日本を分割占領から守ったジャヤワルダナ大統領というのは本当か?

スリランカが親日である理由の一つとして出てくるジャヤワルダナ大統領。

彼が大の親日家であり、

サンフランシスコ講和会議で日本を擁護する演説をしたことは確かです。

それは日本人として知っておくべき事実だと思います。

恩を受けた日本が親スリランカであるべきところですが、

日本ではあまり知られていません。

 

一方で、ジャヤワルダナ大統領の演説の説明に関して、

テレビ番組やウェブサイトなどで間違っていると思われる説明が見受けられます。

 

スリランカの観光に携わる身として、これは是非伝えたい!

とテレビ番組を見て、その内容をそのまま人前で話したことがありますが、

しっかりと事前に調べずに、話してしまったことを今は反省しています。

私が間違えて伝えてしまった3点について、まとめてみました。

日本分割統治案が議論されたという噂

サンフランシスコ講和会議でソ連が日本分割統治案を主張したが、

ジャヤワルダナ大統領の演説でそれは避けられたと説明されていることがあります。

しかし、サンフランシスコ講和会議では、

日本分割統治案について

話されたという記録はありません。

ソ連が主張した13項目の条約修正提案には日本分割統治案については触れていません。

1、樺太と千島はソ連に帰属させる。

2、日本の主権を琉球列島にも拡大させる。

3、日本にある全軍隊は可及的速やかに、あるいは条約署名後90日以内に撤退する。

4、中国、インドネシア、ビルマ、フィリピンのために賠償会議を開く。

5、中共を条約署名国に加える。

6、台湾は中共に帰属させる。

その他の項目については、以下を参照

ソ連が13項目の条約修正提案 

 

そもそも、日本分割統治案とはソ連が出したものではなく、

1945年8月16日にペンタゴンの統合戦争計画委員会(Joint War Plans Committee,JWPC)

が起案した日本占領案であり、

背景にある考えは「日本を占領統治するなら、コストを節減し

米軍は最小限にとどめるべきだ。

米国が日本軍政に主な責任を負うべき理由はない」

というもの。

以下のように分割する案がまとめられている。

  • ソ連:北海道、東北地方。
  • アメリカ:本州中央、関東、信越、東海、北陸、近畿。
  • 中華民国:四国。
  • イギリス:西日本(中国、九州)をそれぞれ統治
  • 東京は四カ国共同占領

その二日後、1945年8月18日にトルーマン大統領は分割占領を回避することを勧告する国務省案を承認。

さらに、8月22日にトルーマン大統領は日本政府を介した間接統治方式を最終的に承認している。

参照)

日本の分割統治計画

知っていて欲しい「戦後日本の分割占領計画」 — 山口 俊一

テレビ番組やブログなどで紹介されている分割統治案の地図は

中華民国となっていますので、このペンタゴンの統合戦争計画委員会が起草した案

をもとに作ったものだと思います。

仮にソ連が主張したとすれば、中華民国ではなくて、

中華人民共和国とするでしょう。

サンフランシスコ講和会議には、中華民国も中華人民共和国も

参加していません。

■日本分割統治案について触れている例

テレビ朝日「陸海空 地球征服するなんて」『スリランカで1番有名な日本人は?』2018年12月8日放送

第1989回「世界一の親日家 ジャヤワルダナ大統領」2016年6月19日放送

テレビ東京「知られざる親日国スリランカ!経済&観光急成長…その裏には世界マーケットが!」2014年1月13日放送

日本を分割統治から救ったスリランカ初代大統領J.R.ジャヤワルダナの名演説

 

