*/ ?>
Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

バワが気に入って所有したブティックホテル「パラダイス・ロード・ザ・ヴィラ・ベルトタ」

2021年5月26日

ジェフリーバワが気に入り、友人たちに購入を勧めるも、購入者が見つからなかったため、自ら所有しブティックホテルとして運営されていた「パラダイス・ロード・ザ・ヴィラ・ベントタ」を紹介します。

パラダイス・ロードの創業者シャーンス・フェルナンドさんは、「ジェフリーバワによる最初のブティックホテルであり、スリランカ初のブティックホテルです。」とインタビューでお答えされていますが、そんなパラダイス・ロードについて紹介します。

※2021年5月27日現在、パラダイス・ロードの公式ページからパラダイス・ロード・ザ・ヴィラが消え、コスゴダに同名の「ザ・ヴィラ」がcoming soonとなっており、パラダイス・ロードは経営から引いた可能性があります。

パラダイス・ロード・ザ・ヴィラ・ベントタとは?

上の写真の看板にも下の方に記載されていますが、ホモッティ邸(Mohotti Walauwa)と呼ばれていた邸宅をジェフリーバワが見つけたことに始まります。

ワラウワとは、シンハラ式の邸宅のことをいい、ホモッティとはスリランカの姓名です。

バワは友人たちにこの邸宅を買うことを提案し、自らが改装を手掛けようとします。

最初にバワの誘いに乗ってくれそうだったのが、ホテル・セレンディンブ(現:アヴァニ・ベントタ)の支配人だったS. M. A. ハミードです。
ハミードはブティックホテルを所有して経営したいと思っていたそうです。

安く泊まれるジェフリーバワ建築ホテル「アヴァニベントタ」

しかし、ハミードはモホッティ邸の買取ではなく、南側の土地を購入して、バワにヴィラの建設を依頼します。
1978年、バワはハミード・ビーチ・ヴィラ(現在のクラブ・ヴィラ)の建設に着手します。

『バワと研吾 -クラブ・ヴィラ-』The Bridge of Cult…

続いて、バワがモホッティ邸の購入を勧めたのがイタリア人彫刻家のリディア・グナセカラです。

リディアは海の近くに自宅兼アトリエを探していたため、バワはホモッティ邸を勧めます。
ところがリディアは、ホモッティ邸の小道とゴールロードがぶつかるあたりにあった、ゴールロードで向かい合う家の方を気に入り、バワに改装を依頼します。

バワは1979年から取り掛かり、翌年の1980年にリディア邸を完成させます。
そうしてできたのが現在のブティック87です。

バワ建築「ブティック87」〜広大な庭園とイタリア彫刻が美しい1日2組限…

 

モホッティ邸を購入してくれる友人が見つからず、バワは自ら購入します。

そして、すでに着手していたハミード・ビーチ・ヴィラの建設と一緒に改装を勧め、最終的にハミードが両方のヴィラをまとめてマネジメントすることにして、名前がクラブヴィラ(Club Villa)と決まります。

完成したのは1981年です。

現在ブティックホテルとなっているバワ設計のホテルは、多くが邸宅として建設され、後になってブティックホテルとして改装されていますので、パラダイス・ロード・ザ・ヴィラバワとクラブ。ヴィラはバワが最初に設計したブティックホテルと言えそうです。

そして、農園主のバンガローやシンハラ邸宅をブティックホテルに改装したホテルは現在は増えてきましたが、1981年の時点でブティックホテルとしてオープンしたホテルはあまりなかったと想像できますので、パラダイス・ロードのシャーンスが仰る通り、スリランカ初のブティックホテルなのかもしれません。

2009年からパラダイス・ロードがマネージメントを行い、パラダイス・ロード・ザ・ヴィラ(Paradise Road The Villa)となります。

チームジェフリーバワ5:お土産にも人気のデザインブランド「パラダイスロ…

客室・ラウンジ・プール・中庭

ゲートを入ると、駐車場があります。
駐車場の右手にはヴィラが見えます。

正面の建物がエントランスロビーになっています。

ここがレセプションです。

レセプションの上に客室があります。

レセプションがある建物の海側はプールになっています。

こちらはバワ設計ではなく、後になってから付け加えられたものだそうです。

バワ設計のプールには仕切りの壁がありますが、こちらのプールは庭に面しているため、何度もこちらのホテルに訪れていますが、宿泊客の多くはこちらのプールを利用しています。

エントランスの建物をプール側から見た場合。

客室がある建物。

一階は広いラウンジになっています。

2階の客室専用のラウンジスペースです。

客室のベット。
日本人が宿泊する場合は弊誌「スパイスアップ」を置いてくださっているそうです。
なんと有難いことでしょう。

バスルームは広くゆったりしています。

さらに奥にある建物の一階も広いラウンジがあります。

庭側にはプールがあります。
こちらのプールがバワ設計によるものだそうです。

壁に小さな窓があり、そこから庭が見えるようになっています。

右手奥にもう一つ建物があります。

一番奥の建物には、中庭があります。
壺があるのがバワっぽいです。

ヒンドゥー教の置物とフランジパニの木が、またバワっぽいです。

レストラン・ショップ

プールがあった建物の裏側にはパラダイスロードのレストランとショップがあります。

こちらは宿泊者でなくても利用することができます。

ブティックホテルでも泊まらずに利用できるのは嬉しいことです。

夕食時はコロンボのパラダイス・ロード・ザ・ギャラリー・カフェのようにキャンドルでライトアップしてくれます。

ただし、写真を撮るには適しません 笑

メニューはパラダイス・ロード・ザ・ギャラリー・カフェと共通している部分が多く、ベントタで美味しい食事を提供しているレストランという視点で探しても、ここは選ばれるでしょう。
その分、安いホテルに泊まるよりも良い値段がします!

ジェフリーバワのオフィス跡「パラダイス・ロード・ザ・ギャラリー・カフェ…

ショップの入口。
ショップは2つのスペースに分かれています。

奥のスペースには、パラダイスロードのトレードマークでもある、モノトーンの食器が並べられています。

参照)