スリランカでの移動手段をマスター!相場や利用方法を徹底解説

複雑な移動手段をマスターして、スムーズなスリランカ旅行がしたい!

電車にトゥクトゥク、ローカルバス。

海外の移動手段って複雑で、どうしてもわかりにくいですよね。

それに加え、ぼったくりやスリなど、ローカルな移動手段を使うのに不安を感じている人も少なくないと思います。

スリランカでも移動手段は様々。何も知らずに後から損をしたなんてことがないように、しっかり予習しましょう。

ここでは、現地で使える交通手段やその注意点など、編集部が実際に使ってみておすすめしたい、スリランカの移動手段を紹介します!

スリランカにある移動手段のいろいろ

スリランカの移動手段は主に5つ。バス、電車、配車アプリ、流しのトゥクトゥク、タクシー会社です。

この中でどれか2つをマスターしておけば、スリランカ旅行には困らないでしょう。

それぞれメリットデメリットがあるので、旅行スタイルに合わせて適切な移動手段を選んでください。

スリランカの治安情報、交通機関の利用時の注意点を確認する

【移動手段①】手軽に乗れるトゥクトゥク

スリランカにはインドから輸入されたオートリクシャーが町中を走っています。

スリランカではスリーウィーラーと呼ばれていましたが、最近はトゥクトゥクとタイの乗り物の名前で呼ばれることも増えてきました。

スリランカでも至るところに走っており、短距離移動にはもってこい。

しかしぼったくりなどのリスクがあるのも事実。

トゥクトゥクで移動する場合は、配車アプリを使うのがおすすめです。

現在地と目的地を指定するだけで、簡単に配車可能。指定のナンバープレートのものに乗り、メーター料金で移動できます。

カード支払いもできるので、小銭がないといった現金の心配もなく利用できます。

ただ、田舎からコロンボに出てきたばかりの土地勘のないドライバーがいたりするなど、

驚くほどに目的地を知らないドライバーが多くいます。

目的地を伝えて「知っている!」と答えるドライバーが多いですが、実は分かっていないことも多いため、グーグルマップで行き先を確認して、どこで曲がるかなど都度、細く指示することが大切です。

トゥクトゥク移動料金の相場

トゥクトゥクを利用する際は必ず配車アプリ、もしくはメーター付きのものにしましょう。

気になる相場は、初乗り50〜60ルピー。(以前は50ルピー、深夜が57.5ルピーでしたが、2018年に初乗りが60ルピーに上ったようですが50ルピーのままのトゥクトゥクもあります。)

最初の1kmまで初乗り料金で、その後、100mごとに4ルピーが加算されます。

実際に乗ってみた相場感でいうと、10分毎に100〜150ルピーの感覚です。

また信号待ちや何か買い物や物を取りに行って待ってもらっている時は、1分毎に2ルピーのウェイティングタイムチャージが加算されます。

スリランカだけではなく途上国ではよくあることですが、ガソリンスタンドに寄る、飲み物や食べ物を買ってくるなどドライバー都合で待たされることがたまにあります。大手タクシー会社にチャーターを頼んでも同じようなことは起きますので、それぐらいは待ってあげましょう。

