Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

2月のポーヤデー「ナワンポーヤ」コロンボペラヘラとは?

2021年2月24日

2021年のナワンポーヤは2月26日です。
ナワンポーヤは2月のポーヤデー(満月祭)で、コロンボのガンガラーマ寺院ではペラヘラ(パレード)が開催されます。

本記事では、ナワンポーヤ、ナワンペラヘラについてご紹介します。

ナワン・ポーヤとは?

ナワン・ポーヤは、2つのことを記念するポーヤデーです。

1つ目は、ブッタ(釈迦)の二大弟子とされた「舎利弗」と「目連」が、最初の弟子の長になったこと。
2つ目は、お釈迦様の死後3ヶ月に、第一回目の仏教評議会が開かれたこと。

ガンガラーマ寺院でペラヘラが開催され、ベイラ湖沿いがライトアップされます。

新型コロナウイルス禍のナワン・ペラヘラ

毎年、2月のポーヤデー「ナワンポーヤ」には、コロンボのガンガラマヤ寺院でペラヘラ(パレード)が開催されています。

ナワンペラヘラは1979年に始まったそうです。

今年は新型コロナウイルスの影響で無観客開催となります。
ベイラ湖を回る例年のルートとは異なり、寺院周辺のブロックを周回します。
ライブ配信が、ガンガラーマ寺院のソーシャルメディアとスリランカの主要放送局を通じて行われる予定です。

例年のナワン・ペラヘラの観覧場所

約5,000人のパフォーマーが参加する大きなパレードです。
コロンボで開催されるため、コロンボ在住の方にはキャンディでのペラヘラよりも見学しやすく、オススメです。

パレードが通る沿道には観覧席が並びます。

座席料は聞いてみると、5,000ルピーとのことでした。(場所などにもよると思います。)

2019年はお寺の入口で知人に会い、インターン生と一緒に寺院出入口すぐの座席で鑑賞させてもらいました。
2020年はコロンボ・シティー・センターのフードコートからインターン生たちと食事しながらパレードを見ました。
フードコートは座席料を払う必要がありませんので、オススメの観覧場所です。

例年のペラヘラのルート

ガンガラーマ寺院を出発し、Hunupitiya Lake Road、Wad Ramanayaku Mawathaを通り、観覧席が並ぶバス通りSir James Pieris Mawathaを北上します。

Nawam Mawatha、Siri Uttarananda Mawatha、Perahera Mawathaを通り、ガンガラマヤ寺院に戻ります。

ナワン・ペラヘラの開会式

日没前にガンガラーマ寺院で開会の儀式が行われます。
2019年はラニル・ウィクラマシンハ首相(当時)が開催式に参加されていました。

パレード(ペラヘラ)の様子

ガンガラーマ寺院を出発。

太鼓・笛の楽隊。

仮面ダンス。

旗を持った人たちの行進。

装飾された象さん!

コロンボシティーセンターからの眺め。

動画で見る2019年、2020年の様子

2019年

2020年

まとめ

2021年は残念ながら無観客の開催ですが、2020年8月のキャンディのエサラ・ペラヘラがネット中継されたように、コロンボのナワン・ペラヘラもネット中継されますので、是非ご覧ください。

参考記事

スリランカ最大の祭り!キャンディのエサラペラヘラ祭りを完全密着【7~8…

1月のポーヤデー「ドゥルトゥポーヤ」ケラニヤペラヘラ

スリランカの祝日と祭りの年間スケジュール

参照

「Navam Poya」
ウィキペディア「舎利弗」
ウィキペディア「目連」
Navam Perahera 2021
Gangaramaya Temple

# 関連キーワード