高原にコロニアル建築が点在する小さな観光地「バンダラウェラ」 | スリランカ観光情報サイト Spice Up(スパイスアップ)
Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

高原にコロニアル建築が点在する小さな観光地「バンダラウェラ」

2020年10月14日

バンダラウェラはバドゥッラ県内でバドゥッラに次ぐ、第二の都市です。

観光地としてはバドゥッラ県内ではエッラが最も地名が高いですが、エッラに住む人たちが買い物に行く町でもあり、丘陵地隊の主要な町の一つです。

英国領セイロン時代に建てられたバンダラウェラホテル、ジェフリーバワが設計にグットシェパード女子修道院の礼拝堂などがあります。

バンダラウェラの標高は1,000mのエッラよりも高く1,200m。涼しい気候と山の景色が美しいスリランカの人たちが観光で訪れる町です。

エッラからは12kmほどで車で25分ほどにあります。
エッラの観光のついでに、立ち寄るのもいいでしょう。

外国人観光客を積極的に受け入れている街ではありませんので、オシャレなカフェやレストランはあまりなく、ホテルの数も限られています。

本記事では、そんなバンダラウェラを紹介します。

バンダラウェラへの行き方

グーグルマップで地図をバンダラウェラはコロンボとバドゥッラを繋ぐ幹線道路沿いにある町で、北西にあるウェリマダ、ヌワラエリヤ にもつながる道が走っているのが分かります。交通の要衝となっています。

町の中心にはヌワラエリヤ 〜エッラを結ぶ鉄道が走る、バンダラウェラ駅があります。
駅に隣接して、各方面に向かうバスが集まるバスターミナルがあります。

バスは以下のような方面に向かいます。
コロンボ行き:ハプタレー、ラトゥナプラ、アヴィッサウェッラなどを経由 ※路線による
パッサラ行き:エッラを通る
バドゥッラ行き:エッラには行かないので注意
ヌワラエリヤ行き:ウェリマダ、ハッガラなどを経由
ティッサマーラーマ行き:ハプタレー、コスランダ(ディヤルマ滝がある)、ウェッラワヤ(ブドゥルワーガラ遺跡がある)などを経由

バンダラナイケ国際空港やコロンボから最も早いアクセスは車で南部高速道路でマッタラ・ラージャパクサ国際空港の方まで行った後に北上して向かうルートです。

コロンボからバスであればバドゥッラ行きに乗って6時間ほど。
鉄道であれば同じくバドゥッラ行きに乗り、8〜9時間かかります。
鉄道は絶景とされる路線ですので、時間にゆとりがある人は景色を楽しみながら行くのもいいでしょう。

バンダラウェラのホテル

バンダラウェラホテル

イギリス統治時代に建てられたバンダラウェラホテルは町のアイコン的存在です。
ジェフリーバワ建築のホテルを3つ(ヘリタンス・カンダラマ、ヘリタンス・アフンガッラ、ヘリタンス・アーユルヴェーダ)を所有・運営するエイトキン・スペンスが運営をしています。

歴史を感じさせる看板と石作りのスロープを登ると、小さなイングリッシュガーデンが広がっています。
その先に横に長い、2階建のホテルが見えてきます。

内装は木が使われており、飾られている古写真とともに、歴史の長さを感じさせてくれます。

客室は33部屋と限られていて、客室は中には囲うようにレイアウトされており、ブティックホテルのような雰囲気があります。

町を代表するホテルではありますが、1部屋4,000円ほどと、とてもリーズナブルに泊まることができます。

名称:Bandarawela Hotel
公式HP:https://www.aitkenspencehotels.com/bandarawelahotel/

Ovitiyas Bandarawela

今回の取材期間中はバンダラウェラホテルがしばらく満室の日が続き、泊まることができませんでしたので、代わりに選んだホテルがこちらです。
丘陵地帯に新しくブティックホテルを3軒オープンしたオーナーによる1軒です。
歴史ある邸宅を改装したホテルで、客室も広く、ダイニングも広々としています。
個人的に嬉しいのはホテルの外で靴を脱ぐため、ホテル内は素足であることができ、とても綺麗です。

レストランがあまりないバンダラウェラではホテルで食事を取った方がよいですが、値段が良心的で、注文してから作ってくるので、美味しいご飯が食べられます。

一部屋2,500円は破格だと思います。

名称:Ovitiyas Bandarawela

レストハウス

スリランカの各地に歴史を持つレストハウスが残されていますが、外国人向け・富裕層向けに近年になって改装されたレストハウスは高級ホテルですが、国内マーケット向けに長年運営されてきたレストハウスは贅沢な滞在はできませんが、立地と立派な建物からすると、コスパよく滞在できます。
バンダラウェラのレストハウスは国内マーケット向けの運営です。
一泊一部屋2,500円弱です。

