【テロから1ヶ月】スリランカ連続爆破テロの現場の様子

2019年4月21日に起きたスリランカ連続爆破テロから1ヶ月が経ちました。

2019年5月21日に爆破現場5ヶ所を訪問したレポートをお届けします。

※冒頭の写真はネゴンボの聖セバスチャン教会

聖セバスチャン教会(ネゴンボのカトゥワピティヤ)

ネゴンボには聖セバスチャン教会はビーチ側と内陸側に2つありますが、

爆発があったのは内陸側のカトゥワピティヤ(Katuwapitiya )

にある聖セバスチャン教会(St.Sebastian’s Church)です。

事件当日、フェイスブックページに写真とともに、

「私たちの教会が攻撃された。教会に家族がいる方は助けてにきてください。」

と投稿していました。

5月21日の夜にオイルランプの灯火が行われたことも投稿されています。

教会に続く道には警備をする兵士の様子が見え、教会の門の前には複数の兵士が警備を行っていました。

門の横には横断幕が掲げられています。

門の正面の道にも横断幕がありました。

修復をしている教会の中には入れないようにロープが張ってあり、

周囲を見学することは可能です。

教会敷地内も警備が行われていました。

セバスティアヌス像が見える教会本堂正面。

敷地内には修道女たちが集まっていました。

聖アンソニー教会(コロンボ 13)

コロンボ13(KotahenaのKochchikade)にある聖アンソニー教会は

2019年5月9日に訪れた際は、

追悼の白と黒の帯が正面の通りに飾られていましたが、

5月18日〜19日に祝われた仏教のお祭り「ウェサック祭り」

で町中に飾られる仏旗が代わりに飾られていました。

ザ・キングスバリー(コロンボ 1)

朝食会場として使われていたレストランが爆破された

5つ星ホテルの「ザ・キングスバリー(The Kingsbury)」。

ホテル入口ではセキュリティーチェックを受けて、中に入ります。

被害にあったレストラン部分を壁で囲い、

修復作業が進められています。

普段は人を多く見かけるホテルですが、

訪問時はわずかな人しか見かけませんでした。

被害にあったレストランに隣接したシーフードレストランやカフェは営業していました。

シャングリラ・コロンボ(コロンボ 2)

同じく朝食会場として使われていたレストランが爆破された

5つ星ホテルの「シャングリラ・コロンボ(Shangri-La Colombo)」。

こちらは6月まで閉鎖されており、ホテルの入口は堅く閉ざされています。

シナモングランド(コロンボ 3)

こちらも同様に、朝食会場として使われていたレストランが爆破された

5つ星ホテルの「シナモン・グランド(Cinnaon Grand)」。

まず、入口で車両のセキュリティーチェックがあります。

その後、ホテル入口で荷物のチェックがあります。

ロビーから左手奥に進み、階段を降りると被害にあったレストランがありますが、

レストランに続く階段は壁で閉ざされていました。

ロビー右手から庭に出て、中華レストランを通ると、

被害にあったレストランにつながりますが、

中華レストランのところから通行止になっていました。

シナモングランドは入口右手にカフェがあり、

そこには数組の人たちがいましたが、

普段は多くの人がいるホテルであり、

やはりまだまだ人は少ない状態でした。

関連記事)

イギリスがスリランカへの渡航勧告を引き下げ

中国に続き、ドイツ、スウェーデン、スイスがスリランカへの渡航勧告を引き下げ

中国がスリランカへの渡航の注意喚起を引き下げ

スリランカ連続爆破テロ追悼イベント「Evening of Remembrance」

スリランカ観光推進局による会見

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です