世界遺産シーギリヤロックをもっと旅する観光情報!人気ホテルもチェック | スリランカ観光情報サイト Spice Up(スパイスアップ)
Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

世界遺産シーギリヤロックをもっと旅する観光情報!人気ホテルもチェック

2019年3月08日

スリランカに来たなら訪れたい、世界遺産シーギリヤロック

スリランカに8つある世界遺産の中でも名のある文化遺産、「シーギリヤ・ロック」。
スリランカの雄大な自然のなかにたたずむ壮大な岩山。

1500年以上前、その頂上および周辺には都が築かれていました。
大自然が生み出した壮観と古都が存在したことを今に伝える遺跡は、世界中から多くの観光客が訪れるスリランカ観光の定番スポットとなっています。

そこで今回は、シーギリヤロックの楽しみ方・周辺ホテル・おすすめスポットをスリランカ在住のライターがご紹介します。
誰もが訪れる定番スポットだけでなくあなただけの楽しみ方を見つけてみませんか?
(記事内の情報は2019年8月28日時点のものです。)

古都シーギリヤの歴史

標高370メートルにも及ぶシーギリヤロックは、火道内のマグマが硬化してできた岩頸。
15億年前~25億年前に形成されたと言われています。

今から約1500年前、父ダートゥセーナ王を殺して即位したカーシャパ王は、弟からの報復を恐れ、即位から7年後の484年に切り立った岩山に要塞を完成させたのです。

しかし、その11年後の495年に弟モッガラーナに攻め込まれ、カーシャパは自害。
シーギリヤは仏教僧たちに寄進され、修道院となりましたが、キャンディ王朝の分営として使われた後放棄されました。
1875年にイギリス人によって発見されるまで、密林に囲まれ、誰からも忘れられた存在でした。

シーギリヤへの行き方

スリランカの最大都市・コロンボからシーギリヤへは、バスを利用して行くことができます。
お値段は、片道なんとRs.320/ 約190円!
バスの乗り場など詳しい解説はコチラの記事をチェック↓

世界遺産シーギリヤロックへの行き方!コロンボからのバス移動を写真で徹底解説

 

シーギリヤロック登頂までの流れ

では、シーギリヤロックを登るまでの流れをご説明します。

チケットカウンターで入場券を購入!値段とカウンターの場所

シーギリヤロックへ向かう一本道の途中、横に曲がる道があり、写真のようなカウンターがあります。

ここはローカルチケットカウンター!

ここは現地の人たち用のカウンターです。
ここに来た道をまっすぐ進むと博物館と併設された建物があり、少し奥に行くと観光客用のチケットカウンターがあります。

観光客用のチケットカウンター

観光客が多くいるので見つけるのは簡単。
お値段は Rs.5,430 / US$ 30.00、日本円で約3,300円
スリランカ人の入場料がRs.50(約30円)、かなりの差があります。

登頂前にチェック!日本が建設した博物館

チケットカウンターと同じ建物の中に、「シーギリヤ博物館」があります。
こちらの入り口は、チケットカウンターから戻って、建物の入り口からすぐの階段を上ったところです。

チケットには博物館の入場料も含まれているので、無料で入れます。
ちなみに博物館のみの入場はUS$5です。

「日本国とスリランカ国との友好と協力の証として日本の国民より贈与されました」 と書いてあります

こちらの博物館は2009年に日本のJICAの協力によって建てられたもの。
展示ではシーギリヤロックとそこに暮らしていた人々の関わり、シーギリヤロックの役割の変化を年代を追って解説しています。

また、遺跡や出土物、シーギリヤ・レディのレプリカも見れます。
登頂する前にちょっと歴史を予習しておくと、また違った楽しみ方ができるのではないでしょうか。

見学にそんなに時間もかからないので、登頂前に立ち寄ってみることをおすすめします。
博物館内の解説には英語と現地語しかありませんが、年代ごとの写真やレプリカなどは解説なしで楽しめます。

【名前】Sigiriya Museum
【営業時間】8:30am – 5:30pm   (第一月曜は定休日)
【入場料】シーギリヤロックのチケットを持っていれば無料、持っていなければUS$5(約560円)

 

シーギリヤロック、登頂のルートと所要時間

シーギリヤロックへ進むまっすぐな道を進んでいくと、入場口があります。
ここでチケットを渡し、半券をちぎられます。
入場口から歩いて、石の階段を上っていきます。
すると、巨大な岩石で作られた通り道が現れます。

巨石の間

ここは「巨石の間」と呼ばれます。
この狭い隙間を通るには、一列に並ばなければいけないので、敵の侵入を妨害する目的で作られたとか。

ここからまた階段をのぼり、らせん階段へと続きます。

シギリヤレディへと続くらせん階段

このらせん階段を登り切ると、「シーギリヤレディ」の壁画へとたどり着きます。

シーギリヤレディは、カーシャパ王が殺害した父ダートゥセーナ王への罪悪感から、鎮魂のために描かせた壁画だと言われています。
元々は500体描かれていたと言われるシーギリヤレディ、現在残っているのは18体です。

こちらのシーギリヤレディですが、撮影することは禁止されています。
実際に逮捕された日本人もいますのでご注意ください。

らせん階段を降りると次は「ミラーウォール」が見られます。

ミラーウォール

このミラーウォール、漆喰が塗られた上に卵の白身・蜂蜜・石灰を混ぜたものを上塗りして磨き上げられたもの。
かつてはこの壁の反対側にも、シーギリヤレディーが描かれ、鏡のように映ったといいます。

