Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

ヘリポートがある茶園の高級リゾート「98エーカーズ」

2022年5月10日

紅茶ブランド「Halpe Tea」を展開しエッラ郊外に紅茶工場「Uva Halpewatte Tea Factory」を経営するUHE Exportsがエッラの茶園の山に経営するラグジュアリーホテル「98エーカーズリゾート(98 Acres Resort & Spa)」を紹介します。

その名の通り、98エーカーの茶園の中に建っているリゾートです。

ワールドベストマウンテンホテルのグローバル賞を受賞

『地球の歩き方』には、「世界で美しいホテルランキングのトップ10に入ったホテル。」と記載されています。

おそらく、その元になったアワードは、「ワールドラグジュアリーホテルアワード」のワールドベストマウンテンホテルのグローバル賞を2015年と2016年と連続受賞し、2016年はベストマウンテンホテルリージョナル-西アジア部門も受賞したことからでしょう。

UHE Exportsがエッラにもう一つ経営しているブティックホテル「ザ・シークレット・エッラ(The Secret Ella)」も、ベスト・シーニック・エンバイロメント・ホテル2016のカントリー・アワードを受賞しています。

現在の同社ホームページには、The Secrect Ellaの名はありますが、リンクをクリックすると、The Secret Ellaではなく、コスランダにある「Villa Le Maas Tota by 98 Acres」のページに飛びます。

MDのエランダさんに確認してみようとは思いますが、The Secret Ellaのマネジメントは手放したのかもしれません。
The Secret EllaはGoogleマップ上では確認ができます。

ホテルには2016年の受賞状が飾られていました。(反射して見づらくてすみません。)

参考)
Daily Mirror ONLINE:98 Acres Resort & Spa wins top global awards
Daily FT:98 Acres Resort & Spa clinches top global honours at World Luxury Hotel Awards
World Luxury Hotel Awards:2016 Winners List
Halpe Tea:Travel And Tourism In Ella Sri Lanka
Villa Le Maas Tota By 98 Acres

リトルアダムスピークとアドベンチャー施設

エッラの代表的な観光スポットの一つ「リトルアダムスピーク」の麓の茶畑(グリーンランド茶園)にホテルは建っています。

リトルアダムスピークは茶園が広がっている山でもありますが、その茶園を所有しているのがHalpe Teaを展開するUHE Exportsです。

リトルアダムスピークの山頂までの道を整備したのもUHE Exportsで、山頂へは 98 Acresの敷地の隣接した山道を通って向かいます。

98 Acresに宿泊していれば、山の途中にあるホテルの敷地から登山道に出られ、頂上まで最短ルートで登ることができます。

上の写真は、バス通りからリトルアダムスピーク(ミニアダムスピーク)の頂上に通じる山道の入口を撮影したものです。

写真の左手側の丘にホテルがあります。

このフライング・ラヴァナというジップラインも、UHE Exportsグループが経営しています。
看板の右下に、バギー、マウンテンバイク、アーチェリー、エアライフル、アブセイリングのイラストがありますが、これらができるアドベンチャー施設になっています。

エッラの東側の観光拠点

上のグーグルマップをご覧いただくと分かりますが、98エーカーズはエッラの町の中心から2.5キロほど東にあります。

エッラとパッサラを繋ぐ「エッラ・パッサラ・ロード」沿いに入口があり、ホテルの入口の少し東側(パッサラ側)にバス停があります。

エッラの最も有名な観光スポット「ナインアーチブリッジ」は、98エーカーズの北1キロにあり、とてもアクセスが便利です。

リトルアダムスピークに行くにも、最も近いリゾートで、エッラの東側にある観光スポットの拠点として抜群です。

茶木に囲まれた高台

このホテルの売りは、高台から見渡すリトルアダムスピークとエッラロックの景色です。

エッラからエッラ・パッサラ・ロードを98エーカーズに向かって進んでいくと、ホテルの手前から坂道になります。

登っていくと、入口があります。

レセプションは、さらに階段を上がっていきます。

階段を上がると、茶木に囲まれたエントランス、レセプションがあります。

エントランスの仏像。

レセプション。

茶木に囲まれた小径を少し登っていくと、プール、レストラン、バー・カフェなどがあります。

高台の中央にあるプール

高台の中央にプールがあります。

夜はライトアップされます。

上の写真で奥に見えるのがレストランです。

茶葉を使ったオリジナルメニューが揃うレストラン&バー

エッラ郊外にあるリゾート「Chill Ville View Point Hotel」や、エッラの中心地にあるカフェ「Cafe UFO」のような木で組まれた高い天井です。

テラス席からは眺望が素晴らしいです。

茶葉を使った料理、カクテル、モクテルなどのオリジナルメニューがあるのが特徴です。

ヌワラエリヤ郊外にある紅茶工場を改装したホテル「ヘリタンスティーファクトリー」のように、食事に茶葉が添えられています。

山々のパノラマビューが楽しめる客室(シャレー)

