スリランカの首都にある「コーッテ王国」の遺跡巡り | スリランカ観光情報サイト Spice Up(スパイスアップ)
Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

スリランカの首都にある「コーッテ王国」の遺跡巡り

2020年7月13日

1412年から1597年まで存在したコーッテ王国の都は、現在のスリランカ(シュリ・ランカ)の首都「スリジャヤワルダナプラコッテ(シュリ・ジャヤワルダナ・プラ・コーッテ)」にありました。

シュリ・ジャヤワルダナ・プラ・コーッテには、コーッテ王国時代に建てられたものが遺跡として保全されおり、博物館も含めて全て無料で見ることができます。

本記事では、コーッテ王国時代の各遺跡についてご紹介していきます。

コーッテ王国の場所

コーッテ王国は現在のアトゥラ・コーッテ(Ethul Kotte)にありました。
町の中心を南北に走るコッテ・ロードがコッテ王国時代も、現在もメインロードになっています。

この道を中心として遺跡が点在していますので、コーッテ・ロードの北端(王国当時の要塞の北の入口)からご紹介していきます。
※上の地図で赤丸が遺跡、青い線が堀、赤い線が城壁が見られる場所で、それらを順番にご紹介します。

北の入口(Pass of Mosquitos)

コーッテ・ロードの起点には「コーッテの古代要塞(Ancient Fortress of Kotte」と記載された標識が立っています。

北を流れるコロンナワ川(Kollonnawa Oya)が二つに分かれて、逆Y字形になっているところが要塞の北の入口になっていたようです。
要塞の東側は現在は国会議事堂が浮かぶディヤワンナ湖(Diyawanna Lake)があり、西側はコロンナワ運河(Kolonnawa Canal)となっており、天然の要塞となっています。

この土地を選んだのは、ガンボラ王国の王ヴィクラマヴバーフ3世(Vikramabahu III)のときに、大臣・軍略家を務めたニッサンカ・アラケシュワラ(Nishanka Alakeshwara)家の人で、北のジャフナ王国からの防衛のために、要塞を建築しています。
アラケシュワラ家は14世紀にタミル・ナードゥ州の古都カーンチープラムからシュリ・ランカにやってきたとされています。
コッテの名前の由来はタミルで要塞を意味するKotteiだと言われています。

ニッサンカ・アラケシュワラは要塞を築き、ジャヤワルダナ・プラとこの地を名付けます。
ジャヤワルダナ(勝利をもたらす)・プラ(町)という意味です。

ガンポラ王国最後の王になるのは、要塞を築いた大臣の息子ヴィラ・アラケスヴァラ王(Vira Alakesvara)です。
ヴィラ・アラケスヴァラ王は明の鄭和と戦い、敗北して鄭和によって明に連行され、ガンポラ王国は滅亡します。

明と同盟を結んでいたパラークラマバーフ6世は新しくコッテ王国を建国し、首都をジャヤワルダナ・プラに置きます。

城壁が残るSiri Perakumba Pirivena, Sri Rahula Dahampasala

コーッテ・ロードの北の起点からコーッテ・ロードを南へ300m行ったところに、Siri Perakumba Pirivena, Sri Rahula Dahampasalaの門が見えます。
このお寺の敷地の奥に城壁の跡が残っています。

お寺の境内に残る城壁

お寺の境内に残る城壁

アラケシュワラの宮殿 or 霊廟

本記事の冒頭の写真がアラケシュワラの宮殿 or 霊廟の写真です。
コーッテ・ロードとアラケシュワラ・ロードの交差点にこの標識があります。

しばらく歩くと、上記のムーンストーンと矢印を合わせたようなインジケーターが道路に点々と続いています。
これを辿って小高い丘を登っていくと、そこに宮殿 or 霊廟 跡があります。


アラケシュワラ王の宮殿なのか、霊廟なのかは研究で決定的な証拠が見つかっていないそうです。
大きな長方形の土台が2つ並んでいるのが見えます。
手前の石柱は、本記事後半にご紹介するラジャ・マハ寺でも見られます。