在スリランカ日本大使館やJICAのページでもジャヤワルダナ大統領では、

対日賠償請求権の放棄や日本の国際社会復帰への後押しをしたことには触れていますが、

分割統治案については記載がありません。

在スリランカ日本国大使館 二国間関係

JICAスリランカ事務所長あいさつ

日本が最初に国交を結んだのはスリランカという噂

サンフランシスコ講和会議後に、日本が最初に国交を結んだのは

スリランカであるとも紹介されているのを何度か目にしています。

スリランカに関する観光・生活情報を発信している身としても、

この話も是非伝えたいと思い、調べるもののそれに関する情報は未だ見つけられていません。

せめて、サンフランシスコ講和会議の批准日がスリランカが一番早ければ、

嬉しいのですが、残念ながら一番早いのはイギリスのようです。

日本国との平和条約

もし、最初に国交を結んだという情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、

教えていただけますと幸いです。

日本の角膜手術の最初の成功例という噂

ジャヤワルダナ大統領は遺言で以下のように伝えていると言われています。

「角膜の一つをスリランカ人に、

もう一つの角膜を日本人に」

この角膜は群馬県の女性に移植されたとしている説明しているものと、

長野県の女性に移植された説明としているものがあります。

どちらが定かは分かりませんが(群馬とする情報の方が多いのでおそらく群馬だと思います)

この角膜の提供が日本の角膜手術の最初の成功例となったと紹介している

テレビ番組のコメンテーターもいましたが、

日本での角膜手術の成功例はもっと前のようです。

参照)日本における角膜移植の歴史

 

最初ではなさそうですが、ジャヤワルダナ大統領の角膜が日本人に提供され、

手術は無事成功したものと思われます。

まとめ

ジャヤワルダナ大統領が親日家であり、日本を擁護した演説をしたことは覚えておくべきことだと思います。

おそらく、記事や番組をまとめられた方々、番組に登場されたコメンテーターの方々は

「この話は素晴らしい!!」と伝えたい気持ちが強く、

つい盛ってしまったのではないかと思います。

 

これが誇張なのかどうかも結局は、私がネットで調べて読んでものをベースに書いており、

その参照元が確実なものであるかは分かりません。

歴史、記録は強い者の都合で書き残されるともいわれますよね。

ただ、太平洋戦争、それに関する各会談、サンフランシスコ講和会議、

日本と各国との関係、現在の国際情勢などについて、調べて考える

きっかけになればいいのではないかと思います。

 

サンフランシスコ講和会議の日本語のウィキペディアには

ジャヤワルダナ大統領の演説については一文記載されているだけです。

一方、英語のサンフランシスコ講和会議のウィキペディアのページには

ジャヤワルダナ大統領の演説については目次にも登場し、

しっかり説明されています。

英語のウィキペディア「J. R. Jayewardene」のページには、

「日本では非常に尊敬されており、鎌倉には彫像が建立された」

と記載されており、実際に鎌倉大仏の脇にありますが、

それをどれぐらいの日本人が知っているでしょうか?

 

私はたまたまスリランカにきて、ジャヤワルダナ大統領のことを知りました。

他の国にもこのような日本がお世話になっている話や、

日本の方が現地の方のために尽くしたエピソード

があるのではないかと思います。

 

ただ、今回のようにそのようなエピソードの紹介も、

本当のところはどうなのか?誇張はないのか?

という視点も併せ持つ必要があるように思います。

スリランカのコロンボにくる機会がありましたら、

是非ジャヤワルダナセンターを訪れてみてください。

参照)

日本人ならば知っておくべきスリランカのこと①

Treaty of San Francisco

日本国との平和条約

セイロン全権が名演説

ジュニウス・リチャード・ジャヤワルダナ

J. R. Jayewardene

 

2 件のコメント

  • 「ジャヤワルダナ大統領 日本 分割統治」で検索して、この記事を拝読しました。
    ネット情報の受け売りをしてしまいがちな私ですので、このような検証してくださる記事がありがたかったです。
    ありがとうございます。
    分割統治を阻止したかどうかは別としても、ジャヤワルダナ大統領がサンフランシスコ講和会議で日本を擁護する演説をしてくれたことへの感謝は減じることはないと思います。

    • コメントありがとうございます。
      そうですね。ジャヤワルダナ大統領への感謝は変わらないですよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です