中国がスリランカへの渡航の注意喚起を引き下げ

5月25日(土)、中国はスリランカへの渡航の注意喚起を引き下げた。

4月21日のスリランカ連続爆破テロに関して、37ヶ国が注意喚起を出していたが、

中国が1番早く注意喚起を引き下げたことになる。

スリランカへの渡航数で最も多いのがインド、次いで多いのが中国である。

3番目に多いイギリスなど、他の国がどう対応していくのが気になるところだ。

 

このニュースの影響もあってか、先週末から急に客足が戻ってきたという話を

コロンボにあるレストラン数軒から聞いている。

とある日本食レストランはここ3ヶ月で一番の売上になり、驚いていると話していた。

 

ホテルやショッピングモールでのセキュリティーチェックは現在も続けられているが、

検査機械などを導入し、以前よりもスムーズに手荷物確認が行われている。

 

参照)

Lanka Business Online「China quick to relax travel advisory for Sri Lanka」

TAMIL GURDAIN「China first to relax travel advisory

NEWS 1st 「China lifts travel advisory on Sri Lanka

関連記事)

イギリスがスリランカへの渡航勧告を引き下げ

オランダ、イタリア、オーストリアがスリランカへの渡航勧告を引き下げ

中国に続き、ドイツ、スウェーデン、スイスがスリランカへの渡航勧告を引き下げ

【テロから1ヶ月】スリランカ連続爆破テロの現場の様子

【ニュース】外務省発表のスリランカ治安情報、危険レベル2に引き上げ

スリランカ連続爆破テロ追悼イベント「Evening of Remembrance」

スリランカ観光推進局による会見

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です