スリランカのスーパーで買えるアーユルヴェーダ石鹸【5選】 | スリランカ観光情報サイト Spice Up(スパイスアップ)
Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

スリランカのスーパーで買えるアーユルヴェーダ石鹸【5選】

2020年7月01日

スリランカのお土産のオススメの一つはアーユルヴェーダ石鹸です!

石鹸は軽くて、安くて、日持ちするので、ばらまき土産用にも、自分用にも選ぶことが出来ます。

何よりもスリランカは生の薬草を使ったアーユルヴェーダが根付いていることから、日本では見かけない種類の石鹸が多くあります。

そこで今回は、スリランカに行った際に是非購入して欲しいアーユルヴェーダ石鹸をご紹介します。

シッダレパ(SIDDHALEPA)

シッダレパは、1934年に創業し伝統的なアーユルヴェーダの理論や実践を大切にしてきたヘッティゴダ(Hettigoda)グループの主要なブランドです。

その中でシッダレパは、LMDというスリランカの有名ビジネス誌で、Best100の会社に選出されており、実績も兼ね備えたブランドです。

その製品は薬、美容、スキンケア、オーラルケア、ヘルスケア、スパと幅広く、150を超える製品を取り扱っています。

ハンド・メイド・ソープ(Hand made soap)

シッダレパの石鹸の中でおすすめしたいのが、Hand made soapシリーズです。

種類が豊富な上に、それぞれ効能が違うため、身体の悩みによって選ぶことができます。

  • サンダルウッド あせも、炎症
  • ライム 抗菌、クレンジング、リフレッシュ
  • アロエベラ 解毒、保湿、冷却効果
  • Lothsumbulu(七葉樹・シンプロコス) クレンジング、浄化、なめらかな肌にする
  • Bakmi(ヘチマ・ノークレアオリエンタリス) 柔らかく、なめらかな肌に
  • ニーム 解毒、殺菌、浄化
  • レッドサンダルウッド 肌の再生、クレンジング
  • ジャスミン 花の香りを楽しむ、どの肌質の人にも合う
  • ユーカリ 刺激を与える、冷却、リフレッシュ
  • クローブ 鎮吐作用、抗微生物性
  • スペアミント 足のリフレッシュ
  • ラベンダー 筋肉を弛緩させ、気持ちを落ち着かせる、リフレッシュ
  • シトロネラソウ 誘惑、高揚
  • ターメリック 刺激性の肌を直す
  • ココナッツ 保湿、ハリを与える
  • Neelyadi(Acronychia pedunculata、アデナンテラ・パヴォニーナ、他) 強い髪を養う
  • シナモン 刺激、鎮吐作用、リフレッシュ
  • Wenivelgata(ココヤシ、コスキニウム・フェネストラタム、他) 絹のようななめらかな肌に

このように様々な身体の悩みに合わせた石鹸が取り扱われています。
パッケージもかわいらしく、お土産に渡して喜ばれること間違いなしです。

価格は225ルピー(約130円)でした。

スワデシ(SWADESHI)

スワデシもまた歴史ある会社で、1941年に創業されました。
スリランカ国内で初めて石鹸を製造した会社でもあります。

スリランカ人であること、またハーブを豊かに使ったアーユルヴェーダの伝統を誇りとし、製品にもその思いを反映させているそうです。

厳選した自然由来の原料を使用し、安全で優しいパーソナルケア商品を提供することに注力しています。

その証拠として、ISO9001:2015とInternational Quality Management Certificate from the Sri Lanka Standard Institute(SLSI)に認証されています。

ラニ・サンダルウッド(Rani Sandalwood)

美しい女性のイラストが印象的なこちらの石鹸が、スワデシの看板商品の一つです。

サンダルウッドは何世紀にも渡って、伝統的な美の秘訣とされているそうです。

ラニ・サンダルウッドはそのひんやりする香りが好まれ、美容に気を遣うスリランカの女性に半世紀以上も選ばれてきました。

写真はオリジナルのものですが、「ローズ・ウォータ&サフラン」、「ハニー・ベニバル&ターメリック」、「ココナッツクリーム&バニラ」が加えられたものと合わせて、4種類がスーパーで販売されていました。

価格は4種類ともに62ルピー(約36円)でした。

コホンバ・オリジナル・ソープ(Khomba original soap)