名称:Rest House Bandarawela

カフェ、レストラン

これといったレストランやカフェはなく、ローカルのお店で済ますような町です。
良いところといえば、バンダラウェラホテル内のレストランぐらいでしょう。
唯一あるのが以下のムレスナ・ティー・センターです。

ムレスナ・ティー・センター

フレーバーティーで知られるムレスナのショップ兼カフェがあります。
ただ、こちらはフードメニューはなく、店内で楽しめるおは紅茶のみです。


他のカフェを併設したムレスナのショップ(キャンディ市内、キリバスクンブラ(Kiribathkumbura)、タラワケレではフードメニューもありますが、こちらは紅茶を買うショップのメインといった店構えです。

歴史ある教会群

ジェフリーバワ設計の礼拝堂があるグットシェパード女子修道院

デイヴィット・ロブソン著『Geoffrey Bawa: The Complete Works』にジェフリーバワ、ウルリクプレスナー、バーバラサンソーニ、イナデシルヴァ、ラキセナナヤケが設計に関わったと紹介されている礼拝堂(ナザレ・チャペル)がある修道院です。

1962年に建てられた礼拝堂で、内部にはDon Roche Ranasingheが建築したと写真が置かれていました。
設計がジェフリーバワたちで、建築を指揮したのがDon Roche Ranasingheが行ったということなのか、現状調べた限りでは分かりません。

教会は町外れの静かな丘に位置しています。

キリスト教徒が祈りに行く教会ではなく、修道女が居住する女子修道院ですので、内部を自由に見られる訳ではありません。

黒レンガの外観は見ることができますが、内部を見たい場合は修道女に許可を得て見学するようにしてください。

礼拝堂の内装は、中庭に面したガラス窓に並ぶ大きな十字架が印象的でした。

名称:Nazareth Chapel of the Good Shepherd Convent

グランドの横に立つ昇天教会

バンダラウェラ公立グランドの道向かいに立つ教会で、シンハラ語で「Gal Palliya」(Galは石、Palliyaは教会という意味)、英語で「Stone Church」とも呼ばれる石造りの綺麗な教会です。

1908年に建設され、 1936年と1938年に拡張され、 塔は1952年に作られたものだそうです。
バドゥッラにある聖マークス教会の教区牧師だったイギリス人のRev. W.J.P. Walthamが政府から土地を購入し、自身のバンガローを1907年に建て、翌年にバンガローの2部屋を教会にしたことから始まっています。

1911年に祭壇や家具などを作り礼拝堂が拡張して礼拝室が作られ、1931年に人々が祈る会衆席が拡張され、1936年に新しい祭壇が作られ、1952年に塔(Waltham Tower)が増築と、拡張が繰り返されています。

正式名称のChurch of Ascensionは昇天教会と言われ、Ascensionはキリストの昇天を意味します。
エルサレム東部のオリーブ山に同名の教会があり、イエス=キリストがこの山から昇天したという場所に建ち、内部の岩に昇天の際に付いたとされる足跡が残っているそうです。

名称:Church of Ascension
住所:Welimada Road, Bandarawela

聖アンソニー教会

商店が並ぶバンダラウェラの賑やかな通りに立つローマ・カトリック教会の聖アンソニー教会。
花崗岩で作られた外観がとても立派です。

名称:St. Anthony’s Church, Bandarawela

モスク、仏教寺院、ヒンドゥー寺院

バンダラウェラモスク

大きなモスク、仏教寺院、ヒンドゥー寺院が町中にあります。

バス通りや駅から黄色の大きなドームが目に止まるモスク「Bandarawela Jummah Masjid」。
バンダラウェラホテルの向かいにあります。

名称:Bandarawela Jummah Masjid

バンダラウェラ仏教寺院

大きな仏教寺院は商店が並ぶバス通り沿いの高台の上にあります。
大きな鳥居があり、鳥居をくぐって階段を登った際に寺院があります。

名称:Bandarawela Temple

バンダラウェラムルガン寺院

この写真はSri Bathrakaliamman Temple

バンダラウェラ仏教寺院の裏手の高台にムルガン神を祀る大きなヒンドゥー寺院があります。
改装中でシーツに覆われいたため、写真は町の北側の丘の上にある小さいヒンドゥー寺院「Sri Bathrakaliamman Temple」です。ちょうどプジャー(お祈り)をしているタイミングでした。
時間の女神とされるBhadrakaliを祀っています。Ammanは女神を意味します。

名称:Bandarawela Murugan Kovil

日本軍の空爆を避けて移転した学校群

ウィキペディア英語版のバンダラウェラのページにはコロンボ の名門学校Royal College、St. Thomas’ College、Visakha Vidyalayaは日本軍の空爆を避けて、バンダラウェラに移転をしたと記載があります。
それがきっかけでバンダラウェラには学校がたくさんあるそうです

たしかに町を歩いていると学校を多く見かけます。
日本海軍の空爆を避けて移転したと明確に記載があるのがRoyal Collegeのバンダラウェラ分校のBandarawela Central Collegeです。

