SIMカード1枚でスリランカを楽しむ!レンタルWifiよりお得にスマート旅行

スリランカをもっと楽しむための必需品、SIMカード

アジアらしい喧騒、南国のような風景、そして各地にある世界遺産。

スリランカには、思わずSNSに投稿したくなるタイミングがたくさんあります。

また、異国の地ということもあり、いつでも連絡がとれる状態にしておきたいですよね。

でもWifi器具は持ち運ぶのも面倒だし、長期間の滞在になると少し費用がかさむもの。

そんなみなさんには、現地で購入できるSIMカードがおすすめです!

以下ではスリランカの通信事情と、SIMカードの簡単購入方法についてご紹介します。

スリランカの通信事情

みなさんは海外に行くとき、通信手段はどうしていますか?

Wifiを使って連絡をしている人が多いかと思いますが、大手各社でもスリランカではGolobal Wifiを提供しているところが少ないんです。

また、スリランカのWifi普及率はそこまで高くなく、ローカルなお店だとWifiがないところがほとんど。

もしWIfiがあったとしても、月ごとの通信量で契約をしているところが多く、月末には繋がりにくくなる……なんてことも。

費用面で考えても、1日2日ならまだしも、それ以上滞在するとなると負担になりますよね。

「Wifi器具の充電が心配」「紛失や盗難が不安」「長期滞在で出費がかさむ」

なんてことを気にすることなく、気楽にスリランカを楽しむならSIMカード一択です。

SIMカードって何?

SIMカードとは、WIfiがなくてもどこでも電話やインターネットを使えるようにしてくれるカードのこと。

携帯の内部に差し込んであり、抜き差し可能です。

しかし、日本で使っているSIMカードは日本でしか使うことができないため、スリランカ滞在時は現地のSIMカードを買う必要。

現地でSIMカードを買ってしまえば、日本で使っているスマホでそのまま使うことができます。

そんなSIMカードを使うのが、スリランカ観光の常識なんです。

SIMカードの使用方法を徹底解説!

SIMカードとは何かがわかったところで、以下ではスリランカでのSIMカード購入方法から使用方法まで、一挙ご説明いたします。

日本でやっておくべきこともあるので要チェックです。

手順さえわかれば難しいことはなく、滞在もノンストレスに。

初めての方でもわかりやすくご紹介します。

①SIMロックを解除しよう

まずは、自分のスマホにSIMロックがかかっていないかを確認しましょう。

SIMロックとは現在使用しているSIMカードしか使えないように設定されていること。

Wifi環境のある日本国内か空港でSIMロックを解除しておくと、スムーズに現地のSIMカードに交換できるので、先に済ませておきましょう。

確認方法は主に2つ。

・自身の携帯専用アプリで解除する方法

ご自身の携帯アプリの中に、「My au」「My docomo」といったデータ通信量などを確認できる携帯専用アプリがあるかと思います。

そのアプリから設定するのが一般的でしょう。

各キャリア会社によって手順が異なりますが、どこも数分で簡単に設定可能です。

インターネットで調べると、各キャリアごとに説明サイトがあります。

時間をかけたくない方はこちらがおすすめです。

・携帯ショップに出向く方法

直接設定してもらえて安心ですが、手数料を取られることがあるので、まずは電話で問い合わせてみるのがいいでしょう。

また、ショップが混んでいると待たされることもあるので、時間をかけてでも人にやってもらいたいという方以外には、あまりおすすめしません。

 

また、このときにスマホの言語設定を英語にしておくと、現地の携帯電話会社で店員さんが迷わずに操作することもできるのでいいですね!

②携帯ショップへ行こう

みなさんがお求めのSIMカードは、空港はもちろん、現地の携帯ショップでも買うことができます。

現地には5社ほどの通信会社が展開しているそうですが、圧倒的普及率を誇るDialogが特におすすめ!

各地にショップを展開していますし、通信速度も比較的速いです。

コロンボ空港で買うなら、出口付近にショップを構えています。

街へ出る前に携帯が使える状態だと安心なので、できれば空港で済ませておきたいところ。

赤いロゴが目印になっており、すぐに見つけられるはずです。

各地に点在するDaialogショップで買うなら、マップで調べて行く必要があります。

または、ホテルの人や現地人に聞けばすぐに教えてくれるはずです。

③SIMカードを購入しよう

「現地で、しかも英語で買うのって少し不安…」

そんなあなたも大丈夫!

まずはDialogショップへ、「パスポート」と「スマホ」、「お金」を持って行きましょう。

そしてお店に入って、「SIM please!」とカウンターの人に一言。

すると店員が慣れた手つきで設定を進めてくれます。

スマホの種類や使用プランを伝えれば、勝手にSIMを交換してくれるはずです。

このときに日本で使っていたSIMカードを返されるので、失くさないように保管しましょう。

④契約プランを決定しよう

設定時は以下の料金プラン表からプランを選んで伝えなければなりません。

Dialogの料金プランはこちらをチェック!

英語でごちゃごちゃと書かれていますが、「Internet Cards」とかかれた表だけをとりあえず見ましょう。

使用可能データ数が8:00-12:00と12:00-8:00で別れていますが、使用上で特に注意する必要はありません。

1週間の滞在の場合、Rs.650分で大抵の場合十分使えるので、表を見せられたら「This one!」とRs.650を指差し答えましょう。

現地で電話する予定が特になければ、インターネットのデータのみのチャージでOK。

しかしビジネスなどで電話をする必要がある場合は、電話もしたいという旨を伝えましょう。

こちらはいくらチャージするか聞かれるので、まずはRs.1000ほどチャージしてみるのがおすすめです。

もしたくさん使ってしまって足りなくなってしまった場合は、店舗で再度チャージできるのでご安心を。

SIMカード1枚で快適な旅を

難しいようで意外と簡単に使いこなせる、SIMカード。

無駄な荷物を増やすことなく、手軽に旅を楽しめます。

魅力的な国スリランカを、記憶だけではなく記録できるように。

いつでも携帯を使える状態で、気楽に観光を楽しみましょう。

入国の準備!スリランカ観光・ビジネスビザの取り方

トラブルを防ぐ!事前持ち物チェックリストを確認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です