中国に続き、ドイツ、スウェーデン、スイスがスリランカへの渡航勧告を引き下げ

5月29日(水)、中国に続き、ドイツ、スウェーデン、スイス

がスリランカへの渡航勧告を引き下げたことをスリランカ観光開発局が発表した。

 

4月21日の連続爆破テロを受けて、37カ国が渡航勧告を引き上げていた。

まず初めてに、中国が5月25日(土)にスリランカへの渡航勧告を引き下げた。

 

中国、ドイツ、スウェーデン、スイス、それぞれ渡航する場合は十分注意をすることとしている。

日本政府外務省は連続爆破テロ前からスリランカについてはレベル1「十分注意してください。」

にしており、4月26日にレベル2「不要不急の渡航は止めてください。」に引き上げた。

中国、ドイツ、スウェーデン、スイスの引き下げたレベルは日本政府外務省のレベル1に相当すると思われる。

 

スリランカへの渡航数で一番多いのがインド、二番目が中国で、三番目がイギリスで、四番目がドイツである。

 

参照)

Travel Voice「China. Germany, Switzerland & Sweden Lift Travel Restrictions on Sri Lanka

関連記事)

イギリスがスリランカへの渡航勧告を引き下げ

オランダ、イタリア、オーストリアがスリランカへの渡航勧告を引き下げ

中国がスリランカへの渡航の注意喚起を引き下げ

【テロから1ヶ月】スリランカ連続爆破テロの現場の様子

スリランカ連続爆破テロ追悼イベント「Evening of Remembrance」

スリランカ観光推進局による会見

【ニュース】外務省発表のスリランカ治安情報、危険レベル2に引き上げ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です