名称:Bandarawela Central College

町を見渡す2つのビューポイント

バンダラウェラ・タウン・ビュー

バンダラウェラ駅の南側の丘を登ったところに、小さな展望台があります。
駅から徒歩5分ですので、気軽なハイキング気分で景色を楽しむことができます。

名称:Bandarawela Town View

Porawagala View Point

バンダラウェラのバスターミナルから東に3.5km、車で10分ちょっと山の上にあるビューポイントです。
こちらは訪問していませんが、ウィキペディア英語版のバンダラウェラのページでは観光スポットの一つとして紹介されています。

名称:Porawagala view Point

小さな滝「Ellatota Ella」

Ellaとは滝、totaは港や停泊地を意味する言葉です。
この滝はグーグルマップ 上で見つけた滝で、そこまで有名なスポットではなく、バス通りを歩いて近くまで行きましたが、標識があるわけではなく、どこから降りていいか分かりづらいです。

滝の入口で車の修理工場を経営しているおじちゃんに教えてもらい、滝を見終わった後に滝の近くの家で朝ご飯をご馳走になり、家に泊まっていけ!と誘われました 笑

掘立小屋まではいかないにしても、小さな手作りの家で、泊まるのはなかなかの冒険だと思います。

階段を降りて、川までたどり着くと、そこは岩場です。
岩を乗り越えて滝のすぐ近くまで行くことができます。

バンダラウェラ郊外にあるインスタスポットとして有名なディヤルマ滝のようにわざわざいかなくてもいいですが、ゆっくり滞在するのでしたら、散歩がてら行くのもいいでしょう。
私は朝の散歩ついでに行きました。

名称:Ellatota Ella, Waterfall

日曜・水曜マーケット

地球の歩き方によれば、バンダラウェラでは毎週日曜日と水曜日にマーケットが開かれているようです。
今回の取材では曜日が合わず、見ることができませんでしたので、次回、訪問してアップデートしたいと思います。

まとめ

バンダラウェラの町は観光地化されていませんので、車で30分ほどのエッラに行くと、その差にびっくりします。
その分、滞在コストはかなり抑えられます。
とはえい、それなりの規模の町ですので、滞在するのに不便はありませんので、気候の良いところで過ごす一つの選択肢としてお勧めできます。

バンダラウェラ観光マップ

オンライン旅行でバンダラウェラを見に行く

現地からZoomにつなぎ、オンラインでバンダラウェラをご案内します。
【所要時間】60分
【参加料金】1,000円

ご希望の方は、以下のフォームよりお申し込みください。

    【必須】お名前(漢字)

    【必須】メールアドレス

    【必須】ご希望日時を複数お知らせください。

    【必須】オンラインで行きたいところ
    バンダラウェラホテル昇天教会聖アンソニー教会モスク仏教寺院ムルガン寺院タウン・ビューPorawagalaビューポイント

    【任意】ご要望やご質問がありましたらご記入ください。

    スパムメール防止のため、こちらのチェックボックスにチェックを入れてから送信してください。

    バンダラウェラへの旅行をアレンジする

    バンダラウェラへはバンダラナイケ国際空港やコロンボから遠く、カーチャーターで高速道路を使って向かうのが最速の手段です。

    バンダラウェラの道のりにはビーチ、遺跡、インスタスポットとして有名な滝などがあります。
    バンダラウェラの後に他の観光地に行く際にも車があると便利です。

    鉄道に乗りたいという方のサポートもしております。

    バンダラウェラへの旅をご検討されている方、ご相談をご希望の方は以下のフォームよりお問い合わせください。

      【必須】お名前(漢字)

      【必須】お名前(パスポートに記載のアルファベット)

      【必須】メールアドレス

      【必須】ご旅行の人数

      【必須】ご旅行の時期(お決まりでしたら到着予定日をご記入下さい)

      【必須】旅行日数(お決まりでしたら出国予定日をご記入下さい)

      【必須】旅の目的
      世界遺産ジェフリーバワ建築アーユルヴェーダビーチサーフィンダイビングホエールウォッチングサファリ鉄道スリランカ料理紅茶スパイス宝石、ジュエリーホロスコープ(占い)商談イベント・セミナーなどその他

      【必須】お問い合わせ内容
      空港送迎の手配車の手配(英語ドライバー)車の手配(日本語ドライバー)ホテルの手配レストランの手配旅程の作成その他

      【任意】お問い合わせ内容の詳細

      【必須】Zoomでの通話による相談をご希望されますか?
      相談を希望する相談を希望しない

      【任意】相談のご希望日時を3つ程ご記入ください。

      スパムメール防止のため、こちらのチェックボックスにチェックを入れてから送信してください。

      関連ページ

      「セイロン沖海戦」をざっくり解説!戦跡を訪れる観光情報も

      欧米人が集まるスリランカの高原リゾート「エッラ」のオススメ観光スポット

       

      # 関連キーワード