歌で学ぶシンハラ語1「Watta ta yannam(お庭に行きます)」 | スリランカ観光情報サイト Spice Up(スパイスアップ)
Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

歌で学ぶシンハラ語1「Watta ta yannam(お庭に行きます)」

2020年8月17日

コロンボの高級住宅地のコロンボ7は英語ではCinnamon Gardensと言いますが、シンハラ語ではKurundu Wattaと言います。

Kurunduはシナモンの意味で、Wattaは庭の意味で、まさに英語の名前とシンハラ語の名前が同じ意味を持っている地域名になっています。

コロンボの南の郊外にKesel Wattaという町があります。

Keselはシンハラ語でバナナという意味で、Wattaは庭という意味ですので、Kesel Wattaはバナナの庭という意味になります。

スリランカには食べ物の名前と、村・庭・岩・滝などを意味する言葉が組み合わさった、かわいい町の名前がたくさんあります。

本記事では、「Watta:庭」を是非覚えてください。

幼児向け動画「Watta ta yannam」

日本語や英語を覚える幼児向けの動画、歌がありますが、シンハラ語の幼児向け動画もあります。

シンハラ語幼児動画の中に、冒頭で紹介した「Watta:庭」が出てくる動画があります。

1分間ほどのシンプルな歌で、しかも全く同じ歌詞を2回繰り返しますので、実質は20秒ほどの歌詞です。

以下の3つの言葉は覚えて、すぐに使えるものだと思います。

Amma:お母さん
Yannam:行きます
Dennam:あげます

以下、歌詞と意味です。

1番の歌詞

Watta ta yannam
お庭 に 行きます。

Malak kadannam
花を 1つ  摘みます。

Amma ta dennam
お母さん に あげます。

Deela wadinnam
敬意を示して ひざまずいて挨拶します。

2番の歌詞

Pothtika gannam
本 など を もらいます。

Pasal yannam
学校 に 行きます。

Akuru liyannam
文字 を 書きます。

Jayak Labannam
「よくできました!」 を もらいます。

————

このあとは、1番と2番の繰り返しです。

>>関連記事

スリランカ旅行でつかえるシンハラ語をご紹介!あいさつからお役立ちワードまで

# 関連キーワード