ゴール近郊の世界有数のビーチ!ウナワトゥナへの行き方と魅力をご紹介

スリランカ旅行者の多くが行く、スリランカ南部に位置する世界遺産都市ゴール。
しかし、ゴールからすぐ近くの場所にウナワトゥナという、世界有数のビーチがあることをご存知の方は少ないのではないでしょうか。
ウナワトゥナは、かつて世界で美しいビーチ10選に選ばれたこともあるほどの美しさを誇るビーチです。
そこで今回は、スリランカの誇るビーチ、ウナワトゥナについて行き方とその魅力についてご紹介します。

ウナワトゥナとは

ウナワトゥナは、スリランカ南部の人気観光地ゴールから車で15分ほどの位置にあるビーチ。
ここは、世界ベスト10のビーチにも選ばれたことのあるビーチです。
ビーチ近くは、エメラルドグリーンに澄んでいて、沖合にいくにつれて青みが増していきます。

沖合には、珊瑚礁や沈没船があり、シュノーケリングやダイビングができるのも魅力の1つ。
ゴール近郊にあるもう1つのビーチ、ヒッカドゥワと同様に、ここもヒッピーによって開かれた地です。

サンゴ礁と熱帯魚が美しいスリランカのビーチ「ヒッカドゥワ」!訪れるべき観光スポットとモデルコース

元々はヌーディストビーチでしたが、今では廃止されています。
夜になると、ビーチ沿いの店でクラブのようなパーティが開かれ、賑やかなエリアになります。

ウナワトゥナへの行き方

そんなウナワトゥナにはどのようにして、向かうのでしょうか。
ウナワトゥナは、ゴールからバスかタクシーの2通りになります。
コロンボからゴールまでの行き方はこちらの記事で詳しくご紹介しています。

【スリランカ】世界遺産・ゴール観光の魅力とは?雑貨店とレストランをチェックして、よりよい街歩きを

 

バスで行く場合

バスで向かう場合は、ゴールのメインゲート前にあるバスターミナルに行き、ウナワトゥナへ行くバスを探します。

ウナワトゥナ行きのバスは、2番か26番のバスでアクセスできます。
所要時間は、交通状況にもよりますが、15~20分程度。

価格も20ルピーですから、格安で移動できます。

タクシーで行く場合

タクシーでは、トゥクトゥクか乗用車を選んでいくことになります。
近距離ですから、3人まででしたら、トゥクトゥクで行けます。

タクシーを使う場合は、UberやPickMeといった配車アプリを使うと良いでしょう。
流しのトゥクトゥクなどはぼったくりもありますし、価格交渉をする必要があるので面倒です。
配車アプリの使い方はこちらの記事からどうぞ。

【図解付き】スリランカの交通手段トゥクトゥクの配車アプリの使い方

ゴールでも、UberとPickMeが普及しており、問題なく使えます。
トゥクトゥクですと300ルピー程度。

ウナワトゥナの楽しみ方

ウナワトゥナには、定番のマリンアクティビティや隠れた観光スポットなど数多くの楽しみ方があります。

マリンアクティビティを楽しむ

ウナワトゥナの沖合には、美しい珊瑚礁や沈没船など多くのシュノーケリングやダイビングスポットがあります。
沖合にでて、シュノーケリングでウナワトゥナの海をめいっぱい楽しむのも良いでしょう。

スリランカには多くのダイビングスポットがありますが、ここウナワトゥナもその1つ。
美しい海を求めて、欧米人ダイバーが集う地でもあります。

ビーチを歩いていると、客引きが声をかけてきますので何人かの客引きに聞いて決めましょう。
基本的に、客引きの提示する金額は高額です。
その分、値引きも十分に可能ですから、客引きの強気な態度に負けずに、交渉していきましょう。

ビーチでのんびり

ビーチで寝転んでゆっくりするのも、良いでしょう。
ビーチ沿いには、多くのレストランやバーなどが多くあります。

その中には、ビーチに寝転がれるエリアを提供しているところも多く、ゆっくり滞在できるのも魅力です。

ウナワトゥナのビーチは約2.5キロ続きます。
美しい海を眺めながら、長い海岸沿いを散歩するのも良いでしょう。

また、バスでゴールから来た際には、バス停からビーチまでの道を散策してみるのもおすすめ。
ビーチまでの道には、両脇に雑貨店やローカルなお店など多くのお店が並んでいます。
それらのお店を覗きながら散策するのも楽しいかもしれません。

内陸部まで足を伸ばしてみる

美しいビーチだけではないのが、このウナワトゥナ。
実は、内陸部の方まで足を伸ばすと、いくつかの観光スポットがあります。
時間がある際は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

ルーマッサラ・ヒル

ここは、60種類以上の鳥が生息する緑豊かな丘。
ウナワトゥナのビーチからほど近く、ハーブが栽培されている地域です。
アクセスはこちらから。

ジャパニーズ・ピース・バゴダ

丘の上に建つのは、日本山妙法寺が建てた寺がそびえます。
こんなところに、日本との関係が見えて驚かれるかもしれません。

実は2004年、スリランカ南部地域を中心に巨大な津波が襲いました。
スマトラ島沖地震です。
その際、日本山妙法寺が津波被害に対して建てたお寺がこのジャパニーズ・ピース・バゴダなのです。
アクセスはこちらから。

ジャングル・ビーチ

丘を抜け、下っていくと、ウナワトゥナのビーチの反対側に位置するジャングル・ビーチが見えます。
丘のジャングルのすぐそばに見えるビーチは、地元の人々や欧米人観光客に人気の隠れたスポット。

ウナワトゥナより人が少なく、日本人にはあまり知られていませんが、こちらも美しいビーチです。
こちらも時間がある際には、足を運んでおきたいスポットです。
アクセスはこちらから。

最後に

今回は、スリランカの誇る美しいビーチの1つ、ウナワトゥナへの行き方や魅力、楽しみ方についてご紹介しました。
ウナワトゥナは、世界で美しいビーチ10選に選ばれたこともあるほど美しいビーチ。

ウナワトゥナでは、マリンアクティビティも充実していますし、ゆっくりできるレストランや隠れた観光スポットも多く、多様な楽しみ方ができます。
ゴールから20分ほどの距離にあるウナワトゥナ、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です