こちらがスワデシのもう一つのおすすめ石鹸です。

アーユルヴェーダの伝統的な原料であるMargosa(英名でNeem)から抽出されたオイルが使用されています。

Masagosaオイルはセラピー効果だけではなく、強力なクレンジング特性があります。

そのためKhombaは肌の清潔を保ちながら、クレンジング効果も期待できる石鹸です。

写真はオリジナルのソープですが、ライム&きゅうりを加えた「Khomba Clear」、レモングラスを加えた「Khomba Soap DEO」もあります。

価格はKhombaのオリジナルが65ルピー(約38円)
Khomba Soap DEOが65ルピー(約38円)
Khomba Clearが95ルピー(約55円)でした。

レヴェー・アユシュ(Lever Ayush)

Lever Ayushは、ユニリーバのグループ会社で、ムンバイに本社を置くヒンドゥスタン・ユニリーバのブランドです。

Lever Ayushはライフスタイルの変化により、忙しくなった現代人が抱えるようになった肌や髪の悩みを解決しようというブランドコンセプトを掲げています。

その問題の解決策が、5,000年前のアーユルヴェーダのスクリプトに書かれているとして、それを基にしたレシピとプロセスで精選された製品を作っています。

ヘアケア、スキンケア、バス&ボディ、オーラルケアと、幅広い製品ラインナップで、スリランカの天然素材を使った製品を製造しています。

Lever Ayushのソープは3種類

ピューリフィング、アロエベラ、サフランの3種類のソープがスーパーに売っていました。

こちらはターメリックとナルパマラディタイアムを含む石鹸「ピューリファイング・ターメリック・ソープ(purifying turmeric soap)」です。

ターメリックの石鹸と聞くと、中々手が伸びないかもしれません。

しかしアーユルヴェーダでターメリックは、肌をきれいにして顔色を良くすると知られています。

またターメリックに含まれるクルクミンには、抗酸化作用があることも分かっています。

さらにナルパマラディタイアムは、皮膚の感染症や発疹を直し、肌をクリアで輝くようにする伝統的なオイルです。

そのためこちらの石鹸は、ニキビに関して悩みがある人に特におすすめしたい石鹸です。

価格は3種類とも67ルピー(約39円)でした。

チャンダナレパ(Chandanalepa)

1948年、コロンボ郊外のガンパハ県ベヤンゴダで創業した老舗アーユルヴェーダメーカー。

ドイツ、オランダ、チョコ、オーストラリア、ニュージーランド、レバノン、ヨルダン、クェート、アラブ首長国連邦、オマーン、セーシェル、モルディブなどスリランカ以外にも製品を販売しています。

長い時間をかけて選ばれたアーユルヴェーダのハーブがブレンドされ、伝統的な独自の製法で製造されています。

チャンダナレパと言えば、天然のハーブとオイルを使用した100%アーユルヴェーダのフェイスクリームであるミラクルクリームが有名です。

フェイスケアの他に、ヘアケア・ボディケア・メンズケアまで幅広いラインナップとなっていて、そちらも要チェックです。

アーユルヴェーダ・ハーバル・ソープ(Ayurveda Herbal Soap)

アーユルヴェーダ・ハーバル・ソープ、シナモン、レモングラスの3種類があります。

すべて天然のハーブ抽出物から作られたこちらの石鹸は、肌に栄養を与え、肌の感染症に対する免疫力を高める効果があります

サンダルウッド…黒い斑点やシミを取り除く
Suwanda Kottan…肌に吸収されやすく、血行を促進
Lothsumbulu…体臭の原因となる細菌を除去する
Kasthurika…しわを除去。アンチエイジング
Weniwel・Velmi…肌の感染症を防ぐ
Savandara…木の根に紫外線の有害な影響を防ぐ抗酸化物質が含まれている

これらを組み合わせてつくられ、有害な毒素や化学物質は一切含まれていません。

価格は3種類とも195ルピー(約113円)でした。

最後に

今回は、スリランカで手軽に購入できるアーユルヴェーダ石鹸をご紹介しました。

魅力的な効能を持つ石鹸ばかりで、さすがアーユルヴェーダの本場という感じがしますよね。

石鹸はかさばらないので、好きな香りや気になる効能を持つアーユルヴェーダ石鹸をまとめ買いして、旅行の後もスリランカに思いをはせてみるのいかがでしょうか。

参考)
シッダレパ公式ページ
スワデシ公式ページ
レヴェー・アユシュ公式ページ
チャンダナレパ公式ページ

>関連記事

アーユルヴェーダのお土産をコロンボで買うなら、ここ!【5選】

コロンボの休日に賑わうオーガニックなグッドマーケットをご紹介

スリランカ定番のお土産ブランド「パラダイス・ロード」の創業者シャーンス…

アーユルヴェーダをオンラインで学ぶエクセレンティブ・オンライン

# 関連キーワード