遠出する場合は料金交渉になります。隣町への移動で1000〜3000ルピーほど。

1日チャーターするとなると、待ち時間も含めて3000〜5000ルピーほどです。

何人かに値段交渉をしてみて、相場感とドライバーとの相性でトゥクトゥクを選べるといいでしょう。

おすすめ配車アプリ①Uber

配車アプリを利用する場合は「Uber」がおすすめ。

スリランカでも普及しており、トゥクトゥク、軽自動車、セダン、高級車などを手配できます。

車種が高級になるほどドライバーの質や英語力が高くなる傾向にあります。

利用できるのがコロンボ首都圏内とコロンボ首都圏からキャンディやゴールなど主要都市の移動のみと使えるエリアがまだ限定的です。

他のアプリと併用するのがおすすめです。

おすすめ配車アプリ②Pick Me

スリランカで最も浸透しているのが、スリランカの配車アプリ「Pick Me」。

コロンボ首都圏、キャンディ、ゴール、ベントタなどの町で利用が可能。

ただし、コロンボ以外は台数が少なくなります。

7段階の車種(トゥクトゥク、ナノ、ミニ、セダン、ミニバン、バン、高級車)から選ぶことができます。

事前に出発時刻・場所を指定して予約することもできます。

ミニ、セダン、バンであれば、2時間〜15時間の時間単位のパッケージ、2日間〜10日間など日程単位のパッケージを利用することも可能です。引っ越しなどのトラックなども手配できます。

配車アプリ利用時の注意点

どちらの配車アプリも、配車後にキャンセルをするとキャンセル料が発生する場合があります。

特にカード支払いと設定している場合は注意が必要です。

現金で支払う場合は、おつりの用意がないことが多いので、小さめの現金も持つようにしましょう。

平日の朝と夕方のラッシュアワーや大雨などの悪天候時は配車がなかなかされないことがあります。

配車アプリはグーグルマップのルート案内がついていますが、それでも道を間違えるドライバーは多くいます。目的地及び道順は細かく指示する方がスムーズにいきます。

また、SIMカードを購入していなかったり、配車アプリ登録時に日本の電話番号で登録していたりすると、ドライバーを見つけるのに少々苦労するかも。

長期間滞在する場合は特に、気をつけておきたいところです。

スリランカではSIMカードがお得?利用方法を一挙ご説明

【移動手段②】タクシー会社を使う

スリランカにもタクシー会社がいくつかあります。

最大手のKangroo Cabは空港送迎ではPick MeやUber以上に安い価格(1,750ルピー)でコロンボ市内(コロンボ1〜15)に行けます。高速道路を使う場合は高速代の300ルピーがかかります。

これほど安いのは台数が多いため、空港と町の往復で行きも帰りもお客さんを捕まえることができるため、他にはない安い価格を設定できているのです。

ウェブのフォームから日本にいる間から予約をすることもできます。空港内でネームプレートを持って待っていてもらうこともできますが、その場合は駐車料金、空港入場料、ネームプレートで800ルピーの手数料が加算され、合計でRs. 2550 です。空港のカウンターで空港タクシーを頼むとRs. 3,000~4,000しますのでそれより安いです。

スリランカでの電話番号を持っていれば、011-2-588-588に電話すれば、すぐに配車してくれます。

またKangroo CabはUber、Pick Meのような配車アプリもリリースしています。こちらを利用するのもいいでしょう。

Kangroo Cab 配車アプリ

タクシー会社でもドライバーさんの運転は荒いことが多いです。トゥクトゥクもバスもバイクも何故こんなにみんな運転が荒いの?と思いますが、たま〜に安全運転な人がいます。

【移動手段③】激安ローカルバスで現地を体感

開きっぱなしの扉、せっかちな運転手。

ローカルバスは現地のスリランカ人の多くが日々利用している、安くて便利な乗り物です。

主要な路線を覚えてしまえば本数も多いため、便利な移動手段です。

ただし、運転が荒く、バス停にきっちり停まらずにバス停付近に停まり、完全に停まることなく減速して、そのうちに乗り降りを済ませる様子も見られますので、利用する時は注意しましょう。

バス停でないところでも手を挙げれば、多くのバスが止まってくれますので、乗りたい時はしっかり自己主張しましょう。赤信号で止まっている時に乗り降りする人もけっこういます。一方で長距離バス(コロンボ〜ゴール間、コロンボ〜キャンディ間など)は小さなバス停には停まりませんので、バス停で手を振っても素通りされます。

