Road from Elephant Pass』の監督・脚本で知られるチャンドラン・ルトナム(Chandran Rutnam)です。

上海の描写

上海のナイトクラブで、清の初代皇帝ヌルハチの遺灰を取引するシーン、そして、逃亡するシーンが冒頭に出てきます。

これらはマカオで撮影されたそうです。

清王朝の初代皇帝ヌルハチの遺灰を取引していますが、これは中国政府的にはどうなのか?とも思いましたが、これは満州族のことなので、漢民族な中国的にはOKなのかもしれません。

PG-13制定のきっかけに

ウィキペディアには、「作品中での暴力シーンや残虐な場面が多く、本作品がアメリカにおけるPG-13制定へときっかけとなった」と記載されています。

ディズニーのアトラクションになったトロッコシーン

トロッコのシーンがディズニーのアトラクションになっています。

参照)

Movie-Locations.com:Indiana Jones And The Temple Of Doom | 1984
ウィキペディア:インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説
FANDOM:インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説
ウィキペディア:パンジャーブ
ウィキペディア:シムラー (インド)
ウィキペディア:タギー
ウィキペディア:ベーラム (タギー)
Wikipedia:William Henry Sleeman
ウィキペディア:ラシード・ウッディーン・スィナーン
【ゆっくり解説】3分でわかるタギー
ウィキペディア:映画のレイティングシステム
Wikipedia:Chandran Rutnam