ライオンの足

そこからまた階段をあがると、ひらけた空間ライオンテラスにて、「ライオンの足」を見れます。

ここまで来たら頂上はあと少しです。

頂上にたどり着くと、レンガが積み重なって段になっているところがあったり、階段を上り下りする場所があったりと、なかなか広いです。

王のプールの遺跡もあります。

一面を緑に囲まれたシーギリヤロック、頂上からの景色は壮大。
風が吹いていて気持ちよく、長時間居座ってしまいそうです。

降りるときは、ライオンテラスまでは登った階段を戻り、ライオンテラスから下へは、のぼりの時とは別の場所にある階段を使います。

今回の所要時間は、のぼりに40分、頂上の滞在時間が20分、くだりに20分ほどかかりました。
ほとんど休憩しなかったので、休憩を取ったり遺跡をじっくり見たりすると、もう少し時間がかかると思われます。

【名前】シーギリヤロック
【営業時間】7am – 16pm
【入場料】Rs.5430 / US$ 30.00 日本円で約3300円

 

お得にシーギリヤを楽しむ!ピドゥランガラ石窟寺院

「ピドゥランガラ石窟寺院」はシーギリヤロックからも見える、山の岩肌を利用して作られたお寺です。

シーギリヤロックからは歩いて20分ほど。
トゥクトゥクを利用すれば10分ほどです。

ここピドゥランガラは、入場料がたったのRs.500/約310円で、上の写真のようにシーギリヤロックの絶景が見れてしまうのです。
ここなら、シーギリヤロックを背景に写真を撮ることもできます。
地元の方もオススメする穴場スポットです。

特に日の出が見られる早朝に登るのがオススメで、朝日で空が明るくなるなか、雲に包まれたシーギリヤロックは絶景です。

シーギリヤロック周辺、おすすめホテル

では、シーギリヤロック周辺のホテルをご紹介します。

シーギリヤロックの麓で休息を「ホテルシーギリヤ」

「ホテルシーギリヤ」はシーギリヤロックから最も近い場所に位置する三つ星ホテル。

1967年創業の老舗ですが、2013年から2014年にかけて改装を行ったので、古さを感じさせない作りになっています。
ラウンジやプールサイドからはシーギリヤロックを望むことも。

本格的なアーユルヴェーダ施設も併設されており、ドクターによる診察を受けられます。
また、多いときで300頭の象が集まるミンネリア国立公園でのジープサファリを手配してもらうこともできます。

【名前】Hotel Sigiriya
【住所】Sigiriya, Sri Lanka
【電話】・予約 +94 11 4626626
・質問全般 +94 66 4930500 – 3
【メール】inquiries@serendibleisure.lk
【ホームページ】https://www.serendibleisure.com/hotelsigiriya/

 

シーギリヤ唯一の日本人オーナーゲストハウス「岩見荘」

「岩見荘」は2016年作られオープンしたばかりの日本人オーナーが経営するゲストハウス。
シーギリヤロックの入り口へはトゥクトゥクで約6分、徒歩で約15分という観光に便利なロケーション。
シギリヤ内であれば無料でピックアップ/ドロップしてくれるサービスも。

お部屋は清潔で、お風呂にはバスタブがあります!
旅慣れていない方でも安心して泊まることができます。

宿泊費に込みになっている朝ご飯は、おなかいっぱいになってしまうくらい豪華。
そして、ここから近くには蛍を見ることができるスポットも。
街灯一つ無いなか、輝く星々と点々と光る蛍は一生思い出に残る美しい光景です。

【名前】岩見荘
【住所】No:206, Ehelagala, Sigiriya Sigiriya
【電話】 +94(77) 717 6052
【ホームページ】http://iwamisou.wixsite.com/sigiriya

 

象に乗る!ここだけのアクティビティー

ビヤ・スペシャル・グリーン・トラックのエレファントライド

シーギリヤ周辺では、象に乗ったり探索したりするアクティビティを楽しむことも。
「ビヤ・スペシャル・グリーン・トラック」では象に乗って周辺を散策、シーギリヤロックを背景に写真を撮ることができます。

前述で紹介した岩見荘でお願いすれば、仲介をしてもらえます。
エレファント・ライドの場所やお値段など詳しくはコチラの記事をどうぞ。

スリランカのシーギリヤで象に乗る!ジープサファリができる国立公園も紹介

 

ミンネリヤ国立公園で見ることができる象

また、象の群れをジープに乗って探索する「ジープサファリ」も魅力的。
シーギリヤから車で30分の距離にあるHabarana(ハバラナ)は、象の群れを見るジープサファリが楽しめる国立公園への拠点として知られます。

最も代表的なMinneriya National Park(ミンネリヤ国立公園)では、貯水池に200頭以上もの象の群れが集まります。

まとめ

シーギリヤには、シーギリヤロック以外にも楽しいアクティビティや魅力的なスポットが隠れています。
せっかくシーギリヤ観光に行くなら、定番スポットだけでなく、穴場的なスポットやアクティビティーであなただけの思い出を作っちゃいましょう。

シーギリヤへ行く途中にある、2000年以上もの歴史を持つ世界遺産ダンブッラの黄金寺院も必見です。
シーギリヤロックへの行く途中、帰る途中には寄っておきたいスポット、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

スリランカの世界遺産!ダンブッラの黄金寺院の行き方と歴史を徹底解説