2つの土台の奥にある小さい土台

ランパート・クロス・ロード

道路に埋め込まれた矢印を遡っていくと、途中で王の名前がついたアラケシュワラ・ロードと交差します。

さらに、矢印を遡ると、ランパート・ロード(城壁通り)との交差点に辿り着き、そこから矢印は始まっています。
矢印が埋め込まれていた道がアラケシュワラ・ランパート・クロス・ロードという名前であることが分かります。
この道には王の名前と城壁という言葉が使われているのが気になります。

1stレーン・ランパート・ロードと内堀城壁

先ほど辿ってきたアラケシュワラ・ランパート・クロス・ロードの南端にいくと、別の方向に矢印が埋め込まれた道1stレーン・ランパート・ロードが見えてきます。

この矢印を辿って到着するのが内堀の跡です。

堀の上に築かれた城壁

東西に長く残っていてます。
コッテの要塞は東西と北は水路によって守られていますが、南側は陸地のため内堀と外堀が作られ、防御がより強固に作られています。

この堀を東側に伝っていくと、堀の下まで降りて、ベッダガナ・ウェットランド・パークにスリランカ・ニッポン・アベニュー(スリランカ日本通り)に出ることができます。

堀の下側の城壁(湿地帯につながる道に通じる)

2ndレーン・ランパート・ロードの城壁

内堀

スリランカ・ニッポン・アベニューの北側と南側に1本ずつ並行して水路が流れています。
ちなみに、この道の名前はスリランカ・ニッポン・アベニューという名前がついており、道の途中にあるスリランカ日本教育文化センターに由来しているものと思われます。

スリランカ日本教育文化センター

この堀の南側は湿地帯で、現在は公園(ベッダガナ・ウェットランド・パーク)となっています。

ベッダガナ・ウェットランド・パークの入口を過ぎると左手に4thレーン・ランパート・ロードが見えてきます。

4th Lane Rampart Roadの矢印は2つ!

4thレーン・ランパート・ロードにも矢印があり、矢印はランパート・ロードとぶつかるとなくなります。
ランパート・ロードを左手に曲がってしばらくいくと、2ndレーン・ランパート・ロードに遺跡の標識があります。

2ndレーン・ランパート・ロードを下っていくと、大きな城壁が並んでいるのが見えます。

2nd Lane Rampart Roadの城壁

2nd レーン・ランパート・ロードはそれなりに急な坂で、コーッテ王国が湿地帯、城壁、丘によって守られていたことが分かります。

コロンボ・サンスリー通り

ベッダガナ・ウェットランド・パークを過ぎてしばらく歩くと、スネスララマ寺(Sunethrarama Viharaya)という大きなお寺が見えてきます。
その脇の道に、また道路に矢印が埋め込まれています。

内堀から2nd レーン・ランパート・ロードを通過してこの道のところまで城壁が続いています。

矢印はこの道の最高点に達したところで、矢印が途絶えます。
グーグルマップ で位置を確認すると、アラケシュワラ宮殿 or 霊廟の真南にあたる位置で矢印が止まっています。
宮殿 or 霊廟は王国内の最も高い丘の上にあったことが分かります。

アンガンピティヤと城壁

ランパート・ロードからコーッテ・ロードに戻ると、斜め向かいにアンガンピティヤ・ロードに矢印が埋め込まれているのが見えます。

しばらくいくと、左右に城壁が見られる。
コーッテ王国の残っている城壁の中でも最も大きいものがこの城壁だと思います。

矢印はさらに続いていて、終点までいくと、アンガンピティヤ・プレイグランドに辿り着きます。

アンガンピティヤ・プレイグランド

この場所は古地図にも記されています。

コーッテ考古学博物館

コーッテ・ロードに戻ると、斜め向かいにコーッテ考古学博物館が見えます。
コーッテ王国に関する遺跡が展示されており、無料で見学が可能です。(館内は撮影禁止)

ランブリック・ホール

コーッテ考古学博物館から南に300m弱いくとミッション・ロードがあります。
ミッション・ロードをいくと、英国国教会があり、シュリ・ジャヤワルダナ・プラ・カレッジがあり、その奥に1822年にイギリス人神父サミュエル・ランブリックによって建てられたホール「ランブリック・ホール(Lambric Hall)」があります。

