インドがスリランカへの渡航勧告を引き下げ

5月28日(火)、インド対外関係省(External Affairs Minister)は

スリランカへの渡航勧告を引き下げた。

「スリランカは徐々に通常に戻りつつあり、

外出禁止令、ソーシャルメディアの規制も解除され、

学校も再開した」

として、不要な渡航を控えるよう勧告していたレベルを

渡航する場合は用心深く、注意して渡航するようにというレベルに引き下げた。

この動きは中国、ドイツ、スウェーデン、スイスと同様の動き。

 

スリランカへの渡航数で一番多いのがインドであり、

ついで二番目が中国、三番目がイギリスで、四番目がドイツである。

これで、1位、2位、3位の渡航数の国が渡航勧告を引き下げたことになる。

 

参照)

NDTV「India Issues Updated Travel Advisory For Sri Lanka

関連記事)

イギリスがスリランカへの渡航勧告を引き下げ

オランダ、イタリア、オーストリアがスリランカへの渡航勧告を引き下げ

中国に続き、ドイツ、スウェーデン、スイスがスリランカへの渡航勧告を引き下げ

中国がスリランカへの渡航の注意喚起を引き下げ

【テロから1ヶ月】スリランカ連続爆破テロの現場の様子

スリランカ連続爆破テロ追悼イベント「Evening of Remembrance」

スリランカ観光推進局による会見

【ニュース】外務省発表のスリランカ治安情報、危険レベル2に引き上げ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です