バスは前からも後ろからも乗り降りできますが、基本は後ろから乗り、前から降ります。

バスに乗り込むと目的地を聞かれます。赤い政府系バスであればレシートが渡されますので、その金額を支払います。青い民間バスではレシートが出ませんので、金額を聞いて渡すか、予測の金額を渡してお釣りをもらいます。

細かなお釣りでも返してくれることがほとんどですが、稀にお釣りをごまかす集金係がいますので、お釣りが必要な場合はしっかりと主張しましょう。

バス停の名前を伝えてもいいですが、バス停の名前がグーグルマップに表示されないこともあれば、集金係に名前をアルファベット読みしても通じないことがあるので、訪れる町の名前を伝えれば良いでしょう。

バスが軽快に飛ばしていて、次のバス停に待っている人がいなければ、バス停を素通りしてしまいますので、降りたい時は1つ前のバス停あたりで扉近くに移動して、降りる意思表示をしましょう。オススメは前の扉付近で待ち、シンハラ語で降ります(バヒナワ)といえば、ドライバーさんは笑顔でバスを停めてくれます。

バスは帰宅ラッシュの時間は道路も混む上に、車内もぎゅうぎゅう詰めになります。降りたいバス停で降りれなくなることもしばしば。

バス移動料金の相場

同じ町(地区)内であれば10ルピー、その後、12ルピー、15ルピー、20ルピーなどと値段が上がっていきます。コロンボのフォート付近は値段が高く、田舎になると移動距離が長くても値段は安めです。汽車ほどではありませんが、長距離移動の際もその安さに驚くでしょう。何時間も乗る場合でも200〜300ルピーで移動ができます。

大きな荷物がある場合は運転手の横のスペースや車体の後ろに荷物を収納してくれます。私はこの2年半、バスを頻繁に利用していますが、大きな荷物から何かを取られたことはありませんが、絶対に安全とは言い切れませんので、大きな荷物には高価なものを入れないようにしましょう。

【移動手段④】広大なインド洋や緑広がる田舎風景が楽しめる列車移動

こんな光景、テレビで見たことありませんか?

スリランカでは、朝と夕方のラッシュ時の車内は想像できないくらいぎゅうぎゅうです。

中には写真のように扉からはみ出している人も。

こんなにぎゅうぎゅうなのにもかかわらず、車内販売でフルーツやお菓子、飲み物などを持ってくる人もいます。

ただ、時間帯を選べば激しい混雑は避けられます。列車は1等〜3等(路線によって1等がない)に分かれており、1等あるいは高速のインターシティーの1〜2等であれば席が指定されるので座ることができます。2等は席は確保されませんが、3等よりは乗客が少ないので、座れる可能性が3等よりは高く、体が列車の外から出てしまうということはありません。列車は格安のバスをさらに上回る安さで、2等と3等の価格差はあまりありませんので、ガラガラに空いている時間や短距離の移動でなければ、2等を利用するのがオススメです。

電車移動料金の相場

一番安い移動手段かつ一番早い移動手段が列車です。(キャンディ〜ヌワラエリヤ間についてはバスの方が早い)

■コロンボフォートから各地への2等席の料金(2019年2月現在)

コロンボ~マウントラビニア :20ルピー

コロンボ~ガンパハ:50ルピー

コロンボ~ベントタ:110ルピー

コロンボ~ヒッカドゥワ:160ルピー

コロンボ~ゴール:180ルピー

コロンボ~キャンディ:190ルピー

コロンボ~ウェリガマ:220ルピー

コロンボ~アヌラーダプラ:290ルピー

コロンボ~ナヌオヤ(ヌワラエリヤ):370ルピー

コロンボ~ポロンナルワ:420ルピー

コロンボ~エッラ:430ルピー

コロンボ~トリンコマリー:450ルピー

コロンボ~バッティカロカ:500ルピー

コロンボ~ジャフナ:570ルピー

 

日本と比較すると大幅に安い!

もちろん、ぼったくられることもほとんどありませんし、運転が荒いということもありませんので、他の交通手段より安心して利用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です