クリスチャン・スクールを開校し、教えていたそうです。
現在はシュリ・ジャヤワルダナ・プラ大学校(Sri Jayawardenapura Maha Vidyalaya)となっています。

ベッダガナ菩提樹

ミッション・ロードから一本南の道であるバッダガナ・ロードをいくと、バッダガナ菩提樹(Baddagana Bo Tree)があります。
コーッテ王国時代の菩提樹のようです。
菩提樹のすぐ先はスリランカ・ニッポン・アベニューの終点と交わり、ベッダガナ・ウェットランド・パークの敷地の端に当たります。

ベヘラカンダ・メモリー

ベッダガナ・ロードから1.3キロ、途中にベッダガナ公立墓地を通り、しばらく歩くとベヘラカンダ・メモリー(Veherakanda Memorial)があります。

こちらはコーッテ王国の初代の王パラークマバーフ6世の霊廟ではないかと言われているそうです。

参照)
Veherakanda Ruins of Kotte Kingdom

外堀

外堀の標識

ベネラカンダ・メモリーからコーッテ・ロードに戻り、統一国民党(UNP)の本部の北側にいくと、外堀の跡地があります。

奥までいくと、堀の跡が見えます。

コーッテ・ロードの反対側にも堀があり、コッテ・ロードを挟んで南側から守りを固めていたことが分かります。

コーッテ・アンバラマ

アンバラマは休憩所のことで、スリランカ各地に残されています。
古代の休憩所と書かれていますが、今も現役で上裸のおじちゃんと寝転がってスマホをいじる若者が休んでいました 笑

このコーッテ・アンバラマがある位置はピタ・コーッテ(コーッテの外という意味)と呼ばれる地域になります。

ちなみに、コロンボ11はタミル語でペター (要塞の外)と呼ばれますが、シンハラ語ではピタ・コトゥワ(ピタが外、コトゥワが要塞)と呼ばれています。

内堀から北側がインナーシティー、内堀から外堀の間がアウターシティー、外堀より北全体をアトゥル・コーッテ(コッテの内の意味)、外堀より南がピタ・コーッテとなるようです。

コーッテ古代トンネルゲート

トンネル跡が残っていますが、Ananda Sastralayaという学校の敷地内にあるため、見られませんでした。

Kotte Heritage 1: The Tunnels:こちらのサイトで画像が見られます。

ラジャ・マハ寺

石柱が周囲に建っている

コーッテ王国初代王のパラークマバーフ6世が建てたお寺でラジャ(王)マハ(大)ヴィハラ(寺)という意味の名前。
オランダが侵略した際に寺は破壊されてしまったと言われています。

キャンディ王国がイギリスに併合された翌年の1818年に再建され、本堂ではライオン二匹に掲げられたビクトリア女王の絵が見られます。

ビクトリア女王のポートレート

オススメルート

今回ご紹介した場所をまとめたのが上の地図です。
その中でも見応えがあるのは以下の5つ(オレンジ色)です。

  • アラケシュワラの宮殿 or 霊廟
  • 1stレーン・ランパートロードの内堀と城壁
  • 2ndレーン・ランパート・ロードの城壁
  • コーッテ考古学博物館
  • ベハラカンダ・メモリー

これに加えて、途中にあるベッダガナ・ウェットランド・パークはとてもユニークな湿地帯の様子を見られますのでオススメです。

まとめ

コロンボから日帰りで楽しめるコッテ王国の遺跡巡りをご紹介しました。

コッテ王国の要塞はシータワカ王国に包囲された際に、かなり破壊されたと言われており、そこまで残っているものが多くありませんが、その分、短い時間で回ることができます。

シュリ・ジャヤワルダナ・プラ・コーッテにはジェフリーバワ建築の国会議事堂やアペ・ガマというシュリ・ランカの伝統文化を伝えるパークもありますので、そちらも合わせて回ってみてもよろしいかと思います。

湖畔で食事が楽しめるオシャレなレストランが入っているウォーターズ・エッジでランチ休憩をするのもオススメです。

湖周辺は自然が豊かなで野鳥や生き物の姿を見かけます(宮殿or霊廟跡にも野鳥がいました)ので、ハイキングにも良いです。

>関連記事

必見!コロンボのジェフリーバワ建築【5選】