9月のポーヤ・デイ「ビナラ・ポーヤ(Binara Poya)」について | スリランカ観光情報サイト Spice Up(スパイスアップ)
Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

9月のポーヤ・デイ「ビナラ・ポーヤ(Binara Poya)」について

2020年8月31日

スリランカでは毎月の満月の日はポーヤ・デイと言われ、祝日です。

毎月のポーヤ・デイには意味がそれぞれあります。

本記事では9月のポーヤ・デイ「ビナラ・ポーヤ(Binara Poya)」についてご紹介します。

比丘尼のサンガの設立を祝う日

ビナラ・ポーヤは女性僧の比丘尼(びくに)のサンガが設立されたことを祝う日です。

最初の比丘尼(尼)はブッタの継母だと言われています。

ブッタの生みの母は、ブッタを産んだ7日後に亡くなったとされています。

ブッタの母の死後、ブッタの父は、ブッタの母の妹(マハパジャパティ・ゴータミ)と再婚し、マハパジャパティ・ゴータミが最初の比丘尼になったと言われています。

雨安居(Vas Season)中のポーヤ・デイ

7月のポーヤ・デイ(エサラ・ポーヤ)から10月のポーヤ・デイ(ヴァプ・ポーヤ)までは雨安居(インドの雨季)にあたり、9月のビナラ・ポーヤは雨安居の期間中のポーヤ・デイにあたります。

安居とは一定期間、外出せずに寺に籠もって修行することをいいます。

マヒヤンガナ・ペラヘラ

ビナラ・ポーヤには、スリランカの先住民族ヴェッダ(ワンニヤレット)人が住む町「マヒヤンガナ(Mihiyangana)」にて、ペラヘラ(パレード)が行われます。

マヒヤンガナ・ペラヘラではヴェッダ人によるダンスを見ることができます。

ブッタはスリランカに3回訪れたと言われていますが、最初にスリランカを訪れた場所がこのマヒヤンガナと言われています。

ヤッカ族とナーガ族の間に生じた争いを解決するために、1月の満月の日(ドゥルトゥ・ポーヤ)にマヤガンナに来たと言い伝えられています。

参照)
Tourslanka「Binara Piya in Sri Lanka」
Wikipedia「Mahiyangana」

>関連記事

10月の満月祭「ヴァプ・ポーヤ(Vap Poya)」とは?

8月のポーヤ・デイ「ニキニ・ポーヤ(Nikini Poya)」について…

7月のポーヤ・デイ「エサラ・ポーヤ(Esala Poya)」についてご…