客室は、レストランやプールがある高台から一段下がった丘の斜面に建っています。

下の写真の一番上にあるのがレストラン、その下に並んでいるのが客室のシャレーです。

レストランからシャレーに向かいます。

今回見せてもらったのは、ハネムーン・デラックスです。

シャレーの周辺は綺麗に整えられています。

シャレーのベランダからは、リトルアダムスピークとエッラロックを望む景色が楽しめます。

眼下には茶畑が見えます。

向こうの山も、茶畑が広がっているのが分かります。
さすが、世界三大銘茶のウバは茶園が広がっているのだな〜と思います。

客室に置かれている紅茶はもちろんHalpe Teaです。

弊誌でスリランカ料理のレシピを何度か寄稿いただいたディラーニさんがお勧めする紅茶はHalpe Teaです。
また、調布と二子玉川でカフェ「Fusha Tea Lounge」を運営するN’sティーカンパニーは、Halpe Teaを取り扱っています。

Halpe Teaは本社の一階にティーショップ「Ceylon Tea Supermarket」を運営していますが、紅茶のラインナップが非常に豊富で、紅茶好きの方には喜ばれますので、私も日本へのお土産で何度も購入して、自分でも飲んでいますが、美味しい紅茶だと思います。

石造りのバスタブ。

石造りの洗面台。

客室のタイプは、以下の6つです。
-グランド・エグゼクティブ・スイーツ:2名1泊600ドル
-グリーンランド・スイーツ:2名1泊320ドル
-ハネムーン・デラックス:2名1泊255ドル
-プレミアム・デラックス:2名1泊240ドル
-スーペリアー・デラックス:2名1泊225ドル
-デラックス:2名1泊205ドル

木の床と、鉄道の枕木を再利用して作られた家具など、木を基調にした内装がとても快適です。

一つ上のクラスの「グリーンランドスイート」には、キッチンと調理器具が完備されたパントリーがあります。
ここの茶園の名前がグリーンランドといい、そこから名前が取られています。

最上位クラスの「グランド・エグゼクティブ・スイート」には、プライベートプールが併設されています。

グランド・エグゼクティブ・スイートは、他のシャレーよりもさらに一段低い場所にあり、レストランなどの共有スペースから離れた場所にあります。

DCIM100MEDIADJI_0012.JPG

他のシャレーは上階と下階で客室が分かれていますが、グランド・エグゼクティブ・スイートはシャレーが丸ごと客室になっています。

ヘリパッド

リゾート内にヘリポートがあり、バンダーラナーヤカ国際空港、ラトマラーナ空港、ウォーターズエッジなど飛行することができます。

飛行時間は60分で、最大4名まで乗れます。

料金は以下の通りです。
ラトマラーナ空港からUSD2,100
ウォーターズエッジからUSD 2,200
バンダーラナーヤカ国際空港からUSD 2,625

ヘリポートからは、シャレーが並んでいる様子が見られます。

スパ

アーユルヴェーダのメニューを含むスパを、山々を見渡せる風が心地よい環境で、サービスを受けることができます。

アクティビティ

98エーカーズは、98エーカーの茶園を活かしたアクティビティが多くあります。
リゾートに隣接しているアドベンチャーパーク、郊外にある紅茶工場はリゾートに滞在せずに、単体で楽しむこともできますので別記事で紹介しますが、ここではリゾートのオプションを紹介します。

バードウォッチング

98エーカーの茶畑と、隣接した10エーカーの森林保護区で63種の鳥を見ることができるそうです。

朝6時〜8時、午後2時〜4時が主な観察時間で、2時間で20種類ほどの鳥が観られるとのこと。
全種類の鳥を観るには3日間はかかるそうです。

マウンテンバイキング

茶畑を抜けて13キロほど離れたナムヌクラに行くマウンテンバイキング。
途中で、別の茶園、ナインアーチブリッジ、山をぐるっと回るデモダラにある鉄道のループ線などを見て回るコースとのこと。

料理教室

事前に予約すると、リゾートのシェフによるスリランカ料理教室を受けることができます。

野菜のカレー3種類、肉のカレー1種類を1時間で作ります。

カフェのオープンスペースで調理をして、出来上がったものは、ランチやディナーとして食べることができます。

ジップライン、バギー、アブセイリング、エアライフル、アーチェリー

隣接したアドベンチャーパークで、様々なアドベンチャーを楽しめます。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

スリランカ初のジップライン「フライング・ラヴァナ」とアドベンチャーパー…

紅茶工場見学ツアー

エッラ郊外にある同社が経営する紅茶工場では見学ツアーを実施しています。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

エッラの紅茶工場「ウバ・ハルぺワッタ茶工場」の見学ツアー

# 関連キーワード