12月の満月祭「ウンドゥワプ・ポーヤ」とは? | スリランカ観光情報サイト Spice Up(スパイスアップ)
Spice Up 観光情報サイト スリランカ観光・情報サイト

12月の満月祭「ウンドゥワプ・ポーヤ」とは?

2020年12月28日

スリランカでは毎月の満月の日「ポーヤデー」は仏教の祭日でお休みです。

各月の満月祭には意味があります。

本記事では12月の満月祭「ウンドゥワプ・ポーヤ」について解説していきます。

ウンドゥワプ・ポーヤとは?

アショーカ王の娘サンガミッタが、インド・ブッタガヤからアヌラーダプラに菩提樹の分け木もたらしたことを祝う日です。

この日は多くの仏教徒がアヌラーダプラの菩提樹に祈りを捧げるために集まります。その他、スリーパーダなど仏教聖地各地にも人が集まります。

サンガミッタがスリランカに渡航した背景

インド亜大陸をほぼ統一し、仏教を守護したマウリヤ朝の第3代王のアショーカの最初の妻はデーヴィーで、その長男がスリランカに仏教をもたらしたマヒンダ、菩提樹の分け木をもたらしたのが長女(妹)のサンガミッタと言われています。

デーヴィーは、インドのマディヤ・プラデーシュ州ヴィディシャー出身の釈迦族の商人の娘とされています。釈迦はサンスクリット語でシャーキヤ、パーリ語でサーキヤといい、「有能」という言葉に由来すると言われています。

アショーカが王子の時代に、父王・ビンドゥサーラから、古代インド十六大国の一つアヴァンティ国の首都ウッジャインの反乱鎮圧を命じられます。アショーカが現地で負傷した際に介護したのがデーヴィーだそうです。

デーヴィーは商人の娘であったため、アショーカ王子は王に就任することになり、妻・デーヴィー、長男・マヒンダ、長女・サンガミッタをディーヴィーの故郷ヴィディシャーに置き、王都パータリプトラに戻り、新しい王妃を迎えます。
ディーヴィーの故郷にアショーカ王が建てた仏塔が「世界遺産サーンチ」です。

正室の子ではないマヒンダは王位を継げないことから、スリランカに渡り、仏教を伝えたのではないかと言われています。

マヒンダとアヌラーダプラの王デーヴァーナンピヤ・ティッサがミヒンタレーで会い、ティッサ王が仏教に帰依し、アヌラーダプラに仏教が広がります。

女性で仏教僧になりたいという人たちのために、ティッサ王がマヒンダに依頼し、妹のサンガミッタが菩提樹の分け木を持ってスリランカに渡来し、尼(比丘尼)の祖となります。

菩提樹の語源

ブッタはインド・ビハール州ブッダガヤに会った菩提樹の下に座って悟りを得たとされています。

菩提樹の名前は、パーリ語及びサンスクリット語の“budh”という語根に由来し、覚醒する、転じて知り尽くすまたは完全に理解するという意味を持つとされています。 

仏教関連では名詞形の“ボーディー”(bodhi)として、ブッダの悟りを示します。

下に座って悟りを得たとされる木がボーディーの木(Bodhi vriksha)と言われ、 日本語の菩提樹は中国でボーディーの音写となる菩提(ぼだい)に、木を意味する樹が加わり、日本では菩提樹と言われるようになった言われています。

英語のBodhi tree 、bo-treeはシンハラ語が由来とされています。

本ページの冒頭の写真はアヌラーダプラのジャヤ・スリ・マハー菩提樹の分け木である、カルタラの菩提樹です。

ジャヤ・スリ・マハー菩提樹

サンスクリット語で、ジャヤ(勝利)・スリ(聖なる)・マハー(偉大な)・菩提樹と名付けられています。

紀元前288年にデーヴァーナンピヤ・ティッサ王が、サンガミッタがもたらした菩提樹の分け木を植えたもので、人間の手により植樹された樹木では最古のものとされています。

ブッタガヤの菩提樹は仏教弾圧の際に切られてしまい、現在のブッタガヤにある菩提樹はアヌラーダプラのジャヤ・スリー・マハー・菩提樹の分け木から育った三代目だそうです。

マハメヴナーワ・ガーデン

デーヴァーナンピヤ・ティッサ王は、菩提樹の分け木を「マハメヴナーワ(Mahamevnawa)ガーデン」に植えられました。

マハメヴナーワ・ガーデンは、デーヴァーナンピヤ・ティッサ王の父・ムタシヴァ(Mutasiva)王がアヌラーダプラに造営したスリランカ初の庭園です。

その名は大雨が降ったことから、maha(大)megha(シャワー)に由来すると言われています。

マハメヴナーワ・ガーデンには、菩提樹以外にも以下のアヌラーダプラで重要な遺跡が多く残されていました。
・ブッタが悟りを得た時の坐像「サマディ坐像(Samadhi Statue)」
・スリランカ初の仏塔「トゥパラマーヤ(Thuparamaya)」
・真っ白い巨大な仏塔「ルワンウェリサーヤ(Ruwanwelisaya)」

まとめ

今は新型コロナウイルスの影響で人が集まる場所は避けないといけませんが、正常に戻り、世界遺産の観光と合わせて12月のポーヤデーにアヌラーダプラに訪れたり、仏教聖地に訪れることができるようになればと思います。

関連記事

11月のポーヤデー「Il Poya」とは?

6月のポーヤ・デー「ポソン・ポーヤ(Poson Poya)」について紹…

 

参照

Officeholidays「unduvap Full Moon Poya」
Tourslanka「Unduvap Poya Day」
ウィキペディア「マウリヤ朝」
ウィキペディア「パータリプトラ」
ウィキペディア「ウッジャイン」
Wikipedia「Devi (wife of Ashoka)」
ウィキペディア「釈迦族」
Wikipedia「Sanchi」
ウィキペディア「ゴータマ・ブッダの菩提樹」
ウィキペディア「スリー・マハー菩提樹」
ウィキペディア「マヒンダ」
Wikipedia「Sanghamitta」
Wikipedia「Mahamevnama Gardens」
Wikipedia「Samadhi Statue」

 

 

 

